2015年頃につくった短歌

詩をくれた君に常套句(クリシェ)を返すしかできないことが悔しくて今

風に薫る言葉を摘んで花束にして君に捧げる愛の歌

   *     *     *

風の筆が雲の模様を描き出す空のキャンバスどこまでも青

   *     *     *

 ネット炎上。

正しさを求め続ける蟲たちが集う電脳異端審問

オクターブ声を落として話したい 正義について語るときには

   *     *     *

溜め息がきこえる距離でそれぞれの宇宙に繋がる液晶の窓

   *     *     *

滾る血を星の冷気で包みこみ戦いに発つ冬のオリオン

近づいては離れ決して交わらないふたり二重連星のシリウス

   *     *     *

真っ白なお皿の上に絡まった思考を一つまた一つ置く

強力な磁石が支配する都市は避難所(アジール)なしでは息もできない

高周波の恋をしていた恍惚と絶望が弧を描いて墜ちる

君がくれた言葉にひそむ柔らかな棘の痛みを決して忘れない

冬の陽の光が斬りつけた傷をぬばたまの夜はやさしく包む

群青(インディゴ)の夜に降る雨 遠くから星と赦しの歌がきこえる

青く固い壁の向こうに君はいた 君を通して世界が視えた

みぎひだり、上と下とに分かたれた地球はもっと丸くなるべき

昨日まで君が座っていた場所に残る爪痕 星のない空

粉雪は祝福のしるし ぼくたちが進む未来を照らしてくれる

さよならの言葉は空に 君からの手紙は星のポストに還す

   *     *     *

ひたすら生春巻を包む 雨に散る花は一度も見なかった春

ブレーキをかけて路傍のたんぽぽが送る周波に耳を合わせて

近ごろは極彩色の夢ばかり見ているせいか日はモノクローム

ウイルスに微量の狂気混入中パンデミックは赫いカーニヴァル

遠ざかるほど鮮やかによみがえる記憶の種を愛と呼びたい


☆参照: http://newmoon555.jugem.jp/?eid=467

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

感想などコメントいただけると嬉しいです! 短歌を気に入ってくださった方、よかったら投げ銭お願いします☆ Mail: fanatic_sweets666☆yahoo.co.jp(☆→@に変えてください)

多謝!
7

瑞木理央

自作短歌一覧

noteで公開済みの自作短歌をまとめました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。