文字、文字の影

銀河鉄道の夜

宮沢賢治の童話『銀河鉄道の夜』。星祭の夜にジョバンニとカムパネルラが鉄道に乗り、いろいろの場所で空の星々を眺める。作中には、たくさんの地名、星座の名前が登場する。星々の南中時刻を組み合わせて分析すると、描かれているのはちょうど「8月13日」の夜であるとわかるそうだ。しかも8月13日の夜といえば、ペルセウス座大流星群。星降る夜、まさに星祭。

この童話の中には多くの星や星座が登場するが、しかし「ペルセウス座」という言葉だけは、最後まで決して出てこない。宮沢賢治は、最も大事な言葉を行間に隠したのかもしれない。

これはあるイベントで対談をご一緒したサイエンスライターの竹内薫さんから聞いた。うっかり人に話してしまいたくなる、素敵な話だ。そしてこの「うっかり」話したくなる、というのが本当に大事。聞くという受動的な行為が、能動的な発信に置き換わるきっかけになるからだ。

Illustration: Maki Ota (Takram)

宮沢賢治は、誰かがきっと見出すだろうと信じて、ペルセウス座を、文字の影に隠した。誰かが見つけてくれることを祈ったのかもしれない。そして誰かが本当に見つけた――。と、想像する。頼りないメッセージとして投瓶通信は放たれ、時を越えて確かに誰かに届いた。甘美な営みに心を奪われる。「うっかり」話したくなる。実際に僕はそれからすぐ、仕事で出会った人、友人、初対面の人、多くの人にこの話をおすそ分けした。

コンテクスト(ある逸話)がコンテント(ある童話)をより強固に魅力的に見せる、一例。

では「うっかり話したくなる」ような気持ち、主体性は、どのように芽生えるのだろうか。

(続く)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この連載は僕だけでなく編集の西條くん、イラストの太田さんと三人で取り組んでいます。西條くんは以前『ストーリー・ウィーヴィング』を読んで、太田さんは「森岡書店」に訪れて、それぞれTakramに参加してくれました。皆社会を誤読し行動に移す仲間です。サポートいただけると三人で喜びます!

スキ、嬉しいです。たくさんの「誤読」が重なりますように。
24

渡邉康太郎 / Takram @コンテクストデザイン執筆中

コンテクストデザイナー/Takramマネージングパートナー。慶応大学SFC特別招聘教授。個人の小さな「ものがたり」が生まれる「ものづくり」。著書『ストーリー・ウィーヴィング』等。趣味は茶道、お酒、香水。『コンテクストデザイン』の出版社募集中。Twitter: @waternavy

コンテクストデザイン

コンテクストとデザインについて考えています。まだ途中ですが、これはその断片です。
4つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。