2019/4/3 快晴

この続きをみるには

この続き:559文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

わざわざの賄い

月額300円

わざわざでは、毎日社長の平田が賄いを作っています。同じ釜の飯を食うと昔から言いますが、ご飯を一緒に食べることでわかるいろんなことを大切...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

これで明日もがんばれます
14

わざわざの賄い

わざわざでは、毎日社長の平田が賄いを作っています。同じ釜の飯を食うと昔から言いますが、ご飯を一緒に食べることでわかるいろんなことを大切にしたいという思いで、10年以上続けてきました。 最近、スタッフの人数が増え、賄いの意味が単純に「社食的」になってきたのを危惧していて、社...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。