Webの間(SEO・ホームページ制作)

SEO・ホームページ制作を業務とします。クローラビリティを考慮したサイト設計が得意。 ▼サーチコンソールの使い方はこちら https://www.web-ma.co.jp/search-console/

サーチコンソールとキーワードプランナーの違い、2018年キーワード戦略の使い方

Search Console(サーチコンソール)とキーワードプランナーはどちらもGoogleが提供するツールです。どちらもキーワード発見に役立つツールではありますが、キーワードの表示方法や数字の意味はそれぞれ異なります。Search Consoleは当該サイトのみ、キーワードプランナーはGoogle検索全体を対象としたデータを表示します。

サーチコンソールとは

Search Consoleでは

もっとみる

リニューアルした新サーチコンソールの使い方、コンテンツの効果検証方法

新しく追加したコンテンツを効果検証する方法

コンテンツSEOを続けるにあたり大切になることがその効果検証です。効果検証をしておかないと施策継続が困難になります。弊社はどのようなことでも継続しないと意味がないと考えております(記事)。だからこそ、数字で把握しづらい効果二次効果ではなく、コンテンツごとに数字で把握しておくことが大切になります。

数字で効果検証する指標としては以下が考えられます。

もっとみる

サーチコンソール 「インデックス カバレッジの問題が新たに検出されました」場合の対処方法

Search Consoleに登録しておくと「インデックス カバレッジ」関連の問題があると通知メールが届きます。急に届くので気になってしまいますね。「インデックス カバレッジ」は新Search Consoleになって最も変わった機能です。

▼インデックス カバレッジの概要についてはこちら
https://www.web-ma.co.jp/search-console/index-coverage

もっとみる

サーチコンソールの検索クエリとは? 増やす方法について

検索クエリとはわかりやすい言葉で言うと「検索キーワード」のことです。ユーザーが検索した時のキーワードそのものなので、空白スペースのあり・なしは別々のクエリとして表示されます。弊社であれば「株式会社webの間」と「株式会社 webの間」は別のクエリになります。

サーチコンソールのクエリに表示される方法

検索クエリはSearch Console(新バージョンで説明します)の「検索パフォーマンス」で

もっとみる

サーチコンソールのサイトマップ送信をしてもインデックス除外となる場合

新Search Consoleにはリリース時点からサイトマップ送信が提供されています。「検索パフォーマンス」と「インデックスカバレッジ」と比較すると使われていなさそうな機能ですが、Googleに運営者の意図を伝えるという観点では結構大切に感じます。

サイトの規模が大きくなればなるほど生じてくることが重複ページ問題です。Googleが発信している情報から考えると、重複ページに対して運営者側が適切に

もっとみる

新サーチコンソールは検索クエリを日付でダウンロードできない

旧Search Consoleから新Search Consoleへ引き継がれた検索結果に対する情報。名称も「検索アナリティクス」から「パフォーマンス」と変わりました。機能的に大きな変更はないのですが、データ保持期間が最大16ヶ月に増えたことが大きく違います。旧Search Consoleが最大90日間だったので期間拡大は大きなメリットです。しかし、その一方で仕様変更によりできなくなったこともありま

もっとみる