山奥になぜ人が集うのか。3つの条件。

自分がギルドハウス十日町を開放してからというもの、お店でも宿でもないのに、10ヶ月くらいで延べ2,500人ほどの訪問を受けました。

「交通の便が決して良いとはいえない、こんな山奥の限界集落にある古民家に、なぜこんなにも人が集うのか」

最もよく聞かれる質問のひとつです。

のんびり隠居しているはずなのに、世間や人とのつながりがより一層広がって、気の向くままにソーシャルな取り組みに参画したりして刺激の多く楽しい、そんな毎日。そして、自分が老いても誰かしら周りにいて、死ぬまで楽しく生きていけたら。そんな想いでチャレンジしている生き方。それが、自分のいう《住み開きの隠居生活》です。

果たして、どんな仕組みで、それを維持しているのか。ギルドハウス十日町のオープン前から現在に至るまでの《仕掛け》を3つ、まとめてみました。

この続きをみるには

この続き:947文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
マガジンごと購入すると、すべての有料記事が読めるようになります。

ギルドハウス十日町を設立し、40代で隠居。不定期でたまに発行する有料記事。

または、記事単体で購入する

山奥になぜ人が集うのか。3つの条件。

西村 治久《ソーシャルな隠居》

5,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よかったらサポートをお願いします。もしくはギルドハウス十日町へ遊びにいらしていただければうれしいです。

6

西村 治久《ソーシャルな隠居》

40代で隠居に。 住み開きの古民家「ギルドハウス十日町」ギルドマスター。

隠居の内緒ばなし

ギルドハウス十日町を設立し、40代で隠居。不定期でたまに発行する有料記事。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。