見出し画像

ニンジャスレイヤーTRPGリプレイ◆「悪夢の迎撃」◆

この記事は、2019/2/18及び2019/3/13及び2019/3/14に行われた「ニンジャスレイヤーTRPG」のセッションのリプレイです。

◆前回のセッションリプレイはこちら◆

チーム・サキガケはアワビ・ニンジャの遺跡から脱出し、一時の休息を味わっていた。だが、そこに突如現れたニンジャ軍団!なんとそれはザイバツ・シテンノの一人ブラックドラゴンの率いるニンジャチームだった!自分のアジトを舞台にカラテをぶつけ休暇を取り戻せ!

ブラストビート:バッドウィッチ=センセイと4日(2×2)オンセン修行に行き、ワザマエの壁を突破、ワザマエが7になりました

ブラストビート:温泉旅行の効果で体力と精神力に+1のボーナスです

◆ブラストビート (種別:ニンジャ)            PL:jyona
カラテ	        10	体力	        11
ニューロン    	6	精神力		8
ワザマエ		7	脚力		3
ジツ		-	   
※ノーカラテ・ノーニンジャ適用
							
◇装備や特記事項
 ◆連続攻撃2:手番の近接攻撃時に最大で2回の攻撃を繰り出せるようになる。
 ◆オーガニックスシ:使用時【体力】3回復(使い捨て)
 ◆トロ粉末:【精神力】を2回復(使い捨て)
 ◆タクティカルニンジャスーツ:【体力】+1
 ◆パーソナルメンポ:【精神力】+1
 ◆卑劣武器ナックルダスター(カタナ)
 ◆スキル:我流カラダチ(初期型)	
  精神力を1消費し、【カラテ】判定(Normal)。
  成功すると、【ジツ】:1のムテキ・アティチュードと同様の効果を得る。
ソウカイヤのニンジャであり、熾烈なボックス・カラテの使い手。
ケチなスラッシャーであったが、49回目のハック&スラッシュ時に重症を負い、
ニンジャソウルが憑依。その後はソウカイヤのスカウトを受け、現在に至る。
数々の任務に出撃し、その功績を認められてシックスゲイツとなった。

センチネルジェリー:カラテが2、ワザマエが1上昇しました。ワザマエにトレーニング蓄積1が発生しています。

◆センチネルジェリー (種別:ニンジャ)        PL:古矢沢
カラテ		8	体力		9
ニューロン    	5	精神力		7
ワザマエ		4	脚力		4
ジツ		4	    
							
◇装備や特記事項
 ◆ジツ:カラテミサイル
 ◆ヒキャク:【脚力】+1、回避ダイス+1
 ◆常人の三倍の脚力:【脚力】が+1され、さらに『連続側転』の難易度が【NORMAL】ではなく【EASY】となる
 ◆パーソナルメンポ:【精神力】+1
 ◆ジェルスプラッシュスーツ:体力+1 連続側転難易度-1 このアイテムはセンチネルジェリー以外装備出来ないし、譲渡出来ない
 ◆オーガニックスシ:使用時【体力】3回復(使い捨て)
 ◆トロ粉末:【精神力】を2回復(使い捨て)
 ◆DYN(カタナ)
 ◆ZBRアドレナリン注射器:次の手番まで【脚力】+2、行動不能状態にある仲間の蘇生
ソウカイヤの精鋭ニンジャ部隊「チーム・サキガケ」のニンジャ。
液体を触媒とした特殊なカラテミサイルの使い手で、卓越したニンジャ脚力と、ジツをサポートするため
独自にカスタマイズされたジェルスプラッシュスーツによってもたらされる機動力を活かした戦法を得意とする。
また、常日頃から可能な限り冷静に大局を見据えられるよう努めているものの、感情のコントロールは不得意で、
たびたび錯乱状態に陥る。サイバネのローンとニンジャスレイヤーによって絶体絶命の状況に追い込まれた経験から、
ミヤモト・マサシが残したコトワザ「死んだら終わり」を座右の銘としており、
恐怖から逃れるための投資を惜しむことはない。

ヒットホース:滝に墜ちて溺死しかけたことから発起し、タマリバーで特訓、カラテが1上昇、『常人の三倍の脚力』を取得

ヒットホース:また、人の顔でいることに落ちつかなくなってきたので馬型のフルフェイスメンポを購入しました

ヒットホース:あと、街で出会ったケミカルハッカーを雇ってきました。気の良いあんちゃんです

◆ヒットホース (種別:ニンジャ)        PL:黒鷺あぐも 
カラテ		4	体力		4
ニューロン    	9	精神力		10
ワザマエ		6	脚力		3
ジツ		3	   
							
◇装備や特記事項
 ◆ジツ:ヘンゲヨーカイ・ジツ
 ◆オーガニックスシ:使用時【体力】3回復(使い捨て)
 ◆トロ粉末:【精神力】を2回復(使い捨て)
 ◆フルヘルムメンポ:【体力】+1
 ◆サイバネアイ:【ワザマエ】のみを使用する全ての判定において、振れるダイスが2個増える。
 ◆生体LAN端子:【ニューロン】判定時にダイス+1個、ハッキング時にさらに+2個
 ◆試作LAN直結ホーススリケンガントレット:遠隔武器、連射2、時間差、マルチターゲット(前提:サイバネアイ)、ダメージ1
                     【装備前提:生体LAN端子】このアイテムはヒットホース以外装備出来ないし、譲渡出来ない
 ◆常人の三倍の脚力:【脚力】が+1され、さらに『連続側転』の難易度が【NORMAL】ではなく【EASY】となる
病弱で歩く事もままならないスウホ少年に父親は老いたサイバー馬を与えた。
そのサイバー馬はもう走れなかったけど、スウホはそれが良かった。スウホは馬が大好きだった。
ヨタモノに襲われた時、スウホは馬と重なり合うように死んだ。
スウホはニンジャになった。馬にもなっていた。自分を馬のニンジャアニマルと思い込んだ彼は
ネオサイタマを自由自在に走り回る。走る喜びを前にすれば歩行者などどうでもよかった。
気付いたらソウカイヤになっていて、「ヒットホース」なる名を与えられたが
きっと競争名みたいなものだろうと思っている。彼にとっては走ることがすべてだ。

バッドウィッチ:隊長と修行したりオンセン入ったりしました。体力と精神力に+1ボーナス。

◆バッドウィッチ (種別:ニンジャ)            PL:ダエキ
カラテ		8	体力		10
ニューロン    	5	精神力		7
ワザマエ		6	脚力		4
ジツ		4	   
							
◇装備や特記事項
 ◆ジツ:ヘンゲヨーカイ・ジツ
 ◆オーガニックスシ:使用時【体力】3回復(使い捨て)
 ◆トロ粉末:【精神力】を2回復(使い捨て)
 ◆クロームハート:【体力】+1、【精神力】+1
 ◆タクティカルニンジャスーツ:【体力】+1
 ◆連続攻撃2:手番の近接攻撃時に最大で2回の攻撃を繰り出せるようになる。
 ◆ヘビ・カラテ:近接武器、ダメージ1、食らうと次のターンの終了時にさらに1ダメージ(回避不可)
 ◆★肉体破壊:『近接攻撃』時の『サツバツ!』が出目6ではなく出目5以上で発生する。
毒性のカラテを流し込むヘビ・カラテの使い手。ニチョームで刹那的な日々を過ごしていた。
恋愛がらみで死にかけたときニンジャソウルが憑依。その後ソウカイヤの暴力に屈し、
チーム・サキガケに。アベ一休、ケジメド、ニルヴァーナ、ジョイ・ディヴィジョンとか好き。

ブラストビート:馬の自我が侵蝕されつつある…

バッドウィッチ:これもニンジャの一側面か

NM:正しいウマニンジャ

センチネルジェリー:むしろ人間に馬が侵食されるのにあらがっているのでは?

ブラストビート:素が馬でペルソナが人間なのか(驚愕)

ヒットホース:どっちなのかはサイバネ狂気ダイスの結果次第で変わるかもしれない(未定)

NM:アリガトゴザイマス!

__________________________________________________________________________________

ドラゴン・フォレストから脱出して、数日。
あの後ニンジャスレイヤーは物理的・電子的に検問していたソウカイヤの網を何故かどうにかしてすり抜ける事に成功したらしく、何処かに潜伏を完了したようだ
ソウカイ・ニンジャ達はとりあえず戒厳令を解かれたが、依然警戒を怠るなとの命令を受けている
それでも、とりあえずは仕切り直しとなったことと、ラオモト・カンの興味も別の物へと移ったことから
とりあえず一区切りをつけ、休息や牙を研ぐ時間を各自過ごしていた…

センチネルジェリー:昼ですか?夜ですか?

NM:昼前です 11:40とかその辺です

そんな君達もとりあえず大仕事を終え、思い思いに余暇を楽しんでいた。
君達が上のフロアを買い取り改修工事を行った自室は完成当時の無機質で殺風景な頃とはすっかり見違え
部屋の主のアトモスフィアに包まれていた。

センチネルジェリー:買い取り(ジアゲ)

センチネルジェリー:では机で本を読んでいようかな。

センチネルジェリー:違法カキノタネをパリパリ食べながらミヤモト・マサシの兵法書を読んでいる。

ヒットホース:ランニングマシンで走ってます

ヒットホース:ヒットホースの部屋はどこか馬小屋を思わせる雰囲気を醸し出していた

ブラストビート:シャドーボックスで軽いウォームアップをしながら全方位モニタでニュースなど見ています

バッドウィッチ:バッドウィッチはオイランドロイドにゴスメイクをして遊んでます

バッドウィッチ:「可愛いなあ、タニー。君は黒が良く似合うぜ」オイランドロイドへ

バッドウィッチ:オイランドロイドは微笑を浮かべている

NM:バッドウィッチ=サンのオイランドロイドは高級かつ違法プログラムで無機質な応対だけでなく羞恥心プログラムも入っておりより人間的な反応を見せるハイスペックものだ

バッドウィッチ:高い金を出したのだ

ヒットホース:すごいぜ。馬は人間だと思ってそうだ

ブラストビート:意外と好きモンだなあとか思いつつイクラ食いながらトレーニングしてます

今日は朝から自室よりさらに上のフロアにハッカードージョーが引っ越してくるらしく、物音が響いてくるが
それでも自室というものは君達のニンジャ生活に快適な華を添えていた

センチネルジェリー:ハッカードージョーか。

バッドウィッチ:天狗こねえだろうな

ヒットホース:ヤクザいじめなきゃ平気なはず…平気だよね…?

ブラストビート:ガスバーナとグリーンエレファントというニンジャが出没してないか重点警戒せねば…

NM:そんな君達が何か行動を取ろうとすると、何やら甘ったるい匂いを感じることに気づく

センチネルジェリー:危ない!

ブラストビート:「ン? だれかアンコでも食ってんのか…?」

センチネルジェリー:口や鼻を塞いだりして防御はできませんか?

ヒットホース:「なにやら良い臭いがしますね。ハッカー=サンの料理でしょうか?」

センチネルジェリー:センチネルジェリーは元々フルフェイスメンポだけど。

NM:君達が何らかの感情を抱こうとした時、一瞬立ちくらみの様なものが置き、目の前の視界が白く輝く…

0110110010101001010101010110100100101001010010100

ブラストビート:既に術中か!

ヒットホース:「何の光…!?」

NM:……気がつくと君達は自室で寛いでいる。

ヒットホース:「ハッ!?夢か!」

NM:確か余暇を楽しんでいる最中にソウカイ・ネットから連絡が入り、確認をした後…再び自室に戻ったはずだ。なので今こうして寛いでいる。何も問題は無い

ブラストビート:「…? 少しキアイを入れすぎたかな…?」

バッドウィッチ:頭を振り、考え込む。「うーん? なんか、あったような……」

ヒットホース:「最近忙しかったですからね。もう少し寝ましょうか…」

ブラストビート:ところで光るタケノコとかありませんか(恐怖)

NM:まだないです

バッドウィッチ:まだ

ヒットホース:まだ

ブラストビート:まだ

センチネルジェリー:ソウカイ・ネットからの連絡はどのようなものでしたか?

NM:取るに足らない物だったような?イマイチ思い出せませんね…お尋ね者の情報とかだったような?ぐらいまではなんとか思い出せる

NM:もう間もなくすればレオパルドが昼食の支度を終え、君達を呼び出すはずだ…最近彼も家事が板についてきた…

ヒットホース:「今日のレオパルド=サンのご飯は何でしょう。オーガニックニンジンがいいな…」

センチネルジェリー:違和感を感じた時点で全方向に警戒を行うはず。ログを確認します。

バッドウィッチ:僕もとりあえず再確認しますログ

NM:二人がが手元のハンドヘルドUNIXを確認すると何故か01001001001001のノイズが映っている。操作しても反応しない

ヒットホース:こわい!

センチネルジェリー:「これは……!」

ブラストビート:アイエエエ!

センチネルジェリー:大声で警戒を呼びかけます!

NM:その時!

CLAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAASH!

センチネルジェリー:「何か、何かが起きています!全員戦闘準備を……グワーッ!?」

ヒットホース:「ヌッ!何奴!」

NM:一階事務所の窓ガラスが破損!そこから飛び出す人影!数2!さらに玄関から悠々と入場した人影が2!

ヒットホース:4人!?

ブラストビート:「カチコミか!? どこのイディオットだ!?」

NM:そして君達の近くにある端末や電化製品(何故かスクリーンからは01ノイズがびっしり表示されている)から声が聞こえる

ブラストビート:アイエエエコワイ!

【ブラックドラゴン】:「ドーモ、ザイバツ・シャドーギルドのシテンノ、ブラックドラゴンです。ソウカイ・チーム・サキガケ。アンバサダー=サンを奪った罪は大きいぞ。今日ここで罪を精算してやろう!」

【シャドウウィーヴ】:「ドーモ、シャドウウィーヴです」

【ミスティフリーザー】:「ミスティフリーザーです」

【シルエットミラージュ】:「シルエットミラージュです」

◆ブラックドラゴン (種別:ニンジャ/投影体)	
カラテ			13		体力			13
ニューロン    		6		精神力			6
ワザマエ			6		脚力			7
ジツ			3		万札			-
◆装備や特記事項	
 スキル:『連続攻撃3』、『ヒサツ・ワザ:ポイズンブレス注ぎ込み』
 サイバネギア:戦闘用バイオサイバネ(『近接攻撃』ダメージに+1)
 ジツ:ポイズンブレス・ジツ
 特殊効果:ディープリンケージ
 			
◇ポイズンブレス・ジツ
 口から黒い毒煙を吐き出す。この毒煙は視界を奪うだけでなく呼吸器や神経系にもダメージを及ぼす。
 自分の手番で攻撃の代わりに使用を試みられる(通常どおり【精神力】1消費)。
 成功した場合、隣接した3×3マスにいる全員に対し自動的に毒の1ダメージを与える(味方にも)。
 『ボス級の敵』はこの攻撃に対して『回避判定』を行える(難易度:HARD)。
 回避できたかどうかにかかわらず、範囲内にいた全員は次のターンの回避ダイスが?1される。
◇ヒサツ・ワザ:ポイズンブレス注ぎ込み
 かぎ爪状の手で敵を拘束した後、顔面や首に喰らい付き、その体内へ濃縮毒煙を直接注ぎ込む荒技。
 犠牲者は肺や脳をドロドロに溶かされ、充血した目からは黒い涙を流して悶絶、絶命する。
 『サツバツ!』と同様、『近接攻撃』時に6の出目が3個以上あった場合、
 ブラックドラゴンは『サツバツ!』の代わりにこの『ヒサツ・ワザ』の使用を選択してもよい。
 この『ヒサツ・ワザ』を使う場合、ブラックドラゴンは【精神力】を1消費し【ジツ】判定を行う。
 【ジツ】判定に成功した場合、相手はまずカラテストレート連打による2ダメージを受けた後、
 毒煙注ぎ込みによる毒の2D6ダメージを受け、さらに毒により【ニューロン】値がD6減少する。
 『ボス級の敵』はこの『ヒサツ・ワザ』の『回避判定』を試みられる(難易度:ULTRA-HARD)。
 『回避判定』に成功した場合、カラテストレート連打を含む一連のダメージを全て回避できる。
◇ディープリンケージ
 他の投影体が爆発四散した際に【体力】2を消耗する
◆シャドウウィーヴ (種別:ニンジャ/投影体)	
カラテ			3		体力			3
ニューロン    		5		精神力			5
ワザマエ			4		脚力			2
ジツ			3		万札			-
◇装備や特記事項	
 ジツ:シャドウピン・ジツ
 サイバネギア:生体LAN端子
 特殊効果:リンケージ
◇シャドウピン・ジツ
敵の影にクナイを投擲して身動きを完全に封じる、カナシバリ・ジツの亜種。
自分の手番で、攻撃の代わりに使用を試みられる(通常どおり【精神力】1消費)。
発動に成功すると、シャドウウィーヴは直ちにクナイダートによる特殊な『遠隔攻撃』を行う。
『ボス級の敵』は、このクナイ投擲に対して難易度:HARDで『回避判定』可能。
命中した場合、その敵にはダメージを与えず、代わりにその敵を身動き不能にする。
身動き不能となった敵は、移動や『回避判定』を含むあらゆる行動が不可能となる(ジツの使用のみ可能)。
以下のいずれかに合致した場合、直ちにシャドウピンの効果は解除される(それまではずっと継続する)。
 ・ピンされた状態のキャラが1以上のダメージを受けた場合
 ・シャドウウィーヴが爆発四散または行動不能になった場合、およびマップ外に脱出した場合
 ・シャドウウィーヴの【精神力】がゼロになった場合
◇リンケージ
 他の投影体が爆発四散した際に【体力】1を消耗する
◆ミスティフリーザー (種別:ニンジャ/投影体)
カラテ			4		体力			4
ニューロン    		8		精神力			8
ワザマエ			7		脚力			4
ジツ			4		万札			-
◆装備や特記事項	
 ジツ:『コリ・ジツ』 『コリ・ボール』
 スキル:『連射2』『時間差』『マルチターゲット』
 特殊効果:リンケージ
 
◇コリ・ジツ
基本的にカトン・ジツと同等だが、中心ダメージは1d3ダメージとなる。
ただし、範囲内の対象者は回避ダイス-1 中心の対象者は回避ダイス-3される。
この回避ダイス減少効果は敵味方問わず作用する
◇コリ・ボール
精神力1消費し、射程10マス以内のコリ・ジツ爆発3x3を生み出す。
◇リンケージ
 他の投影体が爆発四散した際に【体力】1を消耗する
◆シルエットミラージュ (種別:ニンジャ/投影体)
カラテ			8		体力			8
ニューロン    		3		精神力			3
ワザマエ			5		脚力			4
ジツ			4		万札			
◆装備や特記事項	
 ジツ:『ヘンゲヨーカイ・ジツ』 『アクマ・ヘンゲ・ジツ』
 スキル:『連続攻撃2』
 特殊効果:ディープリンケージ
 
◇アクマ・ヘンゲ・ジツ
 【カラテ】+3、【ワザマエ】+2、【脚力】+2、『近接攻撃』ダメージ+1『連続側転』使用不可
◇ディープリンケージ
 他の投影体が爆発四散した際に【体力】2を消耗する

NM:更に階下から見知った声!

【レオパルド】:「ドッ、ド、ドーモ、レオパルドです……ア、アイエエエエエ!ザ、ザイバツナンデ!?」

◆レオパルド (種別:ニンジャ)
カラテ		3	体力		3
ニューロン    	2	精神力		1
ワザマエ		2	脚力		3
ジツ		-
									
◇装備や特記事項
●常人の三倍の脚力:【脚力】が+1され、
さらに『連続側転』の難易度が【NORMAL】ではなく【EASY】となる。
●権利剥奪:ソウカイミッションへの参加を禁じられている。また、位置情報が常にソウカイヤに通達される
●PTSD:精神力が半分になる。精神集中成功が行えない。
    また、強いショックを受けるとニューロン判定【HARD】に成功しないと一切行動出来なくなる

バッドウィッチ:「ザイバツだと……? ブッダファック……!」ヘビめいて睨む!

ヒットホース:「ドーモ。ブラックドラゴン=サン。シャドウウィーブ=サン。ミスティックフリーザー=サン。シルエットミラージュ=サン。ヒットホースです」

ブラストビート:「ドーモ! ソウカイ・シックスゲイツ、ブラストビートです!」声に向かってアイサツ!

センチネルジェリー:「……ドーモ、センチネルジェリーです」センチネルジェリーの腕が怒りに震える。

バッドウィッチ:「ドーモ、バッドウィッチです」

ヒットホース:「罪だと?奴はより強きものに負けただけよ!貴様らこそ我らの住処を荒らした罰を受けてもらおう!」

ブラストビート:うへえデータ的には本物同様だコレ

NM:自室の好きな所にコマを配置してください

センチネルジェリー:作戦会議しましょうか。

バッドウィッチ:これ二階の窓壊して一階の窓とかいけるんですか?

NM:位置的に近い窓ならオーケーとしましょうか。ペナルティはなくてもいいですが、移動はその時点で終了でオネガイシマス

PC達は作戦会議を行った。どうやって敵ニンジャを、ブラックドラゴンを撃退するか。
どいつから攻撃するか、どう移動するか、投影体とはなにか、怪しい名前のシルエットミラージュは本当に怪しいのか。
レオパルドを戦わせるか、先に逃がすか、それとも放置するか
議論は40分にも渡った

NM:レオパルドは君達の指示に忠実に従います。それと、センチネルジェリー=サンとバッドウィッチ=サンはどちらが先に動くのか宣言してくださいね

センチネルジェリー:自分が先でいいと思います。

ブラストビート:レオパルドは窓から逃走できますか?

NM:指示すれば自分の手番になれば試みます

バッドウィッチ:順番はそれで

NM:承りました

◆戦闘開始◆

ヒットホース:窓を突き破って、下のオンセンに着水します!

NM:SPLAAAAAAAAAASH!跳ねる水しぶき!

ヒットホース:水辺を駆ける様はまさに馬!終了です!

NM:ミスティフリーザーは移動。部屋の中央へ

ブラストビート:どっちつかずな移動をしやがって…!連続側転!

ブラストビート:7d6>=4 連続側転 = (1 2 2 1 3 6 3, 1成功)

ブラストビート:あぶね。ミスティフリーザーにスリケン投擲!

ブラストビート:「ここがどこだかわかってカチコミかけてんだろうな!イヤーッ!」

ブラストビート:3d6>=5+4d6>=5 スリケン = (6 4 3, 1成功) (1 5 3 4, 1成功)

ヒットホース:さっそくの連射2だ!強い!

NM:時間差はないのだったね

ブラストビート:時間差は無いです

NM:3d6>=4 = (6 1 2, 1成功)

センチネルジェリー:オシイ!

【ミスティフリーザー】:「イヤーッ!」白い霧を纏うおぼろげな輪郭のニンジャは両手をかざして白い霧を放出!スリケン凍結!落下!

ヒットホース:カッコいいスリケンの避け方だ

バッドウィッチ:なかなかなソウルを持つとお見受けする

センチネルジェリー:あ、連続側転で窓に入った場合、回避ダイスへのボーナスは得られますか?

NM:得られるとします

センチネルジェリー:では一応やろう。その前にブラックドラゴン=サンの番ですね。

ブラストビート:これだけの実力者を再現するゲン・ジツの使い手…メンタリスト並だぞ

NM:投影体故無機質に動くぞ。連続側転

NM:6d6>=4 = (6 4 5 5 4 1, 5成功)

ヒットホース:むむむ…投影体とは果たして

NM:ブラストビートにカラテ!

ブラストビート:来るがいい!

NM:5d6>=4+4d6>=4+4d6>=4 = (1 6 2 6 6, 3成功) (1 1 5 2, 1成功) (2 5 2 1, 1成功)

センチネルジェリー:ヒサツ!?

NM:ヒサツ!

ブラストビート:いきなりかあ…

バッドウィッチ:ハハハ

NM:いきなりきちゃった

ヒットホース:ヒサツワザ!?

NM:ジツ判定します

ブラストビート:まあムテキで弾けるがな!

ヒットホース:わお~!

センチネルジェリー:この場合、ニューロンダメージはどうなるんでしたっけ。

NM:9d6>=4 = (4 1 1 2 5 4 4 5 1, 5成功)

ブラストビート:ムテキでニューロン減少なども含めて弾けますか?

NM:うーんどうなんだろう。ムテキの文章はどうなってたかなっと

ブラストビート:体力へのダメージは防げるとして

センチネルジェリー:精神力へのダメージは防げませんが能力値へのダメージは防げるようです。

ブラストビート:全てのダメージを無効化、とありますね一応

NM:毒もだよね

ブラストビート:全てとある以上能力値ダメージも防げそうではありますがNM判断な

センチネルジェリー:とりあえず回避出来たらそれに越したことはない。

NM:ンー、否定材料もないし、今回は全て無効化でよいです。あとで聞いてみよう ※DHTLS様に伺った所、全て無効化するそうです。

ブラストビート:ではまずヒサツ・ワザに対して回避判定

ブラストビート:3d6>=6 回避 = (3 1 2, 失敗)

ブラストビート:失敗!

ヒットホース:出目が123…

センチネルジェリー:ジツ判定ガンバッテ!

ブラストビート:精神を1消費し我流カラダチの構え!

センチネルジェリー:側転後なので危ないかも。

ブラストビート:10d6>=5 カラテ = (5 5 3 4 3 6 6 2 2 5, 5成功)

センチネルジェリー:流石。

ヒットホース:タツジン!

【ブラックドラゴン】:「イヤーッ!イヤーッ!」強烈なカラテストレート!更に吹き出される黒い毒霧!

ブラストビート:「なんだこの…黒い霧は!? ハーッ!!」

センチネルジェリー:では自分も連続側転。

センチネルジェリー:4d6>=3 = (6 1 1 3, 2成功)

センチネルジェリー:成功。

ブラストビート:(俺のカラダチで弾ける範囲か…!だが油断ならぬ!)

【ブラックドラゴン】:「チッ…!あのムテキ使いには本腰を入れるな。先に他のやつから各個撃破しろ」他ニンジャに指示!

ブラストビート:ヤメロー!幻影のくせに状況判断が強い!

ヒットホース:流石はシテンノ

ヒットホース:ウィ-ブの影でも状況判断してたからね

センチネルジェリー:「イヤーッ!」窓から窓へと、ジェルスプラッシュスーツによる3次元的軌道でエントリー!

センチネルジェリー:窓の外にはなにがありましたか?

NM:窓の外は普段と変わらない景色でしたが、センチネルジェリーが注意を向けると、それに反応するかのように緑色の01の壁が生まれました

センチネルジェリー:「この空間全体がまず間違いなく、ゲン・ジツかそれに類するジツの影響下にあります!」

ヒットホース:「ゲンジツ!?このオンセンの暖かさも幻だというのですか!?」

ブラストビート:「またゲン・ジツか…! 面倒くせえことを!」

センチネルジェリー:「現実空間に幻影を乗せるタイプのゲン・ジツなのか、ジツで創り出した空間に引きずり込むジツなのかで、このアジトが我々が済んでいるアジトそのものなのかは変わってきますが、どちらにせよ、ようはカラテです!

センチネルジェリー:「少なくとも、我々は奴らの意のままにされてはいない!」

センチネルジェリー:センチネルジェリーは古事記を読んでいるのでニンジャ真実にはある程度詳しい。

バッドウィッチ:「回りくどい手を使う敵だな。まあいい」ヘンゲヨーカイ

バッドウィッチ:9d6 >=4 = (4 5 3 1 4 1 3 2 5, 4成功)

バッドウィッチ:窓を破って応接室にエントリー。フリーザーにクナイ・ダート投擲

バッドウィッチ:6d6 >=4 = (3 1 5 3 1 2, 1成功)

NM:5d6>=4 = (1 2 1 6 5, 2成功)

バッドウィッチ:(この程度は当たらんな、やはり)ヘビの口から発射されたクナイはしかし届かない

センチネルジェリー:「レオパルド=サン!前線で戦えとは言いません、ですが、出来る限り近くで奴らの隙を伺い、可能なら援護をしてください!ほか、何か怪しげな兆候を見つけたら即座に報告を!」

【ミスティフリーザー】:「イヤーッ!」再び霧の冷気を噴出して凍結!落下!

NM:ウィーヴは連続側転

NM:4d6>=4 = (5 2 1 2, 1成功)

NM:サンシタの頃を思い出す脚力

ブラストビート:能力値的にはサンシタそのものだからね…

NM:シルエットミラージュはアクマ・ヘンゲ

NM:7d6>=4 = (1 6 5 1 3 4 1, 3成功)

NM:シルエットミラージュは白い装束を破りながら膨れ上がると霧状の化物にヘンゲ!

ヒットホース:コワイ!

バッドウィッチ:「ムムム……」ヘビ警戒

NM:バッドウィッチにカラテ!

ブラストビート:「ハ! 随分ブサイクなツラになったじゃねえか!」

NM:6d6>=4+5d6>=4 = (1 3 1 6 1 3, 1成功) (6 6 6 5 5, 5成功)

ブラストビート:すっげえ出目

NM:サツバツ1

【シルエットミラージュ】:「GRAAAAAAAAAAAAA!」質量のある霧の爪が襲いかかる!

バッドウィッチ:「この程度の攻撃! イヤーッ!」凶器と化した舌を振るう!

バッドウィッチ:7dで回避、サツバツは集中回避

バッドウィッチ:7d6 >=4 = (4 5 6 4 6 5 3, 6成功)

ブラストビート:カウンター!

NM:ナヌッ

ヒットホース:タツジン!

NM:8d6>=4 = (4 6 1 5 4 6 3 3, 5成功)

NM:それは回避

NM:レオパルドの行動。君達が動かして良いよ、ダイヒョウシャが操作するのだ

ブラストビート:6マス動いても青までいけないな

センチネルジェリー:ちょっと待ってくださいね

ブラストビート:一つ右の部屋で待機してもらうか

センチネルジェリー:今のセンチネルジェリーなら連続側転せずともミスティフリーザーの所まで行って、防御的イアイドーで攻撃できます。

センチネルジェリー:なので、道を塞ぐ形で配置されると少し困るかと。

ブラストビート:なにはともあれ連続側転します

センチネルジェリー:まあ、移動されると思いますが。

ブラストビート:2d6>=3 連続側転 = (5 3, 2成功)

ブラストビート:廊下に置いておくとうっかりぶち殺されそう

ブラストビート:ではレオパルドは必死の連続側転!隣の部屋に移動しました

センチネルジェリー:なるほど。悪くないかと。

バッドウィッチ:okです

ヒットホース:了解です

センチネルジェリー:では馬のターン。このターンにどうにかこうにか氷を落としたい。

ブラストビート:ではレオパルドは必死の連続側転!隣の部屋に移動しました

センチネルジェリー:非常に重要なターンです。慎重にお願いします。

ヒットホース:では、ヘンゲ

ヒットホース:12d6>=4 ヘンゲ = (3 5 2 3 5 4 2 1 1 1 2 4, 4成功)

センチネルジェリー:雑魚がいない以上、カラテミサイルに精神力を使う必要が無いので精神集中も使っていくぞ。

NM:あ、そうだ

ヒットホース:はい

NM:この特殊な状況下故、アトモスフィアハードになります

センチネルジェリー:アイエッ!?

ヒットホース:わお!了解です

ブラストビート:ハヤイ!

センチネルジェリー:困ったな。

NM:ウルトラハードになるには時間を要しますが

センチネルジェリー:まあ、敵を倒すのも早まるか。急ごう。

NM:2ターンノーダメージが続いたらウルトラハードになります

センチネルジェリー:防御的イアイドーでもヒサツ・ワザを防げないのか。

ヒットホース:8d6>=3 連続側転 = (2 6 1 6 2 6 3 3, 5成功)

センチネルジェリー:まあ、通常攻撃がほぼ当たらない以上、狙われるリスクは少なそうだけど。

ヒットホース:移動

センチネルジェリー:何が何でもこのターン氷を倒しますよ!

ブラストビート:ヒサツはU-HARD固定なのでHARDに下がるのでは

ヒットホース:ミスティフリーザーに連射2、時間差

センチネルジェリー:アトモスフィアで+1、防御イアイで-1で同じでは?

ブラストビート:U-HARD以上には絶対ならないので

NM:なりませんネー

センチネルジェリー:了解しました。

ヒットホース:4d6>=5+4d6>=5 連射2 時間差 = (2 2 5 6, 2成功) (3 5 2 5, 2成功)

ヒットホース:2成功

NM:2d6>=4+1d6>=4 = (4 5, 2成功) (2, 失敗)

NM:1hit

センチネルジェリー:命中!残り3!コロセー!

ヒットホース:CLAAASH!応接間に飛び出し、部屋中央のミスティフリーザーに射撃しながら素早くポジショニング!

【ミスティフリーザー】:「グワーッ!」ヒットホースの巧みな時間差射撃にスリケンを凍らせるタイミングがずれてしまい命中!

ヒットホース:「ドーモ。我が屋を荒らす不届き者め!死して詫びよ!」「あと、ドアは後で直します!」

NM:ミスティフリーザーはコリ・ボール!シルエットミラージュ毎、バッドウィッチに直撃させるぞ!

バッドウィッチ:おおっと

ブラストビート:フレンドリファイアお構いなしか!

NM:12d6>=4 = (2 5 6 6 2 5 4 3 6 3 2 5, 7成功)

ヒットホース:出目がさっきから強い!

NM:通常通り回避を行ってください。その処理後、回避ダイスが3下がります

センチネルジェリー:回避ダイス減少効果は回避不可ですか?

バッドウィッチ:これってこのターンずっと回避ダイス―3ってことですよね

NM:避けたら無効です

センチネルジェリー:おお!

バッドウィッチ:おおっとやったぜ ならば何が何でも避ける

センチネルジェリー:逆に回避失敗したらサヨナラの可能性が高い。

ブラストビート:中途半端に避けて食らって回避マイナス…が一番アブナイのか

NM:4d6>=5 シルエットミラージュ回避 = (3 3 3 1, 失敗)

NM:アッ

バッドウィッチ:1消費で精神回避

ブラストビート:当たってて草生える

センチネルジェリー:笑う。

ヒットホース:これは酷いw

センチネルジェリー:シルエットミラージュって前のターン側転しましたっけ。

ブラストビート:してないですね

NM:しかしシルエットミラージュは直撃ではないので回避ダイスは-1、ダメージも-1です

センチネルジェリー:なら残り7か。

NM:あと、ヘンゲして能力値上がってますので

センチネルジェリー:なら無視。

NM:回避ダイスも増えてます

バッドウィッチ:しまった……精神回避は1回だけだった。ウカツ

NM:ダイスは6個です

ヒットホース:カラテ+3の恩恵な

バッドウィッチ:まあいい

ブラストビート:装備を卑劣武器ナックルダスターに変更

NM:ナヌッ

ヒットホース:おお!

ブラストビート:「使うまいと思っていたが…四の五の言ってられねえな!」

センチネルジェリー:おお!

バッドウィッチ:「隊長のアレが出るぞ!」

ヒットホース:「久しぶりですねぇ!」

ブラストビート:ミスティフリーザーに接近し、フェイント攻撃。1(精神)、9での攻撃だ

NM:ダイス減らしました

ブラストビート:9d6>=4 連続攻撃2 = (6 2 5 3 3 6 2 1 6, 4成功)

センチネルジェリー:サツバツ!

ブラストビート:サツバツを食らえ!

バッドウィッチ:サツバツ!

ブラストビート:フェイントなら出る!

NM:ヌゥーッ!

ヒットホース:サツバツ!

ブラストビート:「シューシュシュシュッ! 見切れるかーッ!」高速のジャブ連打!致命のストレートを織り込む!

NM:3d6>=5 = (6 2 3, 1成功)

ヒットホース:ヌゥー!

ブラストビート:だがそれは本命ではない!

バッドウィッチ:ほう一発はあえて喰らうと

ブラストビート:お、一発は食らったのかな

センチネルジェリー:2回攻撃なので1発は入ってますね。

NM:初手のカラテは喰らいます

【ミスティフリーザー】:「イヤーッ!」氷の霧を吹き出して攻撃の速度を落として回避!

センチネルジェリー:残り回避ダイスは?

NM:1個

ブラストビート:「イヤーッ!」(この手ごたえ…幻影とは思えん!)

ヒットホース:「隊長の卑劣武器捌きは相変わらずですね!しかし、敵も致命打は避けるか…」

センチネルジェリー:では自分もフェイント斬撃、と言う手もありますね。フーム。

センチネルジェリー:ただ、自分が2回攻撃して、その後にバッドウィッチ=サンが攻撃すればどのみち倒せますね。

NM:ブラックドラゴンが動く。連続側転します

NM:6d6>=4 = (1 2 2 5 6 2, 2成功)

NM:ヒットホースにカラテ

ブラストビート:馬ーッ!

センチネルジェリー:死ぬなーっ!

ヒットホース:連続側転できたかー!

NM:5d6>=5+4d6>=5+4d6>=5 = (5 1 3 1 2, 1成功) (4 2 3 5, 1成功) (3 3 3 6, 1成功)

ブラストビート:大丈夫だ!奴は側転ボーナスがある!

ヒットホース:(まだないよ)

ブラストビート:ヌゥーッ!

NM:オールヒット111成功

バッドウィッチ:だがサツバツもヒサツも無い!

ヒットホース:1精神回避、3,3で回避

【ブラックドラゴン】:「イヤーッ!イヤーッ!イヤーッ!」鉤爪状の手でヒットホースを切り裂こうとする!

ヒットホース:3d6>=5 = (1 3 3, 失敗)

ヒットホース:3d6>=5 = (6 2 6, 2成功)

バッドウィッチ:むむむ

ヒットホース:1命中、1カウンター

NM:5d6>=5 = (1 5 3 2 5, 2成功)

センチネルジェリー:バイオサイバネのダメージが重い!

NM:カウンターは回避

ヒットホース:「グワーッ!速い!」シテンノを連続攻撃を見切れぬ!壁にパウンド!

NM:黒い鉤爪で切り裂かれ深手を負ってしまった!

ヒットホース:残り体力5

センチネルジェリー:バッドウィッチ=サンの手番で倒せそうだし、防御的イアイドーで守りを固めたい気もするな。

センチネルジェリー:しかし、負けを待って無駄死にと言う言葉もある。どうするべきか。

ブラストビート:安全に行くあまり判定に失敗するのがもっとも危険

バッドウィッチ:確実性が大事だね

センチネルジェリー:では確実に!フェイント斬撃で削りましょう。

センチネルジェリー:問題は連続側転するかです。

ブラストビート:ヤッチマエ!

NM:アーッ!フリーザーの回避ダイスが0に!

センチネルジェリー:連続側転すると72%程度しか成功しないので、普通に攻撃しましょうか。

バッドウィッチ:ですね

ブラストビート:そうですねー

ヒットホース:確実に仕留めましょう

センチネルジェリー:では、ミスティフリーザーの元へ近づいてフェイント斬撃2連打。

センチネルジェリー:片方は精神集中。

センチネルジェリー:7d6>=5 = (6 4 1 5 6 2 6, 4成功)

センチネルジェリー:サツバツ!

ブラストビート:サツバツ!

NM:ヤメロー!ヤメロー!

センチネルジェリー:確定命中!

バッドウィッチ:勝ったな

ヒットホース:サツバツ!

センチネルジェリー:「そもそも!このような状況に置かれていることが非常に不服なんですよ!ロード・オブ・ザイバツとやらの両手両足をケジメしてやりたい!

センチネルジェリー:「イヤーッ!」センチネルジェリー怒りの斬撃!

センチネルジェリー:サツバツ!振ります。

NM:ドーゾ

センチネルジェリー:1d6 = (1)

「死ねーッ!」腹部に強烈な一撃! 敵はくの字に折れ曲がり、ワイヤーアクションめいて吹っ飛んだ!:本来のダメージ+1ダメージを与える。敵は後方の壁または障害物に向かって、何マスでもまっすぐ弾き飛ばされる(他のキャラのいるマスは通過する)。壁または障害物に接触した時点で、敵はさらに1ダメージを受ける。敵はこの激突ダメージに対して改めて『回避判定』を行っても良い。

バッドウィッチ:終わった

センチネルジェリー:吹き飛ばし!

ヒットホース:吹っ飛んだ!

センチネルジェリー:終わり!

ブラストビート:追加ダメージで即死だ!

センチネルジェリー:これが休暇を邪魔されたセンチネルジェリーの怒りだ。

【ミスティフリーザー】:「アバーッ!サヨナラ!」センチネルジェリーの斬撃でドア毎廊下に吹き飛ぶ!そのまま爆発四散!ワザマエ!

ヒットホース:「オンミゴト!」

ブラストビート:「タツジンだぜセンチネルジェリー=サン!」

NM:「0100グ100010ワー001000ッ1001!0」何処か遠くで声が聞こえたような気がした…

ヒットホース:「ン?今の声はなんです?」

センチネルジェリー:「……なるほど」一人爆発四散させてある程度冷静さを取り戻した。

NM:さらに敵ニンジャ3忍の身体が一瞬激しいノイズで乱れる!

バッドウィッチ:「このまま全滅させりゃあ、どうにかなるだろ、多分!」

センチネルジェリー:「これほどのゲン・ジツの維持、本体へのフィードバックもかなりのもののようですね」

NM:すぐに実体を取り戻すも膝をついて苦しんでいる!

ヒットホース:「なるほど!全滅させればいいんですね!」

バッドウィッチ:じゃあシルエットミラージュ=サンに攻撃集中ヘビ・カラテ2連続だ。

センチネルジェリー:確か回避ダイスが削れていましたね。

バッドウィッチ:「次はお前だ! 死ね!」

センチネルジェリー:このままサツバツ!で1ターン2キルだ!

バッドウィッチ:6d6 >=3 + 5d6 >=3 = (6 3 4 4 1 5, 5成功) (5 3 4 5 4, 5成功)

ヒットホース:サツバツ!2

バッドウィッチ:サツバツサツバツ

センチネルジェリー:コロセー!

ヒットホース:肉体破壊こわーい

NM:アイエエエエ!

ブラストビート:肉体破壊こわッパ…

NM:ダイス6個でかわしてくれえ

NM:3d6>=5+3d6>=5 = (3 2 4, 失敗) (5 2 6, 2成功)

バッドウィッチ:一発命中だ

センチネルジェリー:ヤッター!

NM:アーッ!

センチネルジェリー:フェイント斬撃で確実に倒しに行って良かった!

ヒットホース:バッドウィッチ=サン、トドメヲサセーッ!

バッドウィッチ:「喰らえ! イイイヤアアッ!」突進しながら噛みつく!

バッドウィッチ:サツバツ振ります

バッドウィッチ:1d6 = (5)

NM:ドーゾ

ヒットホース:両腕!

「これで手も足も出まい!」敵の両腕を切り飛ばした! 鮮血がスプリンクラーめいて噴き出す!:本来のダメージ+1ダメージを与える。さらに敵の【ワザマエ】と【カラテ】がそれぞれ2減少する(最低値は1)。残虐ボーナスにより【万札】がD3発生。この攻撃を【カルマ:善】のキャラに対して行ってしまった場合、【DKK】がD3上昇する。

NM:オゴーッ!?

バッドウィッチ:万札振ります

バッドウィッチ:1d3 = (1)

センチネルジェリー:カラテを削れたのは大きい!

【シルエットミラージュ】:「グワーッ!?」霧で出来た腕をバッドウィッチのカラテが切断!雲散霧消!なんとか復元させようとするも朧げな煙しか生まれない!

バッドウィッチ:「これがヘビ・カラテだ! 暴力はやっぱ最高だな!」

ヒットホース:「何事も暴力で解決するのが一番です!」

NM:シルエットミラージュはバッドウィッチにカラテ! ケリ・キック!タックル!

NM:5d6>=4+4d6>=4 = (5 1 4 3 1, 2成功) (4 3 4 2, 2成功)

NM:腕を失ってもアクマ・ヘンゲの威力は衰えぬ!サツバツはしなかったけど!

バッドウィッチ:「やるじゃねえか! イヤーッ!」触手を払う!

ヒットホース:ダイス5じゃ15%くらいだからね!仕方ないね!

バッドウィッチ:5d6 >=5 + 5d6 >=5 = (5 4 5 4 1, 2成功) (2 3 4 6 3, 1成功)

NM:ヌゥーッ!

ヒットホース:タツジン!

NM:ウィーヴの手番。連続側転して応接室に急ごう

NM:4d6 側転 = (2+5+5+2)

NM:応接室のドア付近まで移動。レオパルドの手番

センチネルジェリー:どうします?追撃させたら死にそうですが。

ブラストビート:ウーム、まず部屋に入るのに連続側転がいる

ブラストビート:そして隣接できないのでスリケンになるが、ダイス2しかない

ヒットホース:うーん、不安

ブラストビート:ダイス2でハードを成功させるのは…

センチネルジェリー:56%くらいか。

ヒットホース:決まればカッコいい…かも?

センチネルジェリー:まあ、レオパルド=サンは取っておきますか。

ブラストビート:ただ狙われなさそう(気付かれてなさそう)なので廊下まで出てもらうのはアリ

センチネルジェリー:それはアリですね。では連続側転無しに戦闘に参加できるよう、それで。

ブラストビート:応接室への扉の前まで移動、終了、でどうですかね

センチネルジェリー:いいと思います。

ヒットホース:OK!

バッドウィッチ:okです

ブラストビート:レオパルドOKです

NM:では次のターン

ヒットホース:では私か

ブラストビート:高度な柔軟性を維持しつつ臨機応変に生きろ馬!

センチネルジェリー:とりあえず今は作戦通りに!

ヒットホース:8d6>=4 連続側転 = (5 5 3 4 5 6 4 4, 7成功)

ヒットホース:では、シルエットミラージュに連射2

ヒットホース:4d6>=5+4d6>=5 連射2時間差 = (1 6 3 5, 2成功) (4 4 1 4, 失敗)

センチネルジェリー:アアーッ!

ヒットホース:なっ、なんだってー!?1成功

センチネルジェリー:隊長頑張ってください!

ブラストビート:まあ難易度5ならそんなこともある

センチネルジェリー:強攻撃かフェイントかはお任せします。

NM:3d6>=4 = (4 6 6, 3成功)

NM:回避

センチネルジェリー:おお、一気に消費したな。

ブラストビート:3ダイスも使ったな

バッドウィッチ:射撃はハードとかないですね

NM:ああ、そうだった。アー まあいいか

センチネルジェリー:では、強攻撃かフェイントかはお任せします。ここで隊長が倒してくれればさらにやりやすくなる。

センチネルジェリー:精神集中は使ってもいいかも。

ブラストビート:では残り少ないダイスをさらに削ってくれよう

ヒットホース:「増援の気配!?させませんよ!」ドアを蹴って侵入を防ぎつつシルエットミラージュに射撃!

ブラストビート:移動してシルエットミラージュにフェイント攻撃

センチネルジェリー:ムテキは守りに精神集中を温存する必要がないのが助かる。

ブラストビート:1(精神),9だ

センチネルジェリー:コロセー!

ブラストビート:9d6>=4 カラテ = (5 4 5 3 6 3 1 4 5, 6成功)

センチネルジェリー:サツバツ!

ブラストビート:サツバツ…はしていない!

ヒットホース:いや、サツバツでない!

センチネルジェリー:あ、6は成功数か。

NM:ちがうね

センチネルジェリー:ヌゥーッ。

ヒットホース:稀によくあるー!

センチネルジェリー:残り回避ダイス5で回避ドーゾ!

NM:ああ、そうだった、腕やられて回避下がってんだった

センチネルジェリー:さあどうする。

ブラストビート:「シューシュシュッ! その霞んだ腕でこいつを受けれるかな!? イヤーッ!」

NM:一発は回避放棄しよう

NM:3d6>=5 = (6 2 2, 1成功)

センチネルジェリー:残り回避ダイス2!これなら防御的イアイドーでも削りきれそうだ。

ヒットホース:タツジン!やりおる!

センチネルジェリー:残り体力2!

【シルエットミラージュ】:「グワーッ!ヌゥーッ」

バッドウィッチ:ああ、npcは体力0で死亡か

NM:側転無し センチネルジェリーにカラテ!

センチネルジェリー:ギャーッ

ブラストビート:生きろジェリーッ!

センチネルジェリー:シルエットミラージュをこのターン倒すことを前提に全力で回避します!

NM:5d6>=4+4d6>=4+4d6>=4 = (6 3 1 6 2, 2成功) (4 1 2 5, 2成功) (3 6 1 1, 1成功)

NM:サツバツ1

センチネルジェリー:サツバツ!精神回避。

ヒットホース:ヒエッ!

センチネルジェリー:残り回避ダイス8。4/4で回避。

センチネルジェリー:4d6>=5 = (6 3 1 4, 1成功)

センチネルジェリー:4d6>=5 = (4 6 3 4, 1成功)

ブラストビート:タツジン!

センチネルジェリー:「イヤーッ!イヤーッ!」

NM:ヌゥーッ

センチネルジェリー:必死に捌く!

ヒットホース:ワザマエ!

センチネルジェリー:精神力6→5 どうするか。素直にフェイント斬撃かな。これで倒しきれなかったらそれこそ死にかねない。

センチネルジェリー:防御的イアイドーで失敗したら大変。

ブラストビート:防御イアイドは成功する必要はないのでそこはダイジョブ

センチネルジェリー:いや、攻撃に失敗した場合の話です。回避ダイスを全て使ったので、倒しきれなかったらまずい。

ブラストビート:ああ、当たらなかったらダメージがないか…

センチネルジェリー:連続側転→フェイント無しの通常斬撃という手もありますね。ただ、それでも外す可能性はあるか。

ブラストビート:歩いてフェイントでいいとは思いますが任せます

センチネルジェリー:攻撃に精神集中できないのがつらいなあ。シルエットミラージュの隣に移動。フェイント斬撃4/4。

センチネルジェリー:4d6>=5 = (6 5 2 3, 2成功)

センチネルジェリー:4d6>=5 = (6 5 1 2, 2成功)

センチネルジェリー:両方成功。

NM:しちゃったか…

センチネルジェリー:1ダイスでどう避ける。

ブラストビート:さらばシルエットミラージュ=サン…

NM:1d6>=5 = (1, 失敗)

NM:アバーッ!

ヒットホース:当たった!

バッドウィッチ:幻影に包まれてあれ

センチネルジェリー:あ、0だからこのターンの終わりまでは生きているのかな?

バッドウィッチ:npcは0で死亡です

NM:めんどいので0でしにます

センチネルジェリー:「イヤーッ!」センチネルジェリーの斬撃がシルエットミラージュの首を切断!霧めいた胴体から離れた首が宙を舞う!

【シルエットミラージュ】:「グワーッ!サヨナラ!」シルエットミラージュはフェイントに対応できず斬撃を喰らう!霧が吹き飛ぶと首が離れた実体が出現!爆発四散!

センチネルジェリー:そうなんですけど、ZBRを持っているので違うのかな、と。

NM:ZBRはこのさいほっとこう

センチネルジェリー:どうせこのターンの終わりで死にますからね。ようし。

NM:「01001グ01001ワーッ110110!10101010」またどこかで声が聞こえた様な気がした

ヒットホース:「タツジン!その武器もすっかり使いこなしてますね!」

センチネルジェリー:提案があります。これ、バッドウィッチ=サンがウィーヴを殴ってもいいんじゃないですか。

バッドウィッチ:ンー

センチネルジェリー:前のターン連続側転してますが、それでも回避ダイスとアトモスフィア的に十分倒せますよ。

センチネルジェリー:まあ、お任せします。ただ、できればここで倒しておきたいですね。

バッドウィッチ:そうですね、確実に4対1にすればブラックドラゴンとも有利に進められるので

ブラストビート:回避ダイス7で二連続攻撃か…倒せるかは半々と言ったところ

バッドウィッチ:レイジ行ってみよう。連続側転

NM:ムムッ

バッドウィッチ:6d6 >=4 = (2 4 1 3 3 6, 2成功)

ブラストビート:ウウヴのピンチだ!

バッドウィッチ:レイジにエンゲージ。ヘビカラテ連続カラテだ

バッドウィッチ:「おやおや、まだ少年じゃないか。じゃあ、優しくしてあげようか」

NM:応接室の奥から外の廊下まで一気に!射程距離が長いっ

ブラストビート:顔が近い!

バッドウィッチ:5d6 >=5 + 6d6 >=5 = (6 3 5 6 5, 4成功) (6 2 1 4 2 3, 1成功)

ヒットホース:サツバツ!

バッドウィッチ:サツバツ

センチネルジェリー:サツバツ!

ブラストビート:サツバツ!全然優しくない!

【シャドウウィーヴ】:「なっ!?気配を感じなかったっ!」

NM:4d6>=5+3d6>=5 = (3 3 2 2, 失敗) (1 6 1, 1成功)

NM:アーッ!

センチネルジェリー:命中!

ヒットホース:サツバツ!が決まった!

ブラストビート:レイジ君…暗黒ハイクに包まれてあれ…(幻影だけど)

バッドウィッチ:サツバツ振ります

バッドウィッチ:1d6 = (3)

「苦しみ抜いて死ぬがいい」急所を情け容赦なく破壊!:本来のダメージ+1ダメージを与える。耐え難い苦痛により、敵は【精神力】が?2され、【ニューロン】が1減少する(これによる最低値は1)。残虐ボーナスにより【万札】がD3発生。この攻撃を【カルマ:善】のキャラに対して行ってしまった場合、【DKK】がD3上昇する。

センチネルジェリー:これで残るはブラックドラゴンと謎のゲン・ジツ使いのみ!

ヒットホース:急所!

バッドウィッチ:股間を突き刺す!舌で!

ヒットホース:やっぱり青少年の何かがアブナイ!

バッドウィッチ:万札振ります

バッドウィッチ:1d3 = (2)

センチネルジェリー:本体も勢い余ってショック死しそう。

【シャドウウィーヴ】:「オゴーッ!アバ、アバッ……サヨ、ナラ…!」クナイを取り出そうとした所をバッドウィッチの舌が股間に炸裂!爆発四散!

NM:「00101アバー010111010ッ!101010101010101001」

センチネルジェリー:ではヒットホース=サンのターン!

ヒットホース:「むっ。またですか…。面妖な」

NM:ブラックドラゴンも身体にノイズが走り消耗!

センチネルジェリー:よし、一気に決めましょう。

ヒットホース:さきレオパルドかな?

センチネルジェリー:このターンは行動させなくてもよさそうですね。

ブラストビート:レオパルドは…移動させなくていいんじゃないかな…

センチネルジェリー:出来る限りヒサツ・ワザのチャンスを与えず早急に仕留めねば。

ブラストビート:最後の切り札として待機してもらおう

センチネルジェリー:レオパルドがシテンノにとどめを刺す所はみてみたい。

ブラストビート:PTSD克服しそう

ヒットホース:了解です。たしかに見たい!では動きますね

NM:ドーゾ

センチネルジェリー:実質2ターンで3人倒してません?

ヒットホース:移動してブラックドラゴンに連射2

ヒットホース:4d6>=4+4d6>=4 連射2時間差 = (4 3 1 6, 2成功) (2 5 4 1, 2成功)

ヒットホース:2成功 「怪しいところはあろますが、とにかく全員倒せば解決ですね!イヤーッ!」

NM:2d6>=5+1d6>=5 = (2 1, 失敗) (3, 失敗)

NM:げっ

ブラストビート:ブッダ寝てる

センチネルジェリー:ヤッター!

ヒットホース:「我らサキガケの勢いは翔ぶ竜すら墜すのです!」

【ブラックドラゴン】:「グワーッ!」身体に走るノイズの除去に意識が向かっていたからか、ヒットホースから飛来する鉄塊を避けきれず被弾!

センチネルジェリー:残り5か。このターン中に行けるかな。強烈な斬撃を駆使すれば、次のブラックドラゴンの手番が回ってくる前に行けなくもないかも。

ブラストビート:当たるかどうかだな…

センチネルジェリー:まあ、安全第一で。

ブラストビート:2,3で振らないといけない

ブラストビート:ブラストビートが先に動きます。まず接近

センチネルジェリー:ヒサツ・ワザの試行回数を減らした方が安全ともいえる。

ブラストビート:フェイント攻撃でいこう

センチネルジェリー:いいですね。

ブラストビート:1(精神),9だ

ブラストビート:9d6>=4 カラテ = (3 5 3 3 6 6 1 2 6, 4成功)

センチネルジェリー:サツバツ!

ヒットホース:サツバツ!

ブラストビート:ポンパンチも発動できるすごい出目だ

NM:ぐぬ

ブラストビート:「シテンノとやらの実力を見せてもらおうか!シューシュシュッ!」

NM:2d6>=5+3d6>=5 = (6 2, 1成功) (6 2 5, 2成功)

ヒットホース:タツジン!

ブラストビート:タツジン!

センチネルジェリー:これで6ダイス削れたな。

NM:両方回避しました

ヒットホース:いや、シテンノ!

【ブラックドラゴン】:「イヤーッ!」黒い爪で攻撃を弾く!

ブラストビート:(強い! コイツはできる!)

センチネルジェリー:先の攻撃と合わせて9ダイス削れた。さあどう来る。

NM:連続側転

NM:6d6>=4 = (4 1 6 2 5 2, 3成功)

NM:センチネルジェリーにカラテだ!

センチネルジェリー:ヌゥーッ。正念場だ。

NM:5d6>=4+4d6>=4+4d6>=4 = (5 2 4 5 6, 4成功) (3 5 1 1, 1成功) (2 6 5 5, 3成功)

センチネルジェリー:助かった……

NM:サツバツしねえなあ

センチネルジェリー:最初の1発を精神集中。4/4で回避。

センチネルジェリー:4d6>=5 = (5 3 4 6, 2成功)

センチネルジェリー:4d6>=5 = (2 3 4 1, 失敗)

センチネルジェリー:「グワーッ!」2ダメージ。体力7!

ヒットホース:流石のシテンノ

センチネルジェリー:フーム。攻撃専念できるな。次に備えて、防御的イアイドーで攻撃専念でいいですかね。

センチネルジェリー:もしくは、強攻撃で一気に倒しに行くか。残り回避ダイスは4。

ブラストビート:任せた

センチネルジェリー:残り体力は5。

ブラストビート:連続攻撃を捨ててヒサツにかけてくる可能性もある

センチネルジェリー:次の手番が回ってくるまでに倒しきれるか微妙なところ。

センチネルジェリー:とりあえず防御的イアイドーで行きます。死んだら終わり。2/2で。攻撃専念なので難易度はEASY

NM:ヌゥーッ

センチネルジェリー:2d6>=3 = (6 3, 2成功)

センチネルジェリー:2d6>=3 = (2 3, 1成功)

センチネルジェリー:両方成功。

ヒットホース:ヤッタゼ!

NM:ここは…受けるしか無い

センチネルジェリー:ナギナタを後ろに回してヤリを前に出し、距離を取って体勢をたて直す!

NM:両方回避放棄だ

バッドウィッチ:おおっと

ヒットホース:むむっ!

ブラストビート:バッドウィッチ重点か…

【ブラックドラゴン】:「グワーッ!おのれ、小物の分際で…!」あえてセンチネルジェリーから背を向け攻撃を耐える!

センチネルジェリー:「イヤーッ!イヤーッ!」センチネルジェリーの連撃がブラックドラゴンの鱗に穴を開ける!

センチネルジェリー:「小物?小物と来たか」

センチネルジェリー:「このクソに、本物のザイバツ・シテンノの意志があるのか少しばかり気になりますが……それは後日確かめるとしましょう。本物を殺す時にね!」

NM:背中の耐久力は正面の7倍だ!

ヒットホース:硬いぜ。バイオ皮膚

バッドウィッチ:ならば私が殺そう

ブラストビート:ということは背中向けながら戦えば体力91なのでは?

バッドウィッチ:連続側転

バッドウィッチ:6d6 >=4 = (4 2 5 5 3 6, 4成功)

ヒットホース:こんどは逆にも丸まれるようになるんだな、とか言われそう

バッドウィッチ:ブラックドラゴンに隣接。ヘビカラテ二連続

バッドウィッチ:6d6 >=5 + 5d6 >=5 = (3 4 5 6 1 4, 2成功) (2 5 5 1 6, 3成功)

センチネルジェリー:両方サツバツ!

バッドウィッチ:サツバツサツバツだ

NM:やっぱりやっぱりやっぱりな

ヒットホース:サツバツ!サツバツ!

NM:2d6>=5+2d6>=5 = (6 3, 1成功) (1 2, 失敗)

センチネルジェリー:命中!

NM:アーッ!

センチネルジェリー:トドメヲサセー!

ブラストビート:キマッタ!

バッドウィッチ:サツバツ振ります

センチネルジェリー:残り体力3なので、これで2ダメージ出ればレオパルドでトドメ!

バッドウィッチ:1d6 = (5)

バッドウィッチ:勝った

ヒットホース:両腕だー!

「これで手も足も出まい!」敵の両腕を切り飛ばした! 鮮血がスプリンクラーめいて噴き出す!:本来のダメージ+1ダメージを与える。さらに敵の【ワザマエ】と【カラテ】がそれぞれ2減少する(最低値は1)。残虐ボーナスにより【万札】がD3発生。この攻撃を【カルマ:善】のキャラに対して行ってしまった場合、【DKK】がD3上昇する。

センチネルジェリー:「レオパルド=サン!今だ!やれーっ!」

バッドウィッチ:「イヤーッ!」凶器と化した舌が暴れまくる!

NM:まだ体力3あるばってん

センチネルジェリー:あれ、さっきの攻撃回避放棄しましたよね。

NM:あ、そうだった…アイエエエエ!

バッドウィッチ:万札振ります

バッドウィッチ:1d3 = (1)

ブラストビート:レオパルドが決断的にエントリー!スリケン投擲!

【ブラックドラゴン】:「グワーッ…!オノ、レ…!だが…!まだ…!」

センチネルジェリー:アイサツ前のアンブッシュでもいいしアイサツしながらでもいい!

ヒットホース:「レオパルド=サン!?いや、殺せ!レオパルド=サン!殺せーッ!」

【レオパルド】:「ド、ド、ドーモ…レオパルドです…!イ、イ、イ、イヤーッ!」転がり込むようにエントリー!震える手でスリケン投擲!

ブラストビート:2d6>=4 スリケン = (1 6, 1成功)

ブラストビート:成功!

センチネルジェリー:決まった!

ヒットホース:やったー!

センチネルジェリー:キンボシ・オオキイ!

ブラストビート:「ヤッタゼ!レオパルド=サン!」

【ブラックドラゴン】:「グワーッ!オ、ノレ……!このような、サンシタに…トドメ、を…!サヨナラ!」額にスリケン命中!ブラックドラゴンは爆発四散!

ヒットホース:「ゴウランガ!キンボシ・オオキイですよ!レオパルド=サン!」

バッドウィッチ:「良い仕事だ、レオパルド=サン」

【レオパルド】:「ハァーッ…!ハァーッ…!ハァーッ…!お、俺…!」

センチネルジェリー:「実際、素晴らしい働きでした」「さあ、まだ油断はできませんよ」

NM:レオパルドがトドメを刺すと君達の視界は緑の01に包まれ……

01001010110101010101010101010101010101010101010

君達は応接室にいる。家具などが散らばりイクサの痕は確かに感じられるが、
窓ガラスは割れておらず、(君達が割った箇所は割れている)敵ニンジャの痕跡や足跡は始めから無かったかのようになっている

センチネルジェリー:「さあ、あのふざけたジツの行使者を逃がしはしませんよ」

ブラストビート:「ヌゥーッ、これは…戻った…のか?」

バッドウィッチ:「急いで元を捕まえよう」

NM:KABOOOM!KABOOOOM!KRA-TOOOOM!「グワーッ!アバッ!アバババーッ!?」という爆発音と声が上階から響き渡った

センチネルジェリー:「残された力でゲン・ジツを用い、何かに化けている可能性もあります、徹底的に探しましょう」

ヒットホース:「むむっ。ここは我らのアジトですよね。さっきまでのはやはりゲン・ジツ?」「上が今日も騒がしいですねぇ」

NM:レオパルドは君達の足元でへたり込みながら震える自分の手を見つめている

NM:それと同時に君達のハンドヘルドUNIXやIRC端末にソウカイ・ネットからの全体ノーティスが入った。

ブラストビート:ピポッ 確認します

センチネルジェリー:同じく。

キョートからザイバツのニンジャがシンカンセンを介してネオサイタマに侵入した模様
数はごく少数だが、それ故に現在位置の特定には失敗。現在捜索中。
現在把握しているニンジャネームは『ダンタリオン』
状況証拠だがこのニンジャ、ないしこのニンジャが率いるチームは
現在ソウカイヤのニンジャチーム2つを壊滅にまで追い込んでいる。
このニンジャを捕獲、ないし殺害しそれを証明した者・チームに【万札:260】を与える
また、他のニンジャも捕獲、殺害し、それを証明した場合はさらに恩賞を与える

センチネルジェリー:260!?

ブラストビート:ワオ…

NM:ニンジャチーム2つを潰してるので賞金首にされています

バッドウィッチ:「ハハハ、善は急げだ。隊長、上だ。行こう」

ヒットホース:「ぬぬぬ。これはまた大した賞金首ですね。是非捕えましょう!」

ブラストビート:「まあ、上だろうな。レオパルド=サンは休め。よくやった」レオパルドの肩をぽんと叩いて走り出す

【レオパルド】:「ハァーッ…ハァーッ……アッハイ…」

ヒットホース:「お見事でした。あとでオーガニックニンジンを差し上げますね」

ブラストビート:一瞬オーガニックエンジンに見えた

ヒットホース:レオパルドがさらに走れるようになるな…

ブラストビート:バリキ内蔵な…?

ヒットホース:モーター内蔵レオパルドン

NM:上に向かいますか?

バッドウィッチ:いきます

ブラストビート:向かいます

ヒットホース:いきましょう

センチネルジェリー:えーっと、自分はレオパルド=サンを守っていようかな。この全体ノーティスが最後のゲン・ジツである可能性もある。

NM:構いませんよ

ブラストビート:では留守は任せよう

センチネルジェリー:大丈夫そうなら自分も上に向かいます。

上の階はハッカードージョーなどではなく、殺風景でだだっ広いワンルームだった。部屋の殆ど全てを敷き詰めるように置かれていたUNIXは既に大半が爆発しており、瓦礫からは煙が立ち上っている

ヒットホース:「あら、すっかり焼け野原ですねぇ」

ブラストビート:「ハッカードージョーと聞いていたが…UNIXサーバルームじゃねえかこりゃ」

NM:そしてその部屋の中央には目や鼻から血を流し、ズタズタにちぎれたLANケーブルを生やし、UNIXの爆発により虫の息のニンジャが這いつくばりながら必死で逃げ出そうとしていた

ブラストビート:背中を踏みつける

センチネルジェリー:大丈夫そうなら連絡お願いします。

ブラストビート:「オット、逃がさんぞネズミめ」

センチネルジェリー:声で呼んでくれれば。

【ダンタリオン】:「アバ、アバッ…ク、クソッ…!…ド、ドーモ…ザイバツ・シャドーギルドの…マスター階級…ダンタリオン…です…」

ブラストビート:「ドーモ、ソウカイ・シックスゲイツ、ブラストビートです」

【ダンタリオン】:「ゲホッ!ゲホーッ!」吐血!

ヒットホース:「ドーモ。ダンタリオン=サン。ちょっとインタビューさせていただきましょうか」

バッドウィッチ:「ドーモ、バッドウィッチです。おとなしく従えば、優しく扱ってやるよ」

【ダンタリオン】:「おのれ…俺のプロジェクション・ジツを破るとは…!おのれ…!」

センチネルジェリー:レオパルドを守りながら窓の外に違和感やニンジャ存在感がないか確認しています。

ブラストビート:センチネルジェリーにIRC通信だ『ダンタリオンを名乗るニンジャ確保。そちらはどうか』

センチネルジェリー:特に違和感やニンジャ存在感はないですか?

NM:今の所そのような物は感じませんね。なんか窓ガラスが割れたり、爆発が起きたりして野次馬が集まりつつあるぐらいで

ヒットホース:「プロダジェクション・ジツ…。実際恐ろしいジツでした」

センチネルジェリー:『今の所、罠や増援はなさそうです』

NM:先程のアトモスフィアはなんだったのかと言わんばかりに反応なし

センチネルジェリー:『私もそちらへ向かいます』

ブラストビート:『了解。こいつを捕獲してシンジケートに突き出す』

センチネルジェリー:上の階へ。「ドーモ、ダンタリオン=サン。センチネルジェリーです」

ヒットホース:「して、シテンノとやらはどこに?」

【ダンタリオン】:「イディオットめ…!わざわざ貴様らのためにシテンノが来るわけがなかろうが…!今頃はキョートだ…!」

ヒットホース:「なるほど。それは結構。ならばお前に助けは無いわけだ」

ヒットホース:「奴らにトドメをさせなかったのはザンネンでしたね」

【ダンタリオン】:「電撃戦でソウカイヤのニンジャ勢力を潰し…貴様らの首と合わせて12のニンジャの首を手土産に帰ってやろうと思ったのに…おのれ…!」

ブラストビート:「だいぶ派手に暴れてくれたらしいな。お前、楽に死ねると思うなよ」

センチネルジェリー:「……なるほど、UNIXでジツを補助していたというわけですか?」

センチネルジェリー:「となると、もはやあのジツは使えなそうですね」

センチネルジェリー:「通常のゲン・ジツ使いなら意識がある限り何をしてくるかわからないので、何も言わせず頭部を踏み砕いてやろうかと思っていましたが。これは面白くなりそうです」

バッドウィッチ:「まあよく分からんが、君は我々の手柄になってもらう」

ヒットホース:「ですね。ラオモト=サンへの手土産になってもらいましょう」

【ダンタリオン】:「おのれ……!このまま偉大なるロードに不都合な事を喋らされてたまるか……!偉大なるロード・オブ・ザイバツ…バンザイ!

NM:ダンタリオンの目と鼻から血を流す!このまま放っておくとまた何かを…!

センチネルジェリー:オット!絞め落とします。

ヒットホース:「ムッ!?こやつ!」

【ダンタリオン】:「グワーッ!」センチネルジェリーに絞め落とされる!

ブラストビート:「オット、グッドだセンチネルジェリー=サン」

ヒットホース:「最後に力で我々をゲンジツに捕えようとしたんですかね?油断も隙もない」

バッドウィッチ:「自害、って可能性もあったね」

センチネルジェリー:「ソウカイヤにたてついたこと、私達の休暇を邪魔したこと。双方ともに非常に不愉快ですね」

センチネルジェリー:「とはいえ、このジツはなかなか興味深い。徹底的に搾り取った上で、リー先生のところへ送るとしましょう」メンポの下で邪悪な笑みを浮かべる。

ヒットホース:「UNIXを使ったジツですか。興味深い。私も何か使えるようになりたいですね」

ブラストビート:「まあ絞るのは俺達じゃないがな…そろそろ連絡入れとくか」シンジケートにダンタリオン確保の連絡を入れます

ヒットホース:「隊長の昇進明けに良い手柄になりましたね」

NM:しばらくするとクローンヤクザの回収班が車を乗り付けてやってきます

ヒットホース:「スッゾスッゾ」

NM:手慣れた動きで拘束服を着せてトランクに放り込んで運んでくれました

ブラストビート:「オウ、ご苦労さん」

【クローンヤクザ】:「ドーモ、センセイ方。オツカレサマデス!」オジギ!

センチネルジェリー:「ドーモ」

バッドウィッチ:「ドーモドーモ」

センチネルジェリー:おっとこのクローンヤクザはソウカイヤのものかな?一応確認。

NM:クロスカタナエンブレムのネクタイをつけているので間違いありません

NM:さらに別のヤクザがスクリーンを持ってきて君達に見せる

センチネルジェリー:おお。ラオモト=サンかな?

NM:アルマーニスーツを着たラオモトが映っている!ビジネスでトコロザワ・ピラーから離れていたラオモトは多忙なのに連絡してくれたのだ!

バッドウィッチ:「ドーモ、ラオモト=サン」オジギ

センチネルジェリー:「ドーモ、ラオモト=サン。センチネルジェリーです」オジギします。

ブラストビート:「ドーモ!ラオモト=サン!」拳を合わせて礼の姿勢!

ヒットホース:「ドーモ。ラオモト=サン。わざわざご連絡して下さると恐悦です」

【ラオモト】:「ドーモ、罪罰影業組合から襲撃されたらしいな」

【ラオモト】:「首尾は後で報告書を纏めて送れ。ビジネス中故用件だけ伝える」

ヒットホース:「畏まりました。お忙しい中アリガトゴザイマス!」

センチネルジェリー:口を挟まず聞いています。

【ラオモト】:「貴様らチームが未だにあの事務所で過ごしていてはハクがつかん。その上あんな馬鹿騒ぎが起きた場所ではソウカイヤの名に傷もつく。トコロザワ・ピラーの一室を開放した。そこへ引っ越せ。広さや部屋割りは変わらん。次からはそこで待機せよ、よいな」

ヒットホース:「なんと!?」

バッドウィッチ:「ハイ、了解です」

ヒットホース:「もちろんヨロコンデー!」

センチネルジェリー:「ヨ、ヨロコンデー!」

ブラストビート:「ヨロコンデー! アリガトゴザイマス!」

センチネルジェリー:「アリガトゴザイマス!」

バッドウィッチ:「アリガトゴザイマス」ぺこり

【ラオモト】:「引っ越しの支度金と、賞金首を捉えた報奨も送る。以上だ。今後もより精進せよ」

ヒットホース:「ヨロコンデー」

ブラストビート:「ハイ!ガンバリマス!」

センチネルジェリー:「精進します!」

NM:ブツン!とスクリーンがブラックアウトした。直後、キャバァーン!

NM:君達の口座に合計万札260が振り込まれる!一人頭65万!

ブラストビート:ワオ…

ヒットホース:ワオ…

バッドウィッチ:サツバツで4万貰ったんで分けますか

ヒットホース:バッドウィッチ=サンがもらっちゃって良いのでは?

センチネルジェリー:自分はどちらでも。

NM:さらに引っ越し特別ボーナス!一人頭ソウカイトークン20が送られる!

センチネルジェリー:おお!

ブラストビート:ヤッター!

バッドウィッチ:じゃあ貰います

ヒットホース:やったー!家具が買える!

センチネルジェリー:万札22→87 ソウカイ・トークン1→21

バッドウィッチ:万札119

センチネルジェリー:それに加え通常通りのクリアボーナスでもトークンが貰えますね。

NM:です

センチネルジェリー:名声はどうなるのかな。

NM:名声全員+1!

ヒットホース:ヤッター!

センチネルジェリー:名声13→14

ブラストビート:ヤッター!

バッドウィッチ:名声17

NM:レオパルドは名声を貰えませんでしたが、アイテムが贈与されます

ヒットホース:おお!

ブラストビート:20+3+1+1

NM:パーソナルメンポかタクティカルニンジャスーツどっちか選んで

ヒットホース:スーツかなぁ。バンディット=サンとお揃いだよ

ブラストビート:スーツ新調してあげようか

バッドウィッチ:スーツで

センチネルジェリー:権利剥奪は撤回してもいいのでは。

NM:権利剥奪は他ミッションにつれてかれないようにするということでもあるので…

ヒットホース:ですね。それは仕方ない

センチネルジェリー:ふむ。

NM:そのかわり、キンボシボーナスでレオパルドのカラテニューロンワザマエが+1されます

NM:タクティカルニンジャスーツももらった

◆レオパルド (種別:ニンジャ)
カラテ		4	体力		5
ニューロン    	3	精神力		2
ワザマエ		3	脚力		3
ジツ		-
									
◇装備や特記事項
●タクティカルニンジャスーツ:【体力】+1
●常人の三倍の脚力:【脚力】が+1され、
さらに『連続側転』の難易度が【NORMAL】ではなく【EASY】となる。
●権利剥奪:ソウカイミッションへの参加を禁じられている。また、位置情報が常にソウカイヤに通達される
●PTSD:精神力が半分になる。精神集中成功が行えない。
    また、強いショックを受けるとニューロン判定【HARD】に成功しないと一切行動出来なくなる

ブラストビート:ワオ

センチネルジェリー:では、引き続き留守番として頑張ってもらいましょう。

ヒットホース:パワーアップレオパルド!

ブラストビート:D3で能力値決めてたので実質壁突破なのでは?

センチネルジェリー:体力+2で死ににくくなった。

ヒットホース:ミニオンのなかでもかなり強い部類になった

NM:とどめを刺したので経験値を横取り出来たのだ!

ブラストビート:ツヨイユニットで削って成長させたいユニットでトドメを刺す、基本だね!

ヒットホース:やったぜ。トドメだけさしてレベルアップは基本

NM:では、他に何もなければこれにて悪夢の襲撃を終了したいと思います。余暇は4日です

ヒットホース:はーい。大丈夫です

ブラストビート:OKです!

NM:お付き合いありがとうございました。オツカレサマドスエ

バッドウィッチ:オツカレサマドスエ

ヒットホース:オツカレサマドスエ!

センチネルジェリー:オツカレサマドスエ!

ブラストビート:オツカレサマドスエ!

(「悪夢の迎撃」完。「キルゾーン・マザーネスト」に続く)

◆忍◆ ニンジャ名鑑 【ダンタリオン】
ザイバツ・シャドーギルドのマスター階級。カラテは弱くジツ発動の為
対象に一定距離近づき、強力なコトダマ空間処理能力ブースト及びザゼンが必要だが
一度発動すると、シテンノ級ニンジャパーティの投影体を暴れさせ
現実に被害を及ぼさせる恐ろしきプロジェクション・ジツを放つ
◆殺◆

ブラストビート:実際恐ろしいジツであった…

NM:ゲン・ジツ、ユメミル・ジツ、ヒュプノ・ジツ、シャドウトレース・ジツの混合みたいなもの

ヒットホース:超ハイスペックジツ!

ブラストビート:混合した上で割ってないのがツヨイ

NM:ダメージの原理は思い込みの力だ

ヒットホース:思い込でも人は死ぬ。恐るべし

NM:梅干しとレモンの事を思うと涎が出るように、あまりにもリアルなカラテやジツの幻影を食らうとそのとおりのダメージを身体が受けてしまう。そういうのを応用したジツだったんだね



36

west_117

ニンジャスレイヤーRPGリプレイ集③ カチグリ・コロシアム

遂に「シックスゲイツの6人」の一角となったブラストビート、そしてチーム・サキガケ。向かう所敵なしの彼らの前に立ち塞がるは、ザイバツからの刺客、無限に湧き出るバイオスモトリ、秘儀を隠匿するリアルニンジャ。そして…!あらゆるバースを過去にする、最速最強のニンジャ・リプレイ第三巻!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。