見出し画像

ニンジャスレイヤーTRPGリプレイ◆「カチグリ・コロシアム」◆

この記事は、2019/5/23及び2019/5/27及び2019/5/28に行われた「ニンジャスレイヤーTRPG」のセッションのリプレイです

◆前回のセッションリプレイはこちら◆

チーム・サキガケは前回のミッションでダーク・ニンジャから直々にあのサンコン・リチュアル絡みのビジネスを指示された!入念に準備を終え、向かう先はタマチャン・ジャングル!危険と暴力と悪意とお宝の気配がするこの叢林は何が起こるか予測不能!さらに、ジャングルの奥地に隠れ住むカチグリ・ニンジャとは!?都会派のクレバーな戦略とカラテを見せつけろ!

NM:それでは皆様恒例の余暇中の出来事をご通達ください

センチネルジェリー:3日間のスキル獲得トレーニングを行い、トライアングル・リープキックを獲得しました。

◆センチネルジェリー (種別:ニンジャ)        PL:古矢沢
カラテ		8	体力		10
ニューロン    	5	精神力		8
ワザマエ		6	脚力		6
ジツ		4	    
							
◇装備や特記事項
 ◆ジツ:カラテミサイル
 ◆ヒキャク:【脚力】+1、回避ダイス+1
 ◆クロームハート:【体力】+1、【精神力】+1
 ◆第二の心臓:『サツバツ!』の出目6を受けた場合、本来のダメージ+D6ダメージを受けるだけで済む。1回限りの使用
 ◆常人の三倍の脚力:【脚力】が+1され、さらに『連続側転』の難易度が【NORMAL】ではなく【EASY】となる
 ◆パーソナルメンポ:【精神力】+1
 ◆ジェルスプラッシュスーツ:体力+1 連続側転難易度-1 このアイテムはセンチネルジェリー以外装備出来ないし、譲渡出来ない
 ◆DYN(カタナ*2)
 ◆スキル:トライアングル・リープキック
  『連続側転』を使用し、かつその移動中(または移動開始時)に
  必ず一度は壁に接触するように移動した場合に限り、続く攻撃フェイズの
  『近接攻撃』時に、『連続側転』による自発的行動への難易度ペナルティ+1を無視できる
  また、この攻撃時はダメージが+1される
ソウカイヤの精鋭ニンジャ部隊「チーム・サキガケ」のニンジャ。
液体を触媒とした特殊なカラテミサイルの使い手で、卓越したニンジャ脚力と、ジツをサポートするため
独自にカスタマイズされたジェルスプラッシュスーツによってもたらされる機動力を活かした戦法を得意とする。
また、常日頃から可能な限り冷静に大局を見据えられるよう努めているものの、感情のコントロールは不得意で、
たびたび錯乱状態に陥る。サイバネのローンとニンジャスレイヤーによって絶体絶命の状況に追い込まれた経験から、
ミヤモト・マサシが残したコトワザ「死んだら終わり」を座右の銘としており、
恐怖から逃れるための投資を惜しむことはない。

バッドウィッチ:3スロット続けてカラテトレーニングを行い、カラテが11になりました

◆バッドウィッチ (種別:ニンジャ)            PL:ダエキ
カラテ		11	体力		13
ニューロン    	5	精神力		7
ワザマエ		6	脚力		6
ジツ		4	   
							
◇装備や特記事項
 ◆ジツ:ヘンゲヨーカイ・ジツ
 ◆クロームハート:【体力】+1、【精神力】+1
 ◆タクティカルニンジャスーツ:【体力】+1
 ◆連続攻撃2:手番の近接攻撃時に最大で2回の攻撃を繰り出せるようになる。
 ◆ヘビ・カラテ:近接武器、ダメージ1、食らうと次のターンの終了時にさらに1ダメージ(回避不可)
 ◆★肉体破壊:『近接攻撃』時の『サツバツ!』が出目6ではなく出目5以上で発生する。
毒性のカラテを流し込むヘビ・カラテの使い手。ニチョームで刹那的な日々を過ごしていた。
恋愛がらみで死にかけたときニンジャソウルが憑依。その後ソウカイヤの暴力に屈し、
チーム・サキガケに。アベ一休、ケジメド、ニルヴァーナ、ジョイ・ディヴィジョンとか好き。

ブラストビート:三日間のカラテトレーニングでカラテが10→11になりました(失敗蓄積2)

◆ブラストビート (種別:ニンジャ)            PL:jyona
カラテ	        11	体力	        12
ニューロン    	6	精神力		8
ワザマエ		7	脚力		6
ジツ		-	   
※ノーカラテ・ノーニンジャ適用
							
◇装備や特記事項
 ◆連続攻撃2:手番の近接攻撃時に最大で2回の攻撃を繰り出せるようになる。
 ◆タクティカルニンジャスーツ:【体力】+1
 ◆パーソナルメンポ:【精神力】+1
 ◆スキル:我流カラダチ(初期型)	
  精神力を1消費し、【カラテ】判定(Normal)。
  成功すると、【ジツ】:1のムテキ・アティチュードと同様の効果を得る。
 ◆スキル:タツジン(ボックスカラテ)
  『素手』装備時のみ使用可能。他の『連続攻撃+X』系のルールとは重複不可能な『連続攻撃+1』を持つ。
  このスキルを持つキャラは、出目6を1個以上含んで成功した『近接攻撃』のダメージが全て+1される
 ◆スキル:ボックスカラテ連打
  攻撃フェイズ開始時、『攻撃集中』による難易度−1ボーナスを得る条件が整っている場合
  【精神力】1と『回避ダイス』2個を消費して「ボックスカラテ連打」の使用を宣言してもよい。
  この場合、上記の『連続攻撃+1』の代わりに『連続攻撃+2』を得るが、
  この連打時には『サツバツ!』は発生せず、同じ相手に対してしか攻撃を繰り出せない。
  このとき【精神力】を1ではなく2消費した場合、『連続攻撃+2』の代わりに
  『連続攻撃+3』を得られるが闘終了まで『ボックスカラテ連打』を使用できなくなる
 ◆スキル:特殊近接ステップ
  移動フェイズの開始時に使用を宣言する。この手番の移動フェイズ中に
  1マスだけしか移動できなくなるが、タテヨコだけでなくナナメ移動も可能となる。
  加えて、この1マス移動を行った直後の攻撃フェイズで近接攻撃』を行う場合
  移動していないとみなして『攻撃集中』したり移動していないことを
  前提としたスキルの効果を使用できる。他の宣言系移動スキルとは同時使用不可
 ◆スキル:トライアングル・リープキック
  『連続側転』を使用し、かつその移動中(または移動開始時)に
  必ず一度は壁に接触するように移動した場合に限り、続く攻撃フェイズの
  『近接攻撃』時に、『連続側転』による自発的行動への難易度ペナルティ+1を無視できる
  また、この攻撃時はダメージが+1される
 ◆スキル:挑発
  攻撃フェイズ開始時に「その他の行動」として【精神力】を1消費することで
  同じ部屋にいて視線が通っている敵1体は、
  次の手番で可能な限りこのキャラを狙わなくてはいけない
  この挑発効果を回避することはできない。シナリオ中1回限りの使用。
ソウカイヤのニンジャであり、熾烈なボックス・カラテの使い手。
ケチなスラッシャーであったが、49回目のハック&スラッシュ時に重症を負い、
ニンジャソウルが憑依。その後はソウカイヤのスカウトを受け、現在に至る。
数々の任務に出撃し、その功績を認められてシックスゲイツとなった。

ヒットホース:ザゼンしてニューロン11に、そして前回の苦戦を踏まえて、上半身の背中から羽を生やしました

◆ヒットホース (種別:ニンジャ)        PL:黒鷺あぐも 
カラテ		5	体力		13
ニューロン    	11	精神力		7
ワザマエ		7	脚力		10
ジツ		1	   
							
◇装備や特記事項
 ◆ジツ:ヘンゲヨーカイ・ジツ
 ◆フルヘルムメンポ:【体力】+1
 ◆サイバネアイ:【ワザマエ】のみを使用する全ての判定において、振れるダイスが2個増える。
 ◆生体LAN端子:【ニューロン】判定時にダイス+1個、ハッキング時にさらに+2個
 ◆ヒキャク++:【脚力】+2、回避ダイス+2個、連続側転難易度−1
 ◆高機動脚部ユニット:【脚力】+4、『連続側転不可』、『●突撃』自動取得、『●ダッシュ移動』自動取得(移動後に難易度+1で行動可能)
 ◆バイオサイバネ胴体:【体力】+4
 ◆バイオ飛行翼:飛行移動を得る
 ◆飛行移動:判定は必要なく、自動的に成功する。2倍の距離を移動でき、ナナメ移動ができ、他のキャラの場所を通過できる
 ◆重サイバネ化:【体力】+2、電磁弱点1
 ◆薬物依存/バイオインゴット欠乏症:消費アイテムによる【体力】および【精神力】の回復量が−1される
 ◆神経ノイズ/電子幻覚:【ワザマエ】−1回避ダイス-1個
 ◆LAN直結衝動:非戦闘時、直結可能な端子を見たら、どれだけ危険でも迷わずLAN直結してしまう
 ◆自我希薄化:『精神力成功』に必要な【精神力】が1増加
 ◆試作LAN直結ホーススリケンガントレット:遠隔武器、連射2、時間差、マルチターゲット(前提:サイバネアイ)、ダメージ1
                     【装備前提:生体LAN端子】このアイテムはヒットホース以外装備出来ないし、譲渡出来ない
 ◆常人の三倍の脚力:【脚力】が+1され、さらに『連続側転』の難易度が【NORMAL】ではなく【EASY】となる
病弱で歩く事もままならないスウホ少年に父親は老いたサイバー馬を与えた。
そのサイバー馬はもう走れなかったけど、スウホはそれが良かった。スウホは馬が大好きだった。
ヨタモノに襲われた時、スウホは馬と重なり合うように死んだ。
スウホはニンジャになった。馬にもなっていた。自分を馬のニンジャアニマルと思い込んだ彼は
ネオサイタマを自由自在に走り回る。走る喜びを前にすれば歩行者などどうでもよかった。
気付いたらソウカイヤになっていて、「ヒットホース」なる名を与えられたが
きっと競争名みたいなものだろうと思っている。彼にとっては走ることがすべてだ。

バッドウィッチ:凄い事言ってるな

センチネルジェリー:あえて上半身から生やすとは。

ヒットホース:あと、呼びかけても「ヒヒン」と嘶きしか返さない時が度々あるようになりました

ブラストビート:自我が…

NM:キルナインみたいなもんだな!

ヒットホース:キルナイン(馬型)

センチネルジェリー:そういう時はこちらもヒヒンと返せばよいかなとおもったけど、それはそれで流暢な人語でこちらを心配してきそう。

ヒットホース:「どうしたんですか?お疲れですか?」

ブラストビート:「心配してんのはこっちだオラー!?」

NM:アリガトゴザイマス。でははじめさせていただきます

【カチグリ・コロシアム】

マザー・スモトリ事件を解決した数日後。君たちはサンコン・リチュアル計画を進行させる為、ダークニンジャから賜った密書に則り中国地方はタマチャン・ジャングルへと車を走らせていた

ヒットホース:シックスゲイツもいるから運転手付きかしら

NM:最高級ヤクザベンツのサスペンションでも激しい揺れが伴う程のオフロードだ

ブラストビート:高級ヤクザベンツで優雅にスシを食っている

NM:運転クローンヤクザもいます

ヒットホース:ダートだぜ

ブラストビート:シックスゲイツ特典振ってもよかですか

NM:ドーゾ

ブラストビート: 1d6 = (4)

ブラストビート:精神力+1

センチネルジェリー:美味しい。

バッドウィッチ:バッドウィッチは携帯音楽プレイヤーでパンク・ロックを聴いている

ヒットホース:ヒットホースは車に並走して走り、時々空に舞い上がって周囲を警戒します

センチネルジェリー:センチネルジェリーは万全の状態で戦えるように、装備の手入れをしています。

ブラストビート:「結構揺れるな…こんな僻地に本当に遺跡が?」時折窓の外を見る。馬が映る。

バッドウィッチ:「迷子になるなよ、ヒットホース=サン」窓の外に手を振る

ヒットホース:「ご安心を!逸れてもすぐに追いついてみせます!」

タマチャン・ジャングル、それは中国地方の五割を覆う、重金属酸性雨の耐性を得た熱帯雨林やバイオバンブー・バイオパインによって形作られた広大なジャングルである
さらにタマチャン・ジャングルは危険なバイオ動物、バイオ植物、更に薬物やニンジャの恐怖に突き動かされジャングル内を徘徊する蛮族等のあらゆる悪意に満ちた危険が隠れ潜んでいる場所でもある

センチネルジェリー:「昔は、中国地方もここまでジャングルだらけではなかったそうですが、こうなると、かつて栄えていた地域も、元々ジャングルだった地域もなかなか区別がつきませんね」

ヒットホース:「そうなのですか。見渡す限りバイオバンブーやバイオパインばかりで文明の痕跡は分かりませんね」

ブラストビート:ヤクサベンツの走破性スゴイな…密林を走れるとは…

NM:ただのベンツじゃなくてヤクザベンツだからね

ヒットホース:流石のヤクザベンツ。ビルも崩壊させるからね

NM:ジープの方がずっといいのは言わぬが花

ヒットホース:それね

センチネルジェリー:「なんでも、中国地方ではかつて大規模な工業プロジェクトが推し進められており、その失敗と共に過疎化が進んでこうなったんだとか」

ブラストビート:「ほう。兵どもが夢の跡…ってか」

センチネルジェリー:「しかし、工業プロジェクトが推し進められていたのも、そこまで遠い昔のことでもないでしょうに。文明というものはかくも脆いものか」

バッドウィッチ:「時代が進んで、いつか全部ぶっ壊れる時が来るんだろうねえ……」ヘッドフォンを外す

センチネルジェリー:「ショッギョ・ムッジョな」

バッドウィッチ:(さて、ソウカイヤは何時まで続くかな?)

ヒットホース:「ふーむ…歴史を感じます」(分かってない)

このジャングルの奥深くにサンコン・リチュアルの儀式の一つを持つカチグリ・ニンジャが潜んでいる
君たちの任務はこのカチグリ・ニンジャからサンコン・リチュアルのマキモノを奪うことだ
……やがて、車はタマチャン・ジャングルの入り口で止まった。ここからは車を進める事は出来ない

ブラストビート:「流石に、これ以上は進めねえか。よし、降りるぞ」

センチネルジェリー:「今回のミッションも、誰一人欠けることなく終わらせたいものです」

【運転ヤクザ】:「センセイ方、ヨロシクオネガイシマス」

ヒットホース:「了解です。ジャングルだろうと駆け抜けてみせます」

ブラストビート:「ヨーシ、シマッテコーゼ!」

バッドウィッチ:「ガンバロ」

センチネルジェリー:「了解!」

ブラストビート:というわけで草葉をかきわけ密林にエントリーだ

センチネルジェリー:「注意は一秒、後遺症が死ぬまで……」周囲を警戒しながら隊長についていきます。

バッドウィッチ:普段着だった赤い服が変形。魔女風ニンジャ装束に。

ヒットホース:「うーむ、木々が邪魔で飛ぶには不向きですねぇ」新しく生やした翼なので使いたいようだ

NM:では君たちはタマチャン・ジャングルへと足を踏み入れた。ジャングルはとても広大で無線LANどころか磁石すら効かず何が起こるか全く予測が出来ない

バッドウィッチ:「騎兵は森の中じゃ不利だっていうよなあ、そーいえば」

ブラストビート:「うちの騎兵には羽が生えてんだ。ダイジョブダッテ」

ヒットホース:「なんと…!私が馬であることが裏目に出るとは。…馬単体でも騎兵でいいんでしょうか?」

バッドウィッチ:「木の上空から偵察とかできない?」

センチネルジェリー:「敵地なので仕方ないことではありますが、フーリンカザンを味方に出来ないのはなかなか厳しいですね」

バッドウィッチ:「こんだけ密生してたらむりかあ」

NM:しかしニンジャである君たちはこのジャングル全域に動くものの気配、悪意、危険、お宝の気配を感じ取る事ができる

ヒットホース:「さっき森の外で見た限りだとバンブーとパインばかりでしたねぇ」

ブラストビート:「その場その場で対処するしかないな…厳重警戒だ」

NM:君たちは毎回代表者を一人選びます。その代表者は2d6を振ってください。その2つのダイスの出目により様々なイベントが発生します

ヒットホース:おお?スゴロク形式!

ブラストビート:ワオ。NMにも予測不能な

NM:イベントをこなす毎に先に進むことが出来ます

ヒットホース:なにがでるかしら

NM:イベントを突破し、ダイスを振るまでにアイテムを使用することは可能です

ヒットホース:順番こかな

センチネルジェリー:そうなりそうですね。

NM:順番は相談して決めてくださいね

ブラストビート:では一番最初は私が振ろう

ヒットホース:合間合間に回復はできると。ドーゾ!

バッドウィッチ:隊長だね

センチネルジェリー:よろしくお願いします!

ブラストビート: 2d6 = (1+6)

ブラストビート:とても普通

バッドウィッチ:おお、ラッキー感がある

NM:ホントはd66にしたかったんだけど反応しないっぽいからね

センチネルジェリー:どうなるかな。

NM:そしていきなり出しおった

ヒットホース:MAXとMINのMIX

ブラストビート:何が…?(恐怖)

ヒットホース:なんと…?(怯え)

センチネルジェリー:NMにも制御不能な危険と報酬。スリルがあるなあ。

ブラストビートが歩いているとバイオバンブーとバイオパインに囲まれた極小さい土地に何かを埋めたような痕跡を発見する
人が3人も入れば一杯になってしまうほどの狭い土地だ
動物が埋めたような感じではなく、明らかに人為的なものだ

ブラストビート:「ここだけ土が新しい…何かを埋めたのか?」

NM:ニンジャ第六感は危険を告げていない。君たちは寄り道して掘り上げてもいし、無視して先にすすんでもいい

ブラストビート:掘ってみようか

センチネルジェリー:「何か見つけたんですか?」隊長に駆け寄り、地面の痕跡を覗き込む。

バッドウィッチ:掘ってみましょう

ヒットホース:「これが噂に聞くタイムマシンというやつですか」

バッドウィッチ:「それだ」

ブラストビート:「ここに何かが埋まってる…ちょっと手伝え」

ブラストビート:地面を掘ります

センチネルジェリー:手伝います。

バッドウィッチ:手伝う

ヒットホース:蹄でほります

NM:では君たちが30cm程地面を掘ると…

*ガチン*

NM:硬い手応えがあった。掘り上げると、それはアタッシュケースだった

バッドウィッチ:「……うん? どこかのカイシャの汚いマネーな?」

ヒットホース:「これはまたジャングルっぽくないものが出てきましたね」

ブラストビート:「実にそれっぽいケースだな…開けてみるか」

NM:ケースの中には万札束、コーベイン、未公開株券、小粒な宝石などが詰まっている!おそらくメガコーポの不良役員が溜め込んだ隠し財産だろう!

ブラストビート:「ワオ。大当たりだぜ」

ヒットホース:「これはラッキーですね!」

センチネルジェリー:「実際、未公開株券の隠し場所にはいい土地ですね。ですが、これを埋めた人は運が悪かった」

バッドウィッチ:「よくまあこんな場所に……」

NM:万札120の価値はある財宝だ!

バッドウィッチ:ワオ

ヒットホース:わお!?

センチネルジェリー:スゴイ!

ブラストビート:思ったより凄かった

NM:贈与税もかからない完全隠し財産だからね!君たちは好きなだけ懐に収めてよいです

ヒットホース:「金は天下の回り物といいますからね。有難く頂いておきましょう」そそくさと翼の中にしまう

センチネルジェリー:「ミッションに直接関係はないですが、これをそのままにしておくという手はないですね!」大喜びで万札を掴んで懐にしまいます。

ブラストビート:「これだけでもこんな僻地にきたかいがあったってもんだぜ」

センチネルジェリー:「……一応、ゲン・ジツを疑うのも忘れないでおきましょうか」空になって地面に転がっているアタッシュケースを見下ろしながら、ふと冷静になって周囲を見渡します。

ヒットホース:「ふふふ。センチネルジェリー=サンは流石に冷静ですね」

センチネルジェリー:「ありがとうございます。ヒットホース=サン」

ブラストビート:「さて、こんなところで油売ってる場合じゃねえ。先へ進もうぜ」

NM:現在の進行度:6.25%

NM:では、次の代表者は2d6をドーゾ

ヒットホース:ジェリーの番だ

センチネルジェリー:大丈夫ですか?

バッドウィッチ:okです

ヒットホース:どーぞ

ブラストビート:OK

センチネルジェリー:では。

センチネルジェリー: 2d6 = (1+6)

ヒットホース:おう!?

ブラストビート:笑う

センチネルジェリー:あれっ。これは。

NM:おんなじのはさすがにアレなので反転させます

センチネルジェリー:アッハイ。

ヒットホース:ラジャー!

NM:次からも以前出たものが来たら適宜調整するのであしからず…

ブラストビート:運命変転!(ソドワ並感)

バッドウィッチ:人間だ!

NM:君たちが歩いていると…センチネルジェリーは何かに躓いて一瞬バランスを崩す

センチネルジェリー:「アイエッ」慌てて口を押える。

ヒットホース:「おっと、大丈夫ですか」

センチネルジェリー:「なんでしょうか。今、何かが……」下を見ます。

NM:足元を見ると大きく棘棘した丸い物体に剣状に生えた葉が生えているものが転がっていました

センチネルジェリー:栗かな。

NM:パインアップルのようです。しかもバイオではなく貴重なオーガニックだ!

センチネルジェリー:なるほど!

ヒットホース:オーガニックもあったのか!

ブラストビート:パイナポー!

NM:持ち運び可。食べると精神力が1回復する。ネオサイタマに持って変えれば万札8の価値はあるだろう

センチネルジェリー:そこそこ。

ヒットホース:結構良いお値段

ブラストビート:「さすがジャングルだ。オーガニック・パインアップルとはな」

ヒットホース:「オーガニックまであるとはホントに豊かな自然が残ってるんですね。それも前のダンジョンと似てますね」

センチネルジェリー:「実際、前のアワビは高く売れましたね」

ブラストビート:「折角だ。持って帰っちまおう」「いざとなりゃあ食ってもいいしな」

センチネルジェリー:「隊長に賛成です」

バッドウィッチ:「じゃあ、先に進みますか」

NM:現在の進行度:12.5%

バッドウィッチ:振ります

バッドウィッチ: 2d6 = (1+2)

ヒットホース:なにがでるかな?

NM:では君たちの周りの茂みがかすがにガサガサと揺れる…君たちのニンジャ第六感が何らかの敵意を知らせている

センチネルジェリー:武器を構えます。

バッドウィッチ:「む。タイガーかなんかか?」カラテ警戒

ヒットホース:「ヌッ、何奴!」

センチネルジェリー:「バイオ生物か、それとも……?」

ブラストビート:「野生動物か…?」

NM:君たちの警戒態勢を見て木の上や茂み、木の陰から何者かが飛び出す!

それは屈強そうな人間の男達のように見えた。頭髪と髭は何十年も手入れしていないかのようにぼうぼうだ
さらに、奇妙なことに時代遅れのTシャツやスポースウェア。果ては女物の上着やアクセサリー等を付けているものもいる
そのどれもが錆びた鉄のような色に染まって薄汚れていた

ブラストビート:蛮族だー!

バッドウィッチ:「ハハァ」バッドウィッチは挑発的に笑みを浮かべる

ブラストビート:「アー、言葉分かるか? 俺達は敵じゃない…今のところは」

NM:こいつらはこのジャングルに興味本位で入った観光客や探検隊を襲い、奪った衣服を身にまとっているのだ!

【蛮族】:「バレチマッタゾ!」「トガイモンサウテ!」「イゴロセ!」「バラシテクゾ!」「ヤイテクゾ!」「メスダ!」

センチネルジェリー:「過疎化していく土地に取り残された人々にしては、ちょっと文明から離れすぎていますね」

ヒットホース:「これは…前衛的ファッション蛮族!」

センチネルジェリー:メス……?

ブラストビート:「ダメだな。完全にイッちまってら」

NM:蛮族たちはその数的有利さと地形的有利さを活かして弓矢を放つ!矢が君たちに降り注ぐ!

ヒットホース:「我々に牙をむけるとは、相手との力量差も分からぬ獣であったか」

NM:君たちはニンジャなので連射2時間差扱い回避難易度NORMALで避けてください

NM:全員です。避けることに成功したらこいつらを好きに嬲ってよろしい

センチネルジェリー:ニンジャの力を見せつけて神様や精霊の類だと思ってもらうのがいいかな。

ブラストビート: 6d6 >=4+5d6 >=4 = (4 4 6 4 1 1, 4成功) (6 4 4 4 4, 5成功)

ヒットホース: 6d6>=4+6d6>=4 = (6 6 3 3 4 2, 3成功) (1 3 4 3 6 2, 2成功)

センチネルジェリー: 5d6>=4+4d6>=4 = (1 2 6 2 6, 2成功) (5 2 1 1, 1成功)

センチネルジェリー:アブナイ!

センチネルジェリー:「イヤーッ!」得物を高速回転させて弓矢を弾く!

バッドウィッチ: 6d6 >=4 + 5d6 >=4 = (3 6 4 5 3 5, 4成功)+ (6 5 3 3 4, 3成功)

バッドウィッチ:腕の一振りで矢をはじく

ヒットホース:「イヤーッ!」バイオバンブーを蹴って上空に避難

ブラストビート:「イヤーッ!」迫る弓矢を掴み取る!掴んだ弓矢を握力粉砕!

【蛮族】:「ヨゲヤガッタ!」「トガイモンノクセニガ!」「ドスベカ!?」「シタッケ…!」

NM:蛮族共は次元を超えた回避行動に動揺しているようだ

ブラストビート:「宣戦布告ってことだな。受けて立つぜ」

センチネルジェリー:「あー、おとなしくしろ!我々はニンジャである!」仰々しい態度で蛮族を脅します。

【蛮族】:「ナニイッデンダベカ!?」「ニンジャダド…」「ニンジャノニグサクエバニンジャにナレッド!」「ホンドガ!?」「ヤルド!」

NM:センチネルジェリーの言葉を無視して君たちに飛びかかってくる!だが、矢を打ち尽くした蛮族等君たちにとっては物の数ではない

センチネルジェリー:反撃します。一応、イニシアティブ順に攻撃するのがいいかな。

NM:クローンヤクザよりも弱いのだ。判定なしで大群を始末してよろしい

ブラストビート:雑魚オブ雑魚だった

センチネルジェリー:了解。

ヒットホース:「タイガーの尾を踏んだことを後悔するがいい!」上空からサイボーグ馬質量が落下してくる!蛮族の頭蓋粉砕!

ブラストビート:「イヤーッ!蛮族どもが!」迫る蛮族に高速ストレート!胴体貫通殺!

センチネルジェリー:「イヤーッ!」蛮族の首を切断!「イヤーッ!」蛮族の胴体を切断!「イヤーッ!」蛮族の心臓を粉砕!木々の間を高速で飛び回りながらの3次元的殺戮!

【蛮族】:「「「「「アバババババーッ!」」」」

NM:十数秒後、今この場で君たちを立ちはだかる者は居なくなった

バッドウィッチ:「おおー、センチネルジェリー=サンやるなあ」

センチネルジェリー:「実際、いい準備運動になりました」

ヒットホース:「愚かな…。ハイセンスだったのは衣装だけでしたね」

ブラストビート:「やれやれだ。さっさと先へ進もうぜ」

NM:現在の進行度:18.75%

ヒットホース:では進行振りますね―

ヒットホース: 2d6 = (1+2)

ヒットホース:んんん?

ブラストビート:なんか今日このパターン多くない…?

ヒットホース:今日はそういう日なのかな?

NM:こういうときにそういう日にならんでも…まあ、どうにでもなるのだ!

NM:では、血払いを行いながら先に進むと…今度はヒットホースのすぐ近くの茂みが大きく揺れる!

ヒットホース:「ヌッ!まだ生き残りがいたか!」

【バイオパンダ】:「パンダァァァァァァ!」野生化したバイオパンダだ!太い腕と凶悪な爪がヒットホースに迫る!

センチネルジェリー:「バイオパンダだ!」

ヒットホース:「今度の蛮族はパンダそっくりですねぇ…」猫熊対馬

NM:カラテ連続攻撃2扱いです。ヒットホース=サンは回避してください。回避に成功したらバイオパンダをやっつけることができます

ヒットホース: 6d6>=4+6d6>=4 回避 = (3 6 4 3 4 1, 3成功) (2 5 6 6 5 2, 4成功)

ヒットホース:成功!「イヤーッ!」左腕を受ける!「イヤーッ!」右腕を受ける!そこに4本の足で組みつく!

ブラストビート:「バイオパンダ! 大丈夫…みたいだな、ヒットホース=サン」

【バイオパンダ】:「パンダァァァァァァ!?」パンダの爪パンチは両方共空を切った!ヒットホースのあの大きさでは普通ならあんなに俊敏に動けないはずなのに!

ヒットホース:「イヤーッ!」4つ足パウンド!バイオパンダは真っ赤に染まった

【バイオパンダ】:「フゴーッ!」バイオパンダはばらばらになった

バッドウィッチ:「ヒットホース=サン……ひ弱な君がここまでになるとは。お兄さんは嬉しいぜ」

センチネルジェリー:「もうどこからみても立派なペガサスですね」

ヒットホース:「フーッ、馬は熊よりも強い。これがジャングルの掟です」

ブラストビート:「悪いな、うちの馬は特定外来生物なんだ」

ヒットホース:「お二人ともありがとうございます。これからも馬に邁進していきますね!」

センチネルジェリー:「外来生物による既存種の駆逐」

ヒットホース:危険外来生物じゃん

NM:現在の進行度:25%

センチネルジェリー:では、一周回って隊長ですね。

ブラストビート:では振ります

ブラストビート: 2d6 = (5+4)

NM:では君たちは再びジャングルを歩く

ジャングルは湿気も高く風通しも悪く蒸し暑い
更に小虫が顔や体にまとわりつきニンジャであっても少しずつストレスが蓄積していくかのようだ

ヒットホース:「羽虫が五月蠅いですね…」尻尾で身体にまとわりつく羽虫を叩く

センチネルジェリー:イライラした様子で、なんとなく得物を振り回します。

ブラストビート:羽虫を拳で叩き落しながら進む

バッドウィッチ:(この服暑い……)

センチネルジェリー:ほんのりと発光するジェルに虫が集まってくる。

ヒットホース:光ってるから虫よってきちゃうかー

センチネルジェリー:感情が高ぶるとさらに光がまし、さらに虫が寄ってくる悪循環。

NM:その時だ!

【バイオキジ共】:「「「「ケケーン!」」」」獰猛な叫び声をあげ、木々の隙間から巨大な影が飛び出し、君たちに向かってきた!

ヒットホース:「ヌッ、何奴!」

NM:ナムサン!それはスクラップ場のハンター、バイオキジだ!ジャングルでもけして油断できない相手だ!

ヒットホース:「キジも鳴かずば撃たれまいに」ホーススリケンガントレットを構える

NM:巨大な質量と勢い、そして上空から襲ってくる爪と嘴!

NM:カラテ連続攻撃2 回避難易度HARD 対象は全員だ!

センチネルジェリー:ダメージは1ですか?

NM:1です

ブラストビート:「バイオキジか!こんなところにも生息してんのかよ!」

ヒットホース: 6d6>=5+6d6>=5 回避 = (3 5 1 4 3 2, 1成功) (4 6 4 2 3 5, 2成功)

センチネルジェリー: 5d6>=5+4d6>=5 回避 = (3 3 6 1 2, 1成功) (1 2 4 4, 失敗)

ブラストビート: 5d6>=5+6d6>=5 = (3 6 5 2 5, 3成功) (3 1 3 3 3 2, 失敗)

センチネルジェリー:「グワーッ!」虫に気を取られ、咄嗟に反応できない!

バッドウィッチ:「暑い、暑い……こんな時はカラテだな。イヤーッ!」弾く!

ヒットホース:「イヤーッ!飛べるのは貴様ら鳥類だけではないぞ!」

バッドウィッチ: 6d6 >=5 + 5d6 >=5 = (2 2 1 6 5 1, 2成功)+ (4 4 5 6 5, 3成功)

ブラストビート:パインもあることだしムテキします

ブラストビート:「鳥風情が!ハーッ!」我流カラダチ!ダメージ軽減1を得る!ダメージ無効!精神力9→8

【バイオキジ共】:「「ケケーン!?」」攻撃が謎のカラテで弾かれ動揺するバイオキジ!

ブラストビート:「イヤーッ!」反撃!バイオキジ粉砕!

センチネルジェリー:アワビライフパールで回復してもいいですか?他の人にも使えるので一応聞いておきます。

バッドウィッチ:ダイジョブです

センチネルジェリー:好きなタイミングで回復できるので、後でもいいですが、展開的には今使うのが自然そう。

ヒットホース:どーぞ!

センチネルジェリー:ジェルスプラッシュスーツの胸部から光が漏れ、キジに切り裂かれた部分が玉虫色の泡に包まれ、再生していく。

【バイオキジ】:「「ケケーン!?」」切り裂き肉をついばもうとしたのにあっという間に傷が塞がった!?

センチネルジェリー:「チェルワレッケオラー!?畜生が!何してくれてんだ!?ザッケンナコラー!?」ヤリでバイオキジを貫く!デンガク・ザシ!

【バイオキジ】:「「「「ケケーン!」」」」一瞬で貫かれ、キジ・バーベキュー串になってしまった!ナイスクッキング!

センチネルジェリー:体力9→10 ライフカウンター2→1

ヒットホース:「お二人とも喰らおうともなんともないですね」

ブラストビート:「シックスゲイツが鳥に遅れをとってたまるかよ…」

NM:現在の進行度:31.25%

ヒットホース:3割だ。お次はなんだ

センチネルジェリー:では、自分か。

センチネルジェリー: 2d6 = (4+4)

センチネルジェリー:なかなか危険さを感じる数値。

ヒットホース:天井落下かな?

NM:今回はイベントの位置もランダムに決定したのでゲンも担げてないのだ!

ヒットホース:ナンダッテー!

NM:では、身体を動かし傷を負いかねなかった君たちは多少ストレスを発散し、気を引き締めて進む

NM:そんな時、センチネルジェリーがふと、上を見上げると文献で読んだことのある果物を発見した

ブラストビート:…なんだ!?

ヒットホース:これは…なんだろ?

センチネルジェリー:「おや、あれは」なんだろう。

NM:これはオーガニックパンノキだ。南国に生える木で実はブレッドフルーツと呼ばれている

NM:果肉を蒸し焼きもしくは丸焼きにして食べると芋のような味のする栄養価の高い果物である

ヒットホース:おお、パンノキか

NM:しかもオーガニックである

ブラストビート:パンノキ!名前は聞いたことあるぞ

センチネルジェリー:名前は割と有名だけど詳細がよくわからない植物。

NM:戦闘中に食す事は出来ないが、非戦闘時に簡素な調理をして食べれば体力を1回復することが出来るだろう。ネオサイタマに持って帰れば万札8になる

センチネルジェリー:空を飛んで取ります。

ヒットホース:良いお値段するな~

NM:あまり市場に出ない果物な上にオーガニックだからね

バッドウィッチ:「フム……うまそうだ。売るのがもったいない」

センチネルジェリー:「オーガニックな自然も、わりかし残っているものなんですねえ」

ヒットホース:「これもこの地にいるリアル・ニンジャの影響なんでしょうか」

ブラストビート:「わからんが、有用な物であることは確かだ。持っていこう」

バッドウィッチ:「じゃあ、前進」振ります

NM:現在の進行度:37.5%

バッドウィッチ: 2d6 = (5+5)

バッドウィッチ:ゾロ目

ブラストビート:ゴリティカルだ。ゴリラが出てくるに違いない

NM:ゴリラはいる。だが…

ヒットホース:ゴリラはいる(突如明かされる衝撃の真実)

NM:君たちがジャングルを歩いているとガサガサガサガサと茂みの音とは異色の音がする。音は次第に近づいてくるが方向が特定出来ない

バッドウィッチ:「おっと、ゴキブリか何か?」カラテ警戒

センチネルジェリー:方向が特定できないなら、全員で背を合わせるべきかな。

ヒットホース:「このジャングルは不可思議な生物ばかりですね…」

NM:バッドウィッチの予想は的中した。30cm程あるバイオローチの群れが食べられるものを求めて君たちへ群がってくる!

NM:さらに後方に位置する後方のバイオローチは羽を広げ飛び上がりながら君たちの顔へ向けて突撃してくる!

バッドウィッチ:「うげえ、焼き殺してえ」迎撃!

ブラストビート:「気色悪い!ぶっ潰してやる!」

ヒットホース:「あれは一部では最速の生物と目されるローチでは!?負けませんよ!」

NM:いかなニンジャであろうと簡素ではあるが嘔吐を催すような悍ましきジゴクに君たちは突如放りこまれてしまった

センチネルジェリー:「デ……デカい!まさか、ここまで大きく成長するものだとは……!?」

NM:君たちは強制的に精神力が1減少する

センチネルジェリー:痛い!

ヒットホース:うわぁ…

NM:さらにカラテ連続攻撃3難度NORMAL

ヒットホース:しかも強い!

センチネルジェリー:精神力8→7

NM:対象は全員です

バッドウィッチ:時間差ですね

NM:時間差です

ヒットホース:なんたる厄介な生き物なのだ!

ブラストビート:滝に続く難関ギミック来たな…

NM:伝説的大きさな上に恐ろしいほどの数だ!それは爆発的に増殖する

センチネルジェリー: 3d6>=4+3d6>=4+3d6>=4 回避 = (4 6 4, 3成功) (4 4 6, 3成功) (4 3 4, 2成功)

ブラストビート: 4d6>=4+4d6>=4+3d6>=4 = (2 5 4 2, 2成功) (3 5 4 4, 3成功) (1 4 6, 2成功)

ヒットホース: 4d6>=4+4d6>=4+4d6>=4 回避 = (6 6 2 6, 3成功) (1 6 4 1, 2成功) (5 6 2 2, 2成功)

センチネルジェリー:「イヤーッ!イヤーッ!イヤーッ!」撃ち落とす!撃ち落とす!撃ち落とす!

ヒットホース:よしっ

バッドウィッチ: 3d6 >=4 + 4d6 >=4 4d6 >=4 = (5 6 6, 3成功)+ (1 3 4 2, 1成功)(1 3 1 1, 失敗)

バッドウィッチ:「ウェー……気持ち悪……」カラテが鈍り、顔面に一撃貰う!「最低」

センチネルジェリー:サンシタだったら喰い殺せるな、この群れ。

ヒットホース:「我がイダテンはおぞましき生物にも負けはしない!」全力で引き撃ちして次々撃ち墜す!

ブラストビート:「纏わりつくな!イヤーッ!」片っ端から叩き潰す!

NM:サンシタは覚悟を持ってジャングルの奥地に挑まねばいけない

NM:現在の進行度:43.75%

ヒットホース:ジャングルこわ…帰っパ…では振りますね―

ヒットホース: 2d6 = (6+5)

NM:おっ噂をすれば

ヒットホース:えっまさか

センチネルジェリー:先にバッドウィッチ=サンにパンノキの回復をしてもらってもいいですか?

NM:ドーゾ。やいてたべてね

ヒットホース:ジョウズニヤケマシター

センチネルジェリー:では、イカの前例もあるしヒットホース=サンに焼いてもらおうかな。

バッドウィッチ:じゃあ火を起こし、焼き炙り、咀嚼。この間10分

センチネルジェリー:ヒットホース=サンはそれでいいですか?

ヒットホース:いいですよー!

バッドウィッチ:体力13

ヒットホース:もう食べてた!OK!

センチネルジェリー:「ヒットホース=サンの調理はやはり手際がいいですね」

ブラストビート:ウマ'sキッチン

バッドウィッチ:「ヒットホース=サン、人間性をね、こう、保って」

ヒットホース:「はい。私は馬ですが、人間性も大事にしていきますね。ヒヒン」

NM:では、バイオローチの群れを撃退し、一息つき終わった直後。ずん、ずんと音を立てて黒い巨体の群れが自信たっぷりに君たちに近づいてくる

【バイオゴリラ】:「ホキャアアアアアアッ!」バイオ筋力増強を施しているバイオゴリラだ!その腕は丸太の様に太く凄まじい

ヒットホース:「パンダの次はゴリラですか。まるで動物園ですね」馬のシルエットのニンジャは真顔で言った

NM:彼らもオーガニックパンノキの匂いに誘われてやってきたのだ!彼らはバイオローチに食料を奪われており大変機嫌が悪い!

バッドウィッチ:「ああ、ゴキブリよりだいぶマシだ」

センチネルジェリー:パインで懐柔できないかな、したとしてもあまり意味はないか。

【バイオゴリラ】:「ホキャッ!ホキャアァァァッ!」その巨体からは信じられない程俊敏な動きで木々を飛び跳ね、地を掛け君たちに攻撃を仕掛けてくる!

NM:その動きはまるでカラテの如し!近接攻撃難度HARD連続攻撃驚異の3です

センチネルジェリー:アイエエエ!

NM:回避成功したらゴリラを倒せます

ヒットホース:ゴリラこわーい!

センチネルジェリー:ダメージは1ですね?

NM:1です

ブラストビート:ゴリラつよし

バッドウィッチ:回避

ブラストビート: 4d6>=5+4d6>=5+3d6>=5 = (4 6 3 6, 2成功) (3 5 1 2, 1成功) (1 6 6, 2成功)

ヒットホース: 4d6>=5+4d6>=4+4d6>=5 回避 = (6 5 4 4, 2成功) (4 1 3 3, 1成功) (1 3 3 2, 失敗)

バッドウィッチ: 4d6 >=5 + 4d6 >=5 + 3d6 >=5 = (1 4 1 3, 失敗)+ (3 1 1 5, 1成功)+ (4 3 2, 失敗)

ヒットホース:1発貰ったか

バッドウィッチ:二発

センチネルジェリー: 3d6>=5+3d6>=5+3d6>=5 = (1 1 4, 失敗) (6 2 4, 1成功) (1 3 4, 失敗)

センチネルジェリー:「グワーッ!?グワーッ!」2発!体力10→8

バッドウィッチ:「ああ畜生、暑くてゴキブリの感じ、グワーッ!」 体力11

【バイオゴリラ】:「ホキャッ!ホキャアァァァッ!ホキャッ!」拳が、爪が、巨体のタックルが君たちを襲う!

ブラストビート:「イヤーッ!イヤーッ!」迫るバイオゴリラと本気の打ち合い!強敵!

NM:しかし、最初の攻撃さえ凌げば君たち歴戦のニンジャは動きの単調さを即座に理解し、対応出来る!

センチネルジェリー:「ゲホッ、クソッ……」

バッドウィッチ:「ああ、ふがいねえカラテだ、僕のは……イヤーッ!」気を取り直して反撃!

ヒットホース:「イヤーッ!イヤーッ!グワーッ!強者から食べ物を奪おうとは許せん!弱肉強食の理にひれ伏せ!ブルルーッ!」馬とゴリラが食事を巡り激突!

【バイオゴリラ】:「グオー!?」君たちの鋭くそして力強いカラテをもろに喰らい吹き飛び木に叩きつけられる!

NM:そしてゴリラ達は最初とは打って変わって狼狽したように踵を返し慌てて逃げていった

センチネルジェリー:「大丈夫ですか?バッドウィッチ=サン」近づいてアワビライフパールで体力を回復します。ライフカウンターではなく自身の体力を1消費。玉虫色の泡が傷口を覆い、再生します。

ヒットホース:「ヒヒーン!」生存競争に勝ったヒットホースは勝利の雄たけびを上げる

センチネルジェリー:体力8→7

バッドウィッチ:「ありがとう、センチネルジェリー=サン。この借りはカラテで返すよ」

センチネルジェリー:「こちらこそ、いつもバッドウィッチ=サンのカラテにはお世話になっているので」オーガニックスシを消費。体力7→10

センチネルジェリー:バイオパインも食べておいていいですか?

センチネルジェリー:万札8にもなるので悩ましいけど、死んだら終わりなので、そこで欲張るのはまずいともいえる。

ヒットホース:4人で分けたら万札2ですしねー

ブラストビート:今更万札8にこだわる必要もあるめえ

センチネルジェリー:そうですね、スシのデザートとして食べておきます。

ブラストビート:食っちゃえ

センチネルジェリー:精神力7→8

ヒットホース:120万も手に入りましたからねー!

センチネルジェリー:全回復!

NM:現在の進行度:50%

NM:では代表者は再び2dをふるのです

ブラストビート:一周回って私かな

センチネルジェリー:そうなりますね。

ブラストビート: 2d6 = (3+2)

NM:では君たちはジャングルを歩き続ける

当たり前だがジャングルでは多数の植物が育っており、葉は茂り空すら見えない
この暑さと湿気では普段気分を滅入りがちにさせるネオサイタマの曇天の空も恋しくなるほどだ

NM:そして、そんな君達のうっへりとした気分を引き締めるかのようにニンジャ第六感が危機を告げる

木々の葉の隙間から球体のようなものがバラバラと大量に降ってきた!
ニンジャ動体視力に優れた者はこれがバイオマツボックリであることが分かるだろう!これは衝撃を与えると炸裂する天然の爆弾だ!

NM:君たち全員は難易度HARDで回避すること。回避に成功したら1ダメージ、失敗したら2ダメージを受ける!

センチネルジェリー: 9d6>=5 = (1 5 5 5 3 4 5 1 4, 4成功)

ブラストビート:成功しても1ダメージなのか…やはりニンジャよりギミックのが強い

センチネルジェリー:成功。体力10→9

ブラストビート: 11d6>=5 = (6 4 4 3 5 4 4 6 1 3 4, 3成功)

ブラストビート:成功、体力11→10

ヒットホース: 11d6>=4 = (5 3 3 1 1 1 3 6 4 5 4, 5成功)

バッドウィッチ: 11d6>=5 = (4 5 6 1 2 6 6 1 2 3 3, 4成功)

ヒットホース:体力12-11

センチネルジェリー:「アブナイ!」加速して避けようとするも爆風を浴びる!

バッドウィッチ:体力11

ヒットホース:「イヤーッ!」咄嗟に避けるも散弾状にばら撒かれる傘を避けきれない

バッドウィッチ:「まったく刺激的な冒険だぁ」額から血を流しながら

ブラストビート:「グワーッ!?なんなんだこのジャングルは!」

NM:しかし、いくらバイオマツボックリの爆発といえど通常であればニンジャ瞬発力の前には無力のはず…これは明らかに人為的にバイオマツボックリを集め罠として用意していたに違いない

ヒットホース:「自然とはなんとも過酷な環境なのですね」

センチネルジェリー:「カチグリ・ニンジャとやらの仕業でしょうか?もしそうなら、リアルニンジャが姑息な真似を」

センチネルジェリー:「先程遭遇したような蛮族の仕業という可能性もありますね」

NM:現在の進行度:56.25%

センチネルジェリー:では自分ですね。

センチネルジェリー: 2d6 = (4+3)

NM:では君たちは警戒しながらジャングルを進む…トラップは切り抜けたはずだが依然ニンジャ第六感は危険を告げている

NM:君たちはワザマエNORMALでニンジャ第六感を正しく活かせたか判定しなければいけない。全員です

センチネルジェリー: 6d6>=4 ワザマエ = (5 2 6 4 5 2, 4成功)

センチネルジェリー:成功。

ブラストビート: 7d6>=4 ワザマエ = (1 6 5 2 2 5 2, 3成功)

ブラストビート:成功

バッドウィッチ: 6d6 >=4 = (4 5 6 3 6 3, 4成功)

バッドウィッチ:成功

ヒットホース: 7d6>=4 = (6 1 3 1 1 4 1, 2成功)

ヒットホース:成功

NM:では優秀なソウカイ・ニンジャパーティの君たち全員はこの辺り一体に複数の落とし穴が仕掛けられていることが分かった

NM:うっかりハマれば底に仕掛けられた毒付きタケヤリによってキリタンポめいた姿になっていただろう

ヒットホース:「道に穴を開けるとはなんと邪悪な。これでは走れないではないか!」

ブラストビート:「明らかに人為的なトラップだ。さっきの蛮族どもの仕業か」

センチネルジェリー:「これはまた古典的な、まあ、ネギトログラインダーやズワイガニプールも似たようなものですし、シンプル故の有効性はありますね」

NM:現在の進行度:62.5%

バッドウィッチ: 2d6 = (1+5)

NM:ではちょっと謎のダイスを

NM: 1d4 = (4)

センチネルジェリー:アイエエエ

ヒットホース:むむむ…いいのか悪いのか

バッドウィッチ:不吉な出目だ

ブラストビート:これは対象を選んでますね間違いない

NM:では、ブラストビートは突然強烈なニンジャ第六感に危機を告げられた。ワザマエULTRAHARDだ!

ヒットホース:アイエエ!

ブラストビート: 7d6>=6 ワザマエ = (1 5 1 2 1 4 5, 失敗)

ブラストビート:失敗!

ヒットホース:アバーッ!

NM:では、ガチン!と突如音がなりブラストビートの片足に突如恐ろしい鋼鉄の牙が食い込まんと動いた!

NM:これはトラバサミだ!2ダメージ+回復アイテムを使用するまで脚力-2!

ヒットホース:さっきからサワタリの大将が使いそうなトラップばかりだ!

センチネルジェリー:回復アイテムってアワビライフパールでも大丈夫ですか?

NM:大丈夫です

センチネルジェリー:よかった。

NM:ジツの使用も認めます

ブラストビート:「グワーッ!? トラバサミだと!?」

バッドウィッチ:「ワオ、ダイジョブ?」

ブラストビート:これで体力ちょうど-3なのでスシ食って回復します

センチネルジェリー:「大丈夫ですか!?今治します!」ちょっと待ってください。

ブラストビート:アッハイ待ちます

センチネルジェリー:アワビライフパールは体力消費でも味方を回復させられるので、隊長が3回復する形以外にも、隊長、自分、バッドウィッチ=サンが1ずつ回復するなどの手も使えます。

ヒットホース:「何重にもトラップを仕掛けるとは下手人はよほど先に進ませたくないようですね」

ブラストビート:ならそうしようか

センチネルジェリー:はい。バッドウィッチ=サンは回復いりますか?ヒットホース=サンも。

バッドウィッチ:もらいます

ヒットホース:ではいただきます

センチネルジェリー:スシでの回復を分配できるのは3人までですね。ヒットホース=サンの耐久力だと、まだ大丈夫そうかな?

バッドウィッチ:ああいや。僕もスシ持ってるしダイジョブです。ヒットホース=サンに

センチネルジェリー:ヒットホース=サンはそれでいいですか?

ヒットホース:ありがとうございます!

センチネルジェリー:了解。では、体力を2消費し、アワビライフパールで2人を治療します。

ヒットホース:ではお願いします。スシは今もってないので助かります

センチネルジェリー:玉虫色の泡が二人の傷口を包み、傷を癒す。体力9→7

ブラストビート:「ウーム、便利なレリックだな」

センチネルジェリー:「消耗も相応に大きいようですけどね。大分疲れました。スシを頂けますか?」

ヒットホース:「そのレリックもすっかり使いこなしてますね!」

ブラストビート:ジェリーって体力最大値10だっけ?

センチネルジェリー:はい。カラテ8、スーツ、クロームハート。

ブラストビート:ではスシを渡します

ブラストビート:「ほれ、スシで回復しておけ」

センチネルジェリー:「ドーモ」スシを咀嚼し、体力を全回復します。

センチネルジェリー:「フルーツも美味しいですが、やはりスシですね」

NM:現在の進行度:68.75%

センチネルジェリー:ではヒットホース=サンの番かな。

ヒットホース:はーい!

ヒットホース: 2d6 = (6+4)

NM:ヒュウパン!ヒュウパン!ヒュウパン!突如君たちに向けて紐の両端に石を結びつけた武器…ボーラが投擲され君たちの身体に絡みつく!

センチネルジェリー:「クソッ!蛮族共が、いい加減に……!」

NM:それと同時に目を爛々と輝かせ、泥と血が混じった物でルーンカタカナを身体中に塗りたくった蛮族が鉄のように硬い木を鋭く削ったスリケンを一斉に投擲し始めた!

センチネルジェリー:ニンジャソウルは感じますか?

NM:全くもって感じません

バッドウィッチ:「スリケンだと!?」

センチネルジェリー:「ニンジャの真似事か!」

NM:しかし重度の薬物投与と訓練により自分をニンジャに使役されるエリート戦士…のようなものだと思っているようです

ブラストビート:「誰かがこいつらに影響を与えてるな…!」

センチネルジェリー:カチグリ・ニンジャの情報が引き出せるかも。

NM:君たちは回避HARD連射3をしなければいけない

NM:ただし、ボーラが絡んだ事によって君たちのニンジャ運動能力は僅かに狂っている。回避ダイスを-1すること

ヒットホース:「ええい!ニンジャの真似事とは小癪な!」恐るべし蛮族

バッドウィッチ:「モータルとは思えねえな、この速さ!」回避!

バッドウィッチ:時間差ですかね

センチネルジェリー:精神集中1、残り4、3と分割。

ブラストビート:時間差ではないのでは

センチネルジェリー:時間差でないなら精神集中はいらないかな。 どうなんでしょう。

NM:時間差ではないです

ブラストビート: 10d6>=5 回避 = (2 5 2 6 4 5 6 3 1 5, 5成功)

センチネルジェリー:なら精神集中はなしでいいですね。

ブラストビート:回避成功

ヒットホース: 11d6>=5 = (6 4 5 1 5 5 1 4 4 3 1, 4成功)

バッドウィッチ: 10d6 >=5 = (5 3 2 1 5 3 1 3 5 6, 4成功)

センチネルジェリー: 8d6>=5 = (1 2 5 2 4 1 3 2, 1成功)

バッドウィッチ:回避

センチネルジェリー:「ニンジャに向かってモータルがスリケン投擲?笑い話か?」

【蛮族】:「ウオーッ!」「イヤーッ!」「オラハニンジャザマのセンシダベサ!」「ニンジャ!イヤーッ!」

NM:攻撃を凌ぐことさえできれば君たちの敵ではない

ヒットホース:「真の馬を…真のニンジャを舐めるでないわ。イヤーッ!」ポーラを馬力で引きちぎり回避!

センチネルジェリー:「ニンジャ様とやらの話を聞き出したい気持ちもあり、こいつらから聞いてもどうにもならないだろうという気持ちもあり」

ヒットホース:「所詮発狂した蛮族にすぎないでしょう」

センチネルジェリー:「よし、全員ネギトロ重点だ!」

ブラストビート:「ワケわかんねえ連中だな。だが背後にニンジャ存在がいることは察せたぜ」

ヒットホース:「我らの歩みを邪魔する者は踏み砕くのみ!」

センチネルジェリー:「イヤーッ!イヤーッ!イヤーッ!」蛮族の首を刎ねる!刎ねる!刎ねる!

バッドウィッチ:バッドウィッチは座り込んでみてる

センチネルジェリー:SPLASH!

【蛮族】:「「「「アバーッ!アバババババーッ!」」」」

ブラストビート:「こんなもんか。ま、所詮はモータルだな…」

ヒットホース:「ええ。我らうm…ニンジャには程遠いですね」

センチネルジェリー:「……まあ、先程のような弾幕が少々厄介なのは認めざるを得ませんね。サンダンウチ・タクティクスが相手では油断していると足元をすくわれかねない」

センチネルジェリー:「リアルニンジャとの戦いに加勢されると厄介ですね」

バッドウィッチ:「あくまで油断せず前進で。それこそニンジャがアンブッシュしてくる可能性もある」

センチネルジェリー:「事前に一掃しておくには、ジャングルが深すぎますね……」

センチネルジェリー:「やつらの1人がすでにカチグリ・ニンジャとやらに我々の侵入を伝えている可能性もあります、バッドウィッチ=サンの言う通り、油断せず行きましょう」

ブラストビート:さて私かな

センチネルジェリー:一周回って隊長の番ですね。

NM:現在の進行度:75%

NM:四分の三進みました

ブラストビート: 2d6 = (6+5)

ヒットホース:お、ゴリラ?

NM:ゴリラは出たので調整

ヒットホース:猿の惑星なんてなかった

NM:では、「GRRRRRRRRRRRRR!」とのうめき声と共に、今度はブラストビートの横腹に獣が飛びかかってきた!バイオライオンだ!

ヒットホース:アイエエ!サバンナ!

ブラストビート:ジャングルにライオンナンデ!?

NM:ブラストビートはカラテ連続攻撃2を受ける。回避せよ

ブラストビート: 6d6>=4+5d6>=4 回避 = (4 4 6 2 1 1, 3成功) (6 5 3 5 5, 4成功)

NM:ではバイオライオンの爪と牙は色付きの風と化したブラストビートには届かなかった

ブラストビート:「百獣の王だろうがニンジャに敵うか! イヤーッ!」

【バイオライオン】:「ゴオオオオオン!」バイオライオンはブラストビートのカラテを受け、降伏のポーズを取りながら動かなくなった

ヒットホース:腹だし降参!

NM:現在の進行度:81.25%

センチネルジェリー:では自分か。

センチネルジェリー :2d6 = (3+4)

NM:ではセンチネルジェリーが歩いていると突如足元からパキ!パキパキバキ!という音が聞こえた

NM:足元を見ると、虫の殻を加工し踏むと音がなるようにしていたようだ…

センチネルジェリー:「ウカツ!」「ナリコ・トラップの類か?」

ヒットホース:「これはナリコ・トラップ!?」

NM:次の瞬間茂みや地面から蛮族が飛び出し攻撃を行ってきた!

センチネルジェリー:「オヤブンスンマセン!」

ブラストビート:「今はこいつらの対処が先だ!」

センチネルジェリー:「ハイ!」

ヒットホース:「叩いても叩いてもわいてきますね。まるでバイオモグラのようです!」

【蛮族】:「マッデダカイガアッタド!」「ウテ!」「ヘガカゲルキョリサチカヅケタダ!」「ネラッデウデ!」なんと奴らは猟銃で武装しており距離的に危険だ!

ヒットホース:文明的!

NM:奴らはフレンドリーファイヤを全く恐れていない!君たちは回避ダイス-2で難易度HARDの連射2時間差を受ける!

センチネルジェリー:ダメージはどの程度でしょうか?

NM:ただの猟銃なので1

ヒットホース:5d6>=5+5d6>=5 = (1,6,2,3,2 :成功数:1) + (1,3,3,6,4 :成功数:1)

NM:ムテキの敵じゃない

ヒットホース:あぶあぶ

ブラストビート:5d6>=5+4d6>=5 = (2,3,2,3,5 :成功数:1) + (4,3,1,6 :成功数:1)

センチネルジェリー:トロ粉末で余裕があるので、ここは精神集中もありかな。

ブラストビート:アリだと思います

センチネルジェリー:1精神集中、6回避!

バッドウィッチ:5d6>=5+4d6>=5 = (4,5,3,2,2 :成功数:1) + (6,5,4,6 :成功数:3)

センチネルジェリー:6d6>=5 = (4,1,1,5,2,6 :成功数:2)

センチネルジェリー:成功!

ヒットホース:全員回避!

センチネルジェリー:精神力8→7!

【蛮族】:「アーッ!」「アダラネド!」「グワーッ!」「ウーッ!」だが熟練したニンジャである君たちは色付きの風と化し弾丸が当たらない!

センチネルジェリー:「ええい!ワラワラと!」

NM:そればかりか蛮族にだけ弾丸が命中し、完全な混乱状態に陥っている!

ヒットホース:「たとえ音で気付こうと我がイダテンに追いつくには遅すぎる!」

センチネルジェリー:「この地域一帯を焼き払ってもいいんだぞ!?」「イヤーッ!」狂乱蛮族デンガク・ザシ殺!

ヒットホース:素早く近づき蹄で踏み砕く

【蛮族】:「「「アババーッ!オゴーッ!」」」

バッドウィッチ:バッドウィッチは木に寄りかかって見てる

ブラストビート:「面倒な奴らだ!イヤーッ!」次々に拳で頭蓋粉砕!

ブラストビート:さっきからバッドウィッチ=サンがサボってる!

ヒットホース:カラテがいなさそうだものねぇ

センチネルジェリー:全滅したかな。

NM:全滅しました

NM:現在の進行度:87.5%

センチネルジェリー:「……すいませんでした」

ブラストビート:「謝ることはねえ。俺だって気付かなかったさ」

センチネルジェリー:「ハイ」

センチネルジェリー:ではバッドウィッチ=サンの番ですね。

バッドウィッチ:振ります

バッドウィッチ:2d6 = (5+5)

NM:では君たちは疲労とフラストレーションを貯めながら歩いていく…

歩いていく内に次第にその疲労は増していくかのようで君たちの身体は重くなっていくような感覚に襲われる
全身をけだるいような疲労感に包まれ、まぶたが重くなっていく
そして、鼻孔には甘ったるい香りが感じられる……この匂いはいぜんどこかで嗅いだ事のあるような気がする
…そう、依然ダンタリオンというニンジャが襲撃してきたとき…

センチネルジェリー:「これは、ザイバツ共が攻めてきた時の……?」慌てて鼻を塞ぎます

NM:気づけば君たちの周りにはびっしりと黒い蓮で埋め尽くされている。この香りはこの蓮から漂っているようだ

センチネルジェリー:「クソッ、同じ手を食ってたまるか……!」

ヒットホース:「なにか良い臭いがしますね…」

NM:君たちはこの大量のイザナイ・ロータスの誘惑から逃れるために強固な精神力を発揮せねばならない。ニューロンURTRAHARDだ!

センチネルジェリー:精神集中できない!

NM:失敗すると精神力に2のダメージを受けてしまう!

ブラストビート:6d6=6 = (4,5,4,3,4,6 :成功数:1)

ヒットホース:12d6=6 = (5,4,2,1,5,6,6,1,6,6,6,2 :成功数:5)

センチネルジェリー:そういえばザゼン粉末があったな。

バッドウィッチ:5d6=6 = (4,1,3,4,1 :成功数:0)

ヒットホース:6が5個て

バッドウィッチ:ハハハ

センチネルジェリー:バリキ粉末でも抵抗できそうな気はする。どうでしょう。

ヒットホース:トロ粉末あるよー在庫もアジトにあるし増えるからあげますよー

センチネルジェリー:ザゼンやバリキでなんらかのボーナスはありませんか?シャカリキでも。

NM:アイテムの使用は認めます

センチネルジェリー:普通に判定ダイスが増えるだけか。

NM:です

センチネルジェリー:では一応特殊調合ザゼン粉末を吸引しておいた方がいいかな。気休め程度ですけど。

センチネルジェリー:では、ザゼン粉末を消費して6ダイスで判定!

センチネルジェリー: 6d6>=6 = (3 6 6 3 5 3, 2成功)

センチネルジェリー:成功!「スゥーッ……」「ハァッ!」「大丈夫、大丈夫、問題ありません」

このイザナイ・ロータスは催眠作用のある香りを放ち
心地よい倦怠感を纏わせながら動物や人間を誘い、
やがて倒れ込んでしまった者に幸福な夢を見せながら意識を失わせ養分とするのだ
モータルなら倒れ込んで15分も経てば二度と起き上がらないだろう

NM:さらに、この人為的と言わざるを得ないほどの夥しい程の数はニンジャでもとてつもない驚異であったろう

NM:一度使われ微弱ではあるが免疫を持っていたおかげで致命的には至らなかったようだ

センチネルジェリー:「大丈夫、大丈夫、問題ありません」

ヒットホース:「あれから修行を重ねてきたのです。この程度の幻覚にいまさら迷うことはありません。私はゆるぎなく馬です」

ブラストビート:「前回の経験が活きたな…っておいバッドウィッチ=サン、大丈夫か?」

バッドウィッチ:バッドウィッチはフラフラとよろめく。「お母さん、僕疲れちゃった。ねえ、僕もオイランになるのかなあ?」精神力に2ダメージ

センチネルジェリー:もう少し話の続きを聞いてみたい好奇心をザゼンの助けも借りて抑えつつ、揺さぶってみます。

バッドウィッチ:「あ、ああ? ここは誰?」頭を振る

センチネルジェリー:「ここはタマチャン・ジャングルで、貴方はバッドウィッチ=サンです」

バッドウィッチ:「ジャングル……? ニチョームじゃない?」

センチネルジェリー:「ニチョームではありません」

ブラストビート:「トロでも吸って落ち着きな…ヘイキンテキを保つんだ」

ヒットホース:「大丈夫ですか、バッドウィッチ=サン。貴方は誇り高きソウカイヤのニンジャですよ」トロ粉末いります?

バッドウィッチ:自分のトロ吸います。2回復

ヒットホース:ならOK!

NM:2ダメージなのでこれで帳消しですね

バッドウィッチ:現在精神力6 序盤なんかで減ってたか

センチネルジェリー:ゴキブリかな。

ブラストビート:ゴキブリの群れかな…>精神消費

ヒットホース:あれは恐ろしい事件だったね

NM:現在の進行度:93.75%

ヒットホース:2d6 = (4+1)

NM:では、ヒットホース=サン達は急に開けた場所に出る。その空間の中心には一本の木が生えており、そこにはオーガニックピーチが生えていた

ブラストビート:「ワオ。ピーチだぜピーチ」

ヒットホース:「おや、甘い匂いがまだすると思ったら今度はビーチですね」

NM:オーガニックピーチは神秘的な果物と言われておりヤマブシやセンニンは食することでより高位の存在になれると信じている

NM:食べると体力が+1するだろう。ネオサイタマに持っていけば万札10の価値がある

ヒットホース:良いお値段!

センチネルジェリー:「ふむ」「ちょっと気になったのですが」「なんであの木の周りだけ不自然に開けているんでしょう」

NM:ピーチの木はよく手入れがされており、開けているのもより神秘的に見える様に気を使って剪定を行った結果のようだ

NM:持ち主はこの木を大切にしている事が読み取れる。しかし、ニンジャ第六感はこの付近に罠が仕掛けられていないと主張している

ヒットホース:「手入れが行き届いてるようですね。せっかくですから頂いてしまいましょう」

センチネルジェリー:「なるほど、自然に成長したものではなく、誰かが管理しているもののようですね」

ブラストビート:「あの蛮族どもが木の手入れを?何の冗談だまったく」

センチネルジェリー:「カチグリ・ニンジャへの捧げものか何かのつもりなのでしょうか」「もしそうなら、目的の遺跡は思ったより近いのかも」

ヒットホース:誰持ちます?

バッドウィッチ:僕はスシがあるのでいいです

ヒットホース:馬はヤク中なので効果がないです…

センチネルジェリー:隊長が食べてもいいですね。

センチネルジェリー:カチグリ・ニンジャの攻撃次第ではダメージ軽減1ではゴリゴリ削られかねないので。もちろん、持っていてもいいです。

ブラストビート:体力2削れてるんでもらえるなら食っちゃいます

センチネルジェリー:了解しました。どうぞ。

ヒットホース:どーぞ!

バッドウィッチ:ドーゾ

ブラストビート:「…ウム、ウマイ。やはりオーガニックは違うな」

NM:瑞々しい甘みと清涼感だ!

センチネルジェリー:リアルニンジャが相手だと、大技への挑発も重要になってきそうだし、大技が相手だとダメージ軽減1では不安。

センチネルジェリー:さて。どうします?一応、挑む前にトロ粉末で精神力を回復しておく手もあります。

NM:アイテムの使用はまだ可能です

センチネルジェリー:1しか減っていないのでもったいないともいえますが、戦闘中に使うならトロ粉末よりオーガニック・トロスシのはずだし、

ブラストビート:トロ粉末で精神回復させます

バッドウィッチ:スシ食っておくかな。

ヒットホース:馬は平気です

センチネルジェリー:現在、かなり万札に余裕があるので、イタマエやケミカル・ハッカーを増員すれば余暇消費無しで補充出来ますね。

センチネルジェリー:では、自分もトロ粉末を吸っておきます。精神力7→8

バッドウィッチ:スシ食います。体力2回復、全快

NM:現在の進行度:100%

NM:君たちはついにタマチャン・ジャングルの秘境に到着した

センチネルジェリー:「フゥーッ、さて、準備万端ですね」

バッドウィッチ:「イクサの時間だ。この為に生きている」

センチネルジェリー:トロ粉末と先程キメたザゼンの効果が体内で混ぜ合わさり、センチネルジェリーのニューロンが冴えわたる。

ブラストビート:「さて、カチグリ・ニンジャとやらの秘宝を見せてもらおうじゃねえか」

ヒットホース:「ええ、参りましょう。秘儀に至るための2つ目の秘宝をラオモト=サンに捧げましょう」

センチネルジェリー:「一人も欠けずに帰れるよう万全を尽くします」

NM:では、君たちが強力なニンジャソウルを感じる場所を進んでいくと突如空が開けた

そこには熱帯植物が完全に伐採されており、涼しい風が流れる居住に耐えうるような空間だ
そして、その空間の大半を敷き詰めているのは廃棄されたであろう競技場だ…
この競技場の中に君たちが探し求めたサンコン・リチュアルの秘密と、それを守るカチグリ・ニンジャがいるのだろう

センチネルジェリー:競技場は旧そうな感じですか?平安時代とか、それ以前のものっぽいですか?

NM:古いですが、平安時代以前までとはいかないようです。ぶっちゃけると後にウキヨポリスと呼ばれる場所です

センチネルジェリー:なるほど!

バッドウィッチ:ワオ

ヒットホース:なんと!

ブラストビート:あーあそこかーまだツラナイテタオスは突き刺さってない頃だな…

NM:オベリスクはまだ無い時代です。当然ウキヨなどという概念すらありません。多分

センチネルジェリー:では、警戒しつつ先に進みましょうか。

ブラストビート:そうしよう

ヒットホース:「捨てられた兵どもの夢の跡、ですか」

NM:君たちはコロッセオに足を踏み入れる…

コロシアムの中には少し小太りのガタイのいい茶色の装束を着た強力な威圧感を持つニンジャ
そして、控えるように紫めいた赤い装束を着た若い小柄な男のニンジャ
さらに、黒い袈裟めいたニンジャ装束を着た初老のニンジャが立っていた

【カチグリ・ニンジャ】:「ドーモ、コワッパ共!カチグリ・ニンジャです。オガイ・ニンジャ=サンが世話になったみてえじゃねえか。あいつは生真面目な野郎だったのによぉー!」

【赤ニンジャ装束】:「ドーモ、レッドエッジです」

【黒袈裟ニンジャ】:「ドーモ、サンシモンです」

栗
◆カチグリ・ニンジャ (種別:ニンジャ)
カラテ		14	体力		16
ニューロン    	8	精神力		16
ワザマエ		6	脚力		7
ソウル		9
◇装備や特記事項
 ◆連続攻撃3
 ◆『★★★半神的存在』
 このニンジャの【体力】の基本値は、【カラテ】+【ニューロン】となる。
 ◆『★★★共振装束生成』
 メンポ:【体力】+1【精神力】+4
 装束:【体力】+1【精神力】+4
 ◆『★★★即死無効と欠損部位即時再生』
 精神力1を消費し欠損部位を回復出来る
 即死攻撃をd6ダメージに変換する
 ◆『★★★アーチ級イガグリ・ジツ』
 手番の開始時に使用を宣言できる。シナリオ中1回限り
 【精神力】4を消費し、【ジツ】+【ニューロン】で発動。難易度はULTRA-HARD
 発動に成功した場合、全員行動を終えた後に術者を中心とした『爆発(49x49)』マス以内にいる敵全員に対し、
 自動的に「3ダメージ」を与える。回避難易度:HARD(下限固定)に成功した場合1ダメージとなる
 ◆『★★★カチグリ・フォール』
 『攻撃集中』による難易度-1ボーナスを得る条件が整っている場合、【精神力】2消費で
 マップ内で視界が通っている好きな場所へと移動する(以下着地点)
 着地点と隣接する敵1体に『連続攻撃+3』を得た近接攻撃を即座に行う
 この技は連続して使用することが出来ない
 ◆『★★カチグリ・ニードルアーマー』
 共振装束生成を使用中の間、カウンターカラテに成功した場合
 相手はカウンターカラテに対する回避を行うことが出来ない
 ◆『★カチグリ・ニードル』
 この能力を持つ者のカウンターカラテ、遠隔攻撃、近接攻撃が命中した対象は
 数時間以内に簡素な外科手術を行わなければ刺さった棘が体内を駆け巡り死に至る
レ
◆レッドエッジ (種別:ニンジャ)
カラテ		9	体力		9
ニューロン    	3	精神力		3
ワザマエ		7	脚力		5
ジツ		1	   
◇装備や特記事項 
 ◆カタナx2
  『近接武器』、『二刀流』、『連続攻撃+1』、『ダメージ1』、『射撃不可』、『連続側転難易度+2』、『戦闘スタイル:強攻撃/精密攻撃/防御構え/フェイント』
 ◆『戦闘スタイル:回転斬撃』
 攻撃フェイズの開始時使用可能。【カラテ】もしくは【ワザマエ】で基本難易度はHARDで判定し、
 成功すると、隣接している8マス全てに対して1ダメージを与える
 ◆★レッド・エンハンス
 精神力1消費する事で武器にダメージ+1が入る
サ
◆サンシモン (種別:ニンジャ)
カラテ		6	体力		6
ニューロン    	6	精神力		12
ワザマエ		4	脚力		3
ジツ		5	   
◇装備や特記事項
 ◆★★植物化
  身体の一部を植物にする。
  精神力二倍、火属性ダメージを受けた場合、追加で+1ダメージを受ける
 ◆ジツ:ネンブツ・ジツ
 自分の手番の「攻撃フェイズ」に【精神力】を1消費し、攻撃の代わりに使用
 判定に成功すると使用者から見えてさえいればどれだけ離れていても自動的に命中する
 命中した対象はニューロン判定NORMALを行い、失敗すると精神力2ダメージ。成功すると精神力1ダメージ
 ◆『★モウドク・ダート』
 手番の開始時に【精神力】を1消費し「難易度:NORMAL」で判定する。
 成功するとスリケン投擲ダメージがD3になる
 ◆『★ネンブツ・マスタリー』
 手番開始フェイズにネンブツ・ジツを発動可能になる
 ただし、同じ手番中に同じ対象に連続してネンブツ・ジツを放つ事は出来ない

センチネルジェリー:隊長からアイサツするのがいいかな。

ブラストビート:「ドーモ、チーム・サキガケ、ブラストビートです」

センチネルジェリー:「ドーモ、センチネルジェリーです」

バッドウィッチ:「ドーモ。バッドウィッチです」

ヒットホース:「ドーモ、ヒットホースです」

【カチグリ・ニンジャ】:「貴様らの狙いはサンコン・リチュアル、だろ?だが、そいつは危険な力だ。うっかりでも誰かに使わせる訳にはいかんなぁー!あの力は不幸しか招かねえ!」

センチネルジェリー:「なるほど、あなた方が使用した時に、何か問題でも?」「もしくは、使用する前に、その力をめぐって争いが起きたりでもしたのでしょうか」

【カチグリ・ニンジャ】:「それは聞く必要はねぇな!お前たちはそこそこやるニンジャのようだが…所詮ディセンションした都会育ちの軟弱なニンジャにすぎん!ここでワシらカチグリ・ニンジャクランが貴様らを殺すからだ!」

ブラストビート:話し合いの余地なしか。ならシンプルだ」手首ゴキゴキ

バッドウィッチ:「我らの言語はカラテってことだな、素敵だね」

ヒットホース:「サンコン・リチュアルはラオモト=サンの栄光の礎になるのだ。ソウカイヤの覇道を阻む者は我らサキガケが撃ち砕く!」」

センチネルジェリー:「ええ、目にもの見せてやりましょう」

NM:エート、では戦闘に入りますが、センチネルジェリーとバッドウィッチはどちらが先に動くか相談してください

センチネルジェリー:自分が先がよさそうですね。

バッドウィッチ:僕が後で

NM:OK

◆戦闘開始◆

ヒットホース:では、サンシモンに攻専念連射2、時間差

ヒットホース:4d6>=3+3d6>=3 = (5,6,1,6 :成功数:3) + (6,6,6 :成功数:3)

ヒットホース:わお

ブラストビート:殺意!

センチネルジェリー:ヒサツの出目だ。

ブラストビート:ウィークポイント射撃がないのが悔やまれる

NM:サンシモンは回避を試みる

ヒットホース:「まずは道を馴らさせていただきます。我らはソウカイヤのサキガケとならん!イヤーッ!」ホースガントレット一斉射!

NM:1d6>=4+1d6>=4 = (6 :成功数:1) + (2 :成功数:0)

バッドウィッチ:

ヒットホース:さすが6,6,6やで

センチネルジェリー:まずはよし!

【サンシモン】:「カンジーザイ…ヌゥッ!グワーッ!」ジツの予備動作を試みたところを射撃されホーススリケンが肩を抉る!

バッドウィッチ:「先制攻撃だ!」

センチネルジェリー:「このまま一斉射撃で仕留めますよ!」

ヒットホース:「やはりジツ使いか。リアル・ニンジャ共のジツの厄介さは知っている。やらせんぞ!」

ブラストビート:「奴に攻撃を集中しろ!ジツ使いを落とすんだ!」

【カチグリ】:「グフフ…所詮は憑依しただけの若造…!我がワザを食らっておののくが良い!イヤーッ!」

NM:カチグリ・ニンジャは空高く跳躍!まるでワイヤーアクションかのような奇っ怪な動きで一瞬の内に君たちの隣にまで飛翔!

センチネルジェリー:「ナッ……!?」

ブラストビート:「ハヤイ!」

【カチグリ】:「イィィィイヤーッ!」そして全身が棘で覆われた身体でボディプレスしながら上空からパンチ連打!さながら木から降り注ぐイガグリの如し!

バッドウィッチ:「ちいっ!」

NM:バッドウィッチにカチグリ・フォールだ!

ヒットホース:「ハヤイ…ッ!私よりも!?」

バッドウィッチ:なんだとおーーっ!?

NM:3d6>=4+3d6>=4+2d6>=4+2d6>=4+2d6>=4+2d6>=4 = (3,4,6 :成功数:2) + (1,1,5 :成功数:1) + (2,5 :成功数:1) + (5,4 :成功数:2) + (6,1 :成功数:1) + (4,6 :成功数:2)

NM:全部成功!

バッドウィッチ:サツバツは無いな

NM:ないです

バッドウィッチ:ノーマルですよね

NM:です

バッドウィッチ:むむむ 2,2,2,2,2,1 で回避だ

センチネルジェリー:サンシモンの射撃が

バッドウィッチ:あああっと

バッドウィッチ:まあいい。これで回避だ

バッドウィッチ:2d6>=4+2d6>=4+2d6>=4+2d6>=4+2d6>=4+1d6>=4 = (5,3 :成功数:1) + (3,3 :成功数:0) + (1,6 :成功数:1) + (4,2 :成功数:1) + (5,3 :成功数:1) + (4 :成功数:1)

センチネルジェリー:おお!

バッドウィッチ:一発貰う

ヒットホース:5発回避!タツジン!

バッドウィッチ:「グワーッ!」頭部にダメージ!

ヒットホース:「ヌーッ!移動と攻撃をセットにした恐るべきカラテ!」

バッドウィッチ:hp12

【カチグリ】:「イヤーッ!イヤーッ!フン、口だけではないようだな」拳も逆歯付きの脆い棘に覆われており、攻撃を当てると折れた微細な棘が体内に入り込むのだ!長時間激しい運動を続けていると体内を駆け巡り心臓を突き刺してしまうだろう!

バッドウィッチ:「流石のカラテだ、リアルニンジャ=サン」

【カチグリ】:「さて、ここからどうする?ワシのカチグリ装束は並のカラテで叩くと逆に怪我をするぞ!」

センチネルジェリー:並ではないカラテで叩き潰せばいいだけのこと

ブラストビート:特殊近接ステップ

ヒットホース:おっ

ブラストビート:専念射撃をサンシモンに

センチネルジェリー:射撃には近接ステップは使えなかったような。

ブラストビート:あれっ、そうだっけ

センチネルジェリー:近接攻撃を行う場合とありますね。

ブラストビート:できないか、なら普通に移動だ

NM:ステップ自体は出来ると思いますよ

ブラストビート:スリケン投げたいんで取り消します

ヒットホース:そうなのかー

センチネルジェリー:ステップ自体は出来ますが、専念はできませんね。

ブラストビート:じゃあ普通に移動し、サンシモンにスリケン投げます。当たれ!

ブラストビート:4d6>=4+3d6>=4 = (5,6,2,2 :成功数:2) + (6,2,1 :成功数:1)

ブラストビート:よし!

バッドウィッチ:おーけー

センチネルジェリー:アタッタ!

ブラストビート:あ、時間差ないです

NM:1d6>=4 = (5 :成功数:1)

センチネルジェリー:そうだった!

ヒットホース:やりおる!

【サンシモン】:「ハンニャハラミタジ!」ジツのための呪文を詠唱しながらスリケンを弾く!

ブラストビート:ではヤクザ召喚。これでバッドウィッチに射線が通るまい!

NM:ナヌッ

ヒットホース:ヤクザミートウォール!

センチネルジェリー:ありがたい!

バッドウィッチ:隊長……!

センチネルジェリー:流石隊長!

ヒットホース:流石の判断!

ブラストビート:定規で測ったがどう移動してもバッドウィッチには射線通らんはず…多分

センチネルジェリー:多分、後ろにヤクザがぞろぞろ控えていたんだろうなあ。

ブラストビート:観客席に多分まだいっぱい控えてる

センチネルジェリー:観客ヤクザ。

ヒットホース:オーディエンス・ヤクザ

NM:ではサンシモン

【サンシモン】:「クッ!なんだあいつらは!イヤーッ!」サンシモンは状況判断でジツを解除し、クローンヤクザにスリケン投擲!

NM:4d6>=4 = (6,4,4,1 :成功数:3)

センチネルジェリー:「ジャングルの奥に籠ってばかりで都会のニンジャ事情を知らないと見える」

【クローンヤクザ】:「グワーッ!」鋭い葉のスリケンがクローンヤクザの額に命中!

ブラストビート:「これが今を生きるニンジャのトレンドだ。わかったか」

【サンシモン】:「オノレーッ!」

センチネルジェリー:連続側転をするべきか否か。一応、連続側転をすると多少の失敗率がある。精神集中という手もあるけど。

センチネルジェリー:次のターンカチグリ・フォールが飛んでこないならその必要はないか。

ブラストビート:次は多くて連続攻撃3なのでまあ大丈夫でしょう…

センチネルジェリー:味方は射線に影響しないので、このまま撃てますね。

NM:うてますね

センチネルジェリー:では、カラテミサイルLv4を宣言!精神力2消費!全弾サンシモンに!

センチネルジェリー: 9d6>=4 = (2 3 5 3 5 1 2 6 2, 3成功)

センチネルジェリー:成功!

NM:5発か…

ブラストビート:3、2の時間差だぜ!

ヒットホース:高レベルミサイル怖いです!

センチネルジェリー:「イヤーッ!イヤーッ!」センチネルジェリーのジェルスプラッシュスーツから噴き出した液体が彼の背後で渦を巻き、極彩色の発光体となってサンシモンに向かって飛来!

センチネルジェリー:3、2だ!ウケテ・ミロ!

NM:3に2つ

センチネルジェリー:精神力8→6

NM:2d6>=4+1d6>=4 = (6,2 :成功数:1) + (5 :成功数:1)

NM:よけてしまいました

センチネルジェリー:当たらなかったとしても、これだけ削れば!

センチネルジェリー:激しい爆発がサンシモンを襲う……が!

【サンシモン】:おのれ、我がクランを毒する邪悪な力!イヤーッ!イヤーッ!」カラテミサイルをスリケン投擲で相殺!

ブラストビート:今だ!ヤクザ召喚だ!

センチネルジェリー:あまり一気に召喚しても一掃されかねないので、バッドウィッチ=サンに任せます!

センチネルジェリー:アーチ級イガグリ・ジツ以外でヤクザを一掃する手段がほぼないので、取っておけば末永く役に立ってくれるはず。ミートウォールにも使える。

センチネルジェリー:「当たらずとも、後につなげれば……頼みましたよ!」

バッドウィッチ:回避ダイスは1個くらい?

NM:

ブラストビート:ヤクザ召喚してスリケンだ!

バッドウィッチ:ヤクザ召喚します

ヒットホース:今だ!ヤクザのチャンス!

NM:サンシモンは回避ダイスが6しかないのだった

ブラストビート:かなしいね…

センチネルジェリー:シマッタ!なら自分も召喚しておいた方が良かった!1体召喚したいな。駄目か。

NM:ドーゾ

センチネルジェリー:了解。失敗に備えて2体召喚します。「「ザッケンナコラー!」」センチネルジェリーの背後からクローンヤクザが2体出現!

バッドウィッチ:じゃあ僕も2体

センチネルジェリー:2体だと射撃失敗時が怖いですね。

バッドウィッチ:僕の右斜線通らなくない?

【サンシモン】:「だからこいつらは何者だ!不自然な生命を感じる!」

ブラストビート:角から射線を引ければ通ります

センチネルジェリー:よかった。

NM:ギリギリ通るのよね

ブラストビート:そうほんとギリだけど

センチネルジェリー:慌ててヤクザを召喚したけど、ブラストビート隊長も召喚しているので焦る必要はなかったな。死の危険で焦っている。

バッドウィッチ:じゃあもう一体横にだしたほうがいいですか

ブラストビート:いや、射撃専念させるしもう十分でしょう

センチネルジェリー:そうですね。慌てて足りない!と思って出してしまった。

ヒットホース:ギリギリの戦いはワクワクドキドキよね

センチネルジェリー:冷静にならねば。

NM:今場にいるヤクザは7体

バッドウィッチ:隊長の横に移動してクナイ投げます

バッドウィッチ:って違う違うヘンゲだよヘンゲ

バッドウィッチ:9d6>=4 = (4,4,6,5,5,5,2,3,1 :成功数:6)

バッドウィッチ:「さあ、本番だぞ僕がいくぞ!」隊長の横に移動し、口からクナイ発射。目標呪いの人

バッドウィッチ:6d6>=4 = (2,5,5,4,5,5 :成功数:5)

【サンシモン】:「グワーッ!オ、オノレーッ!モータルで壁をーッ!だが、そんなもので隠れていても私のネンブツ・ジツが…!」

NM:レッドエッジは無言で連続側転

NM:7d6>=6 = (3,4,2,4,2,5,6 :成功数:1)

ブラストビート:難易度UHだけど成功か!

センチネルジェリー:オノレーッ!

NM:あ、そうか意外と重いな二刀流…

ヒットホース:それでも成功するとはやりおる!

NM:イメージが短剣両手持ちだから身軽に思えてしまう

NM:クローンヤクザのターン

ブラストビート:問題なければ専念射撃6発叩き込みます

センチネルジェリー:トドメヲサセー!

ブラストビート:振りますぞ

ヒットホース:ヤレー!

ブラストビート:対象サンシモン!

ブラストビート:3d6>=3+3d6>=3+3d6>=3+3d6>=3+3d6>=3+3d6>=3 = (3,3,3 :成功数:3) + (1,6,6 :成功数:2) + (5,3,5 :成功数:3) + (6,3,5 :成功数:3) + (2,5,3 :成功数:2) + (6,6,6 :成功数:3)

ブラストビート:殺意

センチネルジェリー:全弾命中!優秀なクローンヤクザだなあ。

ブラストビート:なんか今日666多いな…

ヒットホース:すごいな。ヤクザの数字だ。つまりソウカイヤの日だ

ブラストビート:「ザッケンナコラーッ!!」クローンヤクザの一糸乱れぬ連携射撃!

【サンシモン】:「カンジザイ!ボーサ…!シマッタ…!アババババーッ!」彼は未だ未熟で狼狽するとジツにすべてを集中する悪癖があった!ニンジャのイクサとはウカツをすると真の力を発揮する前に倒されてしまうのだ!

【サンシモン】:「サヨナラ!」サンシモンはクローンヤクザという未知の存在から放たれた銃弾で蜂の巣になりながら爆発四散した!

ブラストビート:「都会のイクサは楽しめたか? アバヨ、サンシモン=サン」

ヒットホース:「まず一つ!」

バッドウィッチ:「イクサは全体の状況を見極めねばならない。あの世では、覚えておくがいい」

センチネルジェリー:「火より速く攻めよ」「こうなればこっちのペースだ!」

ヒットホース:レッドエッジからで良いです?

ブラストビート:ターン制限がなくなったぞ!次はレッドエッジだ!

ヒットホース:らじゃー。これで走れる!

センチネルジェリー:近接攻撃する場合、このターンで倒しきれないと、次のターンカチグリ・フォールと連続攻撃3を纏めて喰らってしまいかねないけど、挑発という手もありますね。

ブラストビート:挑発は手数が減るからなー痛し痒しよ

ヒットホース:飛行を宣言。移動!

ブラストビート:ぶっちゃけフレーバーで取った感あるし

ヒットホース:レッドエッジに連射2、時間差

ヒットホース:4d6>=4+3d6>=4 = (2,6,6,3 :成功数:2) + (4,4,5 :成功数:3)

ヒットホース:今日は出目が良い

NM:1d6>=4+1d6>=4 = (3 :成功数:0) + (6 :成功数:1)

NM:一発もらった

ヒットホース:「火のように攻め、そして風のように展開せよ!イヤーッ!」走りからの滑空でレッドエッジの背後に回り込み、ガントレッド射!

【レッドエッジ】:「ヌゥーッ!」彼から吹き出した血が彼の持つダガーへと降りかかり禍々しく光る!

ヒットホース:「ヌッ、怪しげなダガーですね。皆さん、ご注意を!」

センチネルジェリー:「怪しげなダガー了解!」センチネルジェリーは輝く刀身をじっと観察する。

バッドウィッチ:「エンハンス・ジツかな?」

NM:チクショウ!こいつら戦いなれてやがるーっ

ヒットホース:我々も歴戦ですからのぅ…死線(滝)だって乗り越えた

ブラストビート:だがこの戦いまだどうなるかわからぬ

センチネルジェリー:油断すると死ぬ。

ヒットホース:リアル・ニンジャの圧はやはりすごい

ブラストビート:サンシモンが即死するのはまあわかってた。ここからだ

バッドウィッチ:いきなりアトモスフィアが上がる可能性もある

【カチグリ】:「ほう…なるほど、これが都会のやり方かよ。中々やるじゃねえか。なら…こっちも…目にもの見せてやらんとなあ!」カチグリ・ニンジャの体内にカラテが集まる!

センチネルジェリー:来た!

NM:カチグリ・ニンジャはアーチ級イガグリ・ジツの準備に入った!

ブラストビート:うむ、イガグリ、予定調和な

NM:17d6=6 = (4,6,2,1,4,3,4,4,3,1,1,6,5,2,5,2,3 :成功数:2)

NM:成功。ターンの終了時に超射程爆発

センチネルジェリー:なら猶更防御的イアイドーでの防御優先かな。もしくは、レッドエッジからさらに距離を取って最後の攻撃を集中して避けるか。

センチネルジェリー:隊長の行動を見てから決めます。

ブラストビート:(失敗したら面白かった)

ヒットホース:(まれによくあるから困る)

NM:さらに通常行動は移動後、センチネルジェリーに連続攻撃3!

センチネルジェリー:ヒャー。

NM:5d6>=4+5d6>=4+4d6>=4 = (4,6,2,6,6 :成功数:4) + (1,1,5,6,1 :成功数:2) + (5,3,2,2 :成功数:1)

NM:サツバツ1

バッドウィッチ:わお

ヒットホース:コワイ!

【カチグリ】:「イヤーッ!イヤーッ!イヤーッ!」体内にカラテを収束させつつも依然油断のならないカラテフック二連打!カラテアッパー!

センチネルジェリー:うーむ。回避ダイスは9個。精神回避のため1つは残しておくこととして、サツバツ!に6個、残りの2発に1、1だ。

センチネルジェリー: 6d6>=4 サツバツ!回避 = (4 5 6 6 6 4, 6成功)

センチネルジェリー:カウンター!「イヤーッ!」

NM:ヌゥッ

ブラストビート:カウンターしてら

センチネルジェリー: 1d6>=4+1d6>=4 残りの2発 = (2, 失敗) (6, 1成功)

センチネルジェリー:1発のみ被弾!「グワーッ!」体力10→9

NM:4d6>=4 = (2,4,3,2 :成功数:1)

NM:カウンターは回避

【カチグリ】:「チッ…!精神に弱さを感じると思ったら、意外と根性みせるじゃねえか…!」センチネルジェリーが振るうカウンターの武器が掠め棘が散る!

センチネルジェリー:「舐めてもらっては困ります!」

ブラストビート:ウーム 連続側転

ブラストビート:7d6>=4 = (3,3,4,2,1,2,1 :成功数:1)

ブラストビート:あっぶね

ヒットホース:あぶあぶ

NM:カラテに乱れが出ているのではないのかねンンー?(悪役顔

ヒットホース:馬鹿な!悪役は我々ではなかったのか!

ブラストビート:後ろのドア蹴ってレッドエッジに接近 カラテ三連続!

ブラストビート:4d6>=4+4d6>=4+3d6>=4 = (5,2,4,3 :成功数:2) + (2,5,6,1 :成功数:2) + (6,1,6 :成功数:2)

ヒットホース:サツバツ!

センチネルジェリー:サツバツ!トドメヲサセー!

ブラストビート:2,2,2(サツバツ)!

ヒットホース:6があるから全部ダメージ+1だ!

NM:なんだこの火力はぁ

NM:1d6>=4+1d6>=4+2d6>=4 = (3 :成功数:0) + (3 :成功数:0) + (1,5 :成功数:1)

NM:うげええああ

ブラストビート:モリっと行った!

NM:サツバツはかわしたあ

センチネルジェリー:3ダメージ!

ブラストビート:4ダメージですね

ヒットホース:4ダメージだ!つよい!

センチネルジェリー:リープキックか。

ブラストビート:リープキックだ!

【レッドエッジ】:「!」「グワーッ!グワーッ!」リープキックで一気に近づかれたレッドエッジは回避行動が遅れブラストビートの重いカラテが刺さる!だが両手のダガーを駆使しなんとか致命的な攻撃はいなすことが出来た!

ブラストビート:「イヤーッ!そしてこれが最新のカラテだ!理解したかロートルども!」

センチネルジェリー:扉を越えてこられると、連続側転レッドエッジに殴られてしまうので、覚悟を決めて連続側転で出来る限り距離を取りつつカラテミサイルで一気に攻めるのがいいかな。

センチネルジェリー:とりあえず一刀流連続側転だ。

センチネルジェリー: 6d6>=3 連続側転 = (2 6 3 1 2 1, 2成功)

センチネルジェリー:成功!レッドエッジにLv4カラテミサイル!

センチネルジェリー: 9d6>=5 カラテミサイル = (1 6 5 3 3 6 5 4 1, 4成功)

センチネルジェリー:成功!5発!3、2時間差ウケテ・ミロ!

ブラストビート:さあ回避ダイスは残り4だ

センチネルジェリー:「イヤーッ!イヤーッ!イヤーッ!イヤーッ!イヤーッ!」

ブラストビート:ウケテ・ミロヨロシク!

NM:うぬぬ

NM:3d6>=4+2d6>=4 = (6,5,2 :成功数:2) + (4,2 :成功数:1)

NM:回避!

センチネルジェリー:残り4では?あれ。

NM:あれ

ヒットホース:避ける避ける

センチネルジェリー:5だったかな。

ブラストビート:あ、側転

センチネルジェリー:そうか連続側転してましたね。まあ十分削れた。トドメヲサセー!ただ、このターンアーチ級カチグリを精神回避するので、その後精神力3か。いつまで持つかな。

センチネルジェリー:精神力6→4

ブラストビート:馬に走ってもらってトロを投げてもらおう

バッドウィッチ:ヘンゲ2ターン目普通に移動してレッドエッジにとどめだ

ヒットホース:ヘンゲは足速い

バッドウィッチ:ヘビカラテ二連続

バッドウィッチ:7d6>=4+7d6>=4 = (1,5,4,2,2,1,3 :成功数:2) + (2,3,3,4,1,5,6 :成功数:3)

バッドウィッチ:サツバツ

センチネルジェリー:サツバツ!

ブラストビート:残りダイスは1だな!

ヒットホース:サツバツ!

NM:2だよ

バッドウィッチ:「イヤーッ! イヤーッ!」二連噛みつき!

ブラストビート:馬で2、ブで4、ミサイルで5計11あれ?ダイスないのでは

NM:あ、そうかミサイルで3dふってたか

NM:およ?

NM:アッマズイ

ヒットホース:おっと

バッドウィッチ:あっ

ヒットホース:サツバツ!

バッドウィッチ:サツバツ振ります

NM:ヤメロー!ヤメロー!

ヒットホース:(NMあるあるよね…)

センチネルジェリー:トドメヲサセー!

ブラストビート:トドメヲサセー!

ヒットホース:トドメヲサセー!

バッドウィッチサツバツ:1d6 = (3)

「苦しみ抜いて死ぬがいい」急所を情け容赦なく破壊!:本来のダメージ+1ダメージを与える。耐え難い苦痛により、敵は【精神力】が-2され、【ニューロン】が1減少する(これによる最低値は1)。残虐ボーナスにより【万札】がD3発生。この攻撃を【カルマ:善】のキャラに対して行ってしまった場合、【DKK】がD3上昇する。

ヒットホース:急所!

バッドウィッチ:いつもの。バッドウィッチは生殖器を噛みちぎる!

【レッドエッジ】:「グワーッ!アバッ…カカッ…!」

バッドウィッチ:万札振ります

バッドウィッチ:1d3 = (2)

バッドウィッチ:2万円

センチネルジェリー:ここまでで8ダメージかな?なら、あと1か。

NM:ヘビカラテで実質-1

センチネルジェリー:でもクローンヤクザでトドメをさしておきたいですね。どうせアーチ級カチグリで一掃されますし。

NM:震えながら膝を付く!脂汗を垂らし身体を強張らせて激痛を堪えて立ち上がろうとするも、痛みは減るどころかむしろどんどんと増していく!

【レッドエッジ】:「グワーッ!グワーッ!グワーッ!」

バッドウィッチ:「アッハハハハ。気持ちよかっただろ?」

ブラストビート:(おーこわ…アイツと敵対したくはねえな…)

センチネルジェリー:(いつ見ても……)(アレは……凄まじい)

NM:最後のレッドエッジ

ブラストビート:「さあこいよ骨董品野郎。相手してやる」

ヒットホース:「的確に相手の弱点を突く。流石ですね!」邪悪な程無邪気に笑う

NM:回転斬撃も考えたけどせめてバッドウィッチに一矢報いん二刀流カラテ攻撃だ!

NM:3d6>=4+3d6>=4+3d6>=4 = (1,4,2 :成功数:1) + (1,1,2 :成功数:0) + (4,3,3 :成功数:1)

NM:ああ、もう太刀筋がおぼつかない

ブラストビート:一発外してる…

バッドウィッチ:回避

ブラストビート:イガグリを忘れるなよ!せめて精神回避分は残しておこう!

バッドウィッチ:5d6>=4+5d6>=4 = (3,1,6,1,6 :成功数:2) + (4,3,2,6,1 :成功数:2)

バッドウィッチ:回避

センチネルジェリー:カウンター殺!

ブラストビート:カウンターで死にましたねこれ…

ヒットホース:2つともカウンターとは…強いぜ!

【レッドエッジ】:「イヤーッ!」無理矢理にでも跳ね起き体当りするような形で決死の斬撃!

バッドウィッチ:牙でカタナごと食いちぎります

【レッドエッジ】:「蛇の魔女…!クソッ」カタナを喰われ打つ手が無くなると身体中に回ったヘビドクが全身に回りきり倒れ込む

【レッドエッジ】:「サヨナラ!」レッドエッジはバッドウィッチを悔しげに睨みつけながら爆発四散!

バッドウィッチ:「オタッシャデ」

ブラストビート:一応ヤクザ攻撃しておきます

ブラストビート:3d6>=4+3d6>=4+3d6>=4+3d6>=4+3d6>=4 = (4,1,6 :成功数:2) + (4,5,1 :成功数:2) + (5,3,2 :成功数:1) + (5,4,1 :成功数:2) + (6,6,2 :成功数:2)

ブラストビート:「ザッケンナコラーッカチグリ!」クローンヤクザの連携射撃!

NM:7d6>=4 = (6,2,4,4,3,6,1 :成功数:4)

【カチグリ】:「イヤーッ!」カチグリ・ニンジャはうっとおしげに銃弾を弾き飛ばす!

【カチグリ】:「イイイィィイヤーッ!」そしてカチグリ・ニンジャの身体が突如発光!夥しい程の棘が君たちに向かって飛散した!

NM:全員射程距離内なのでHARD回避してくださいね

ヒットホース:12d6>=5 = (4,1,4,6,6,4,1,4,3,1,3,3 :成功数:2)

ブラストビート:11d6>=5 = (5,1,3,6,6,3,1,3,1,5,3 :成功数:4)

センチネルジェリー:(……!)センチネルジェリーの主観時間が鈍化する、圧倒的な物量。圧倒的な脅威。だが、要はあの蛮族共の矢と同じだ!

センチネルジェリー:精神集中回避!

バッドウィッチ:4d6>=5 = (6,5,4,6 :成功数:3)

バッドウィッチ:回避

ヒットホース:ダメージ1.体力11-10

センチネルジェリー:「イィーヤヤヤ!」得物を振り回して棘を弾き飛ばす!1ダメージ!

バッドウィッチ:1ダメージ

センチネルジェリー:体力9→8 精神力4→3

ブラストビート:「ヌゥーッ!避けきれずとも…!」1ダメージ!

【クローンヤクザ】:「「「「「グワーッ!」」」」」クローンヤクザ共は全身棘まみれになってのたうち回りながら絶命!

ヒットホース:「クッ!グワーッ!」走りまわって回避しようとするも圧倒的弾幕を回避しきれない!

【カチグリ・ニンジャ】:「やりやがるじゃねえかお前ら…やっと見つけたアプレンティス共をよう」 「仇討ちってのはガラじゃねえが、逃がすわけにはいかなくなったなぁー!」カチグリ・ニンジャの纏うアトモスフィアが大きく変わり、辺りはニンジャ達の威圧感で空間が歪むかのよう…!

◆アトモスフィア・ハードに強制引き上げされました◆

センチネルジェリー:アイエエエ!?アーイエエエ!

ブラストビート:ワオ

ヒットホース:リアル・ニンジャの迫力だ!

ヒットホース:では、馬の手番ですねクローンヤクザ3体召喚!

ヒットホース:「後詰め、おねがしますよ!」「ヨロコンデー」

ヒットホース:そしてヘンゲ

ヒットホース:12d6>=4 = (1,5,1,3,5,1,6,6,1,5,3,4 :成功数:6)

センチネルジェリー:これで上限突破により次ターン回避ダイス+1だ。

ヒットホース:精神力6-5

ブラストビート:馬が馬になった!(言語崩壊)

NM:サイバーペガサスが馬サイバーペガサスになった

ヒットホース:飛行を宣言。移動 「ヒヒーン!」上半身も馬になることで六本足の悪夢めいた馬になる。その背には翼!

NM:コワイ!

ヒットホース:カチグリ・ニンジャに連射2時間差

ヒットホース:4d6>=4+3d6>=4 = (3,5,4,3 :成功数:2) + (5,5,6 :成功数:3)

ヒットホース:「BRRRR!!」逞しき咆哮をあげながらホースガントレットを上空から放つ!

NM:1d6>=4+1d6>=4 = (6 :成功数:1) + (6 :成功数:1)

NM:イガの生えた拳でホーススリケンを撃墜!

ヒットホース:わお!良い出目!

NM:カチグリ

センチネルジェリー:さあどう来る。

NM:1d4 = (1)

バッドウィッチ:ジェリー?

ヒットホース:むむっ

センチネルジェリー:来たか。覚悟はできている。来るなら来い!

【カチグリ】:「今度はどうだ!イヤーッ!」カチグリ・ニンジャは再び空高く跳躍!カチグリ・フォールだ!

【カチグリ】:「イィィイヤヤヤヤヤ!」上空からイガ付きボディプレスをしながら、これまたイガ付きの拳で上空よりラッシュを仕掛けてくる!

NM:3d6>=4+3d6>=4+2d6>=4+2d6>=4+2d6>=4+2d6>=4 = (3,3,3 :成功数:0) + (6,5,6 :成功数:3) + (6,4 :成功数:2) + (5,1 :成功数:1) + (3,5 :成功数:1) + (5,5 :成功数:2)

NM:ちっ5発か あっとサツバツ1

センチネルジェリー:5発か!1精神回避。残り10をどう割り振るか。

センチネルジェリー:成功数が1のところに3を割り振ろう。最初のサツバツ!を精神回避し、2、3、3、2と回避だ!

センチネルジェリー:死の予感!破滅的な一撃を弾く! そして!

センチネルジェリー: 2d6>=5+3d6>=5+3d6>=5+2d6>=5 回避 = (2 4, 失敗) (3 2 3, 失敗) (4 5 6, 2成功) (1 5, 1成功)

センチネルジェリー:2発被弾!だが1発カウンター!

ヒットホース:アババ

センチネルジェリー:「グワワーッ……!イィヤァーッ!」

NM:カウンターはうけよう

【カチグリ】:「ヌゥッ!」カチグリニンジャも君たちを強敵と認めたのか小手先のダメージにとらわれず攻撃を続行!

センチネルジェリー:猛攻に押されつつも反撃!「これが私だ!これがチーム・サキガケだ!」体力9→7 精神力3→2

ブラストビート:「センチネルジェリー=サン!」(やべえなこれは…!)

ブラストビート:私のターン。連続側転

ブラストビート:7d6>=4 = (6,6,6,3,3,4,4 :成功数:5)

ヒットホース:良い出目

ブラストビート:下の壁蹴ってトライアングルリープキック!

センチネルジェリー:「ハァーッ……ハァーッ……」センチネルジェリーは悲鳴を上げるニューロンで、体の震えを必死に抑える。

ブラストビート:4d6>=4+4d6>=4+3d6>=4 = (6,3,3,2 :成功数:1) + (6,2,5,1 :成功数:2) + (5,5,4 :成功数:3)

ブラストビート:3,2,1!

ブラストビート:「やらせねえ!俺が相手だ!イヤーッ!」

ブラストビート:あ、ヤクザ召喚します

NM:3d6>=5+1d6>=5+1d6>=5 = (3,3,4 :成功数:0) + (3 :成功数:0) + (2 :成功数:0)

バッドウィッチ:おお?

センチネルジェリー:ワオワオ!

NM:アイエッ!?

ブラストビート:やったぜ!

ヒットホース:ヤッター!

ブラストビート:アトモスフィアハードでケチるとこうなるのよ!

NM:むしろ増やしたんだよなぁ…後二人攻撃がくるという事実は重い

【カチグリ】:「ヌゥッ!?貴様、突っ込んでくるとは!」

ブラストビート:「シューシュシュシュッ!イヤーッ!」強烈なストレート三連打!

【カチグリ】:「グワーッ!おのれ、俺のイガを弾くほどのカラテとは!」

センチネルジェリー:では自分の手番だ!

センチネルジェリー:専念射撃できるように自分の右上にヤクザを出現させます。攻撃して大丈夫ですか?

NM:ドーゾ

センチネルジェリー:では一刀流から二刀流に変更。そのまま攻撃専念で3連撃!ダイス4個!

センチネルジェリー: 1d6>=3+1d6>=3+2d6>=3 = (1, 失敗) (1, 失敗) (2 1, 失敗)

センチネルジェリー:アイエッ!?

ブラストビート:これはひどい

センチネルジェリー:「……クソッ!」先程の攻撃の衝撃で、腕が震えている!

ヒットホース:d3ダイスゥゥ!生きとったんか!

【カチグリ】:「イヤーッ!」腕を大きく振ってセンチネルジェリーの攻撃を大きく弾き飛ばす!

ブラストビート:むしろ2面ダイス

ヒットホース:コイントスやん

バッドウィッチ:僕のターン ヘンゲ3ターン目

ヒットホース:「BRRR…。オノレマダアレホドノヨリョクヲノコシテイタカ」

ブラストビート:ヤクザ残ってるなら出してしまえ!

バッドウィッチ:ヤクザ出します。そして連続側転

【カチグリ】:「クソッ!まだ人形を潜ませておったかぁ!」

バッドウィッチ:6d6>=4 = (6,5,4,6,2,1 :成功数:4)

バッドウィッチ:ヘビカラテ連続いきます

バッドウィッチ:7d6>=5+7d6>=5 = (4,3,2,2,3,5,3 :成功数:1) + (2,2,5,1,6,3,5 :成功数:3)

バッドウィッチ:サツバツ1

ブラストビート:これでサツバツるんだから恐ろしい

NM:2d6>=5+3d6>=5 = (5,2 :成功数:1) + (3,4,3 :成功数:0)

NM:アイエエエエ!

ブラストビート:サツバツヒットォ!

NM:バカナーッ!?

センチネルジェリー:ヤッター!

ブラストビート:トドメヲサセー!

ヒットホース:サツバツ!

バッドウィッチ:サツバツ:1d6 = (3)

「苦しみ抜いて死ぬがいい」急所を情け容赦なく破壊!:本来のダメージ+1ダメージを与える。耐え難い苦痛により、敵は【精神力】が-2され、【ニューロン】が1減少する(これによる最低値は1)。残虐ボーナスにより【万札】がD3発生。この攻撃を【カルマ:善】のキャラに対して行ってしまった場合、【DKK】がD3上昇する。

バッドウィッチ:またか!

ブラストビート:お、いいぞ。カチグリフォールの使用回数が1減った

バッドウィッチ:ニチョームの回想の影響か?

センチネルジェリー:欠損部位即時再生があるので、ダメージが単純に+されるのはおいしい。

ヒットホース:シャドウウィーヴと同じ苦しみを味わうがいいさ!

バッドウィッチ:「イヤーッ! 美味しく食べちゃうよ!」噛みつき!

バッドウィッチ:万札振ります

バッドウィッチ:1d3 = (1)

【カチグリ】:「ヌッ!?グワーッ!オノレーッ!」センチネルジェリーやブラストビートの攻撃でイガが削れていた部分を突かれて攻撃されてしまった!

NM:精神力を1消費し欠損部位を即座に回復します

ブラストビート:精神力に2ダメージも持っていけー!

ブラストビート:そしてヤクザの攻撃。何体だ8か

ブラストビート:射撃専念!

ヒットホース:多いな!

センチネルジェリー:トドメヲサセー!

ブラストビート:3d6>=3+3d6>=3+3d6>=3+3d6>=3+3d6>=3+3d6>=3+3d6>=3+3d6>=3 = (5,6,1 :成功数:2) + (4,4,1 :成功数:2) + (3,2,2 :成功数:1) + (1,5,4 :成功数:2) + (5,1,5 :成功数:2) + (3,4,5 :成功数:3) + (1,3,1 :成功数:1) + (6,5,1 :成功数:2)

ブラストビート:全成功!

ヒットホース:今日のヤクザは優秀だぜ!

NM:2d6>=4 = (3,5 :成功数:1)

バッドウィッチ:ちいっ!

ブラストビート:「「「ザッケンナコラーカチグリ!!」」」一糸乱れぬ連携射撃!

【カチグリ】:「舐めるなコワッパ!イヤーッ!」弾丸を辛うじて回避!

センチネルジェリー:ヌゥーッ。流石にそう簡単には斃れないか。

ヒットホース:やりおる!

センチネルジェリー:だが次のターンで倒しきれそうだ。次のカチグリ・フォールはないぞ!

ヒットホース:ではイクゾー!精神-1でヘンゲ継続 飛行を宣言。移動 カチグリ・ニンジャに連射2

ヒットホース:4d6>=4+3d6>=4 = (1,1,6,2 :成功数:1) + (3,1,4 :成功数:1)

NM:1d6>=4+1d6>=4 = (5 :成功数:1) + (3 :成功数:0)

NM:ヌゥッ

センチネルジェリー:1発!

ブラストビート:ヨシ!いいぞ!

NM:体力でも受けきれなくなっていく

ヒットホース:「BRRR!!」弾丸のように突き進みながらホーススリケンに速度を乗せる!

センチネルジェリー:さあカチグリの最後の行動かな。

【カチグリ】:「ヌゥッ…!」肩に被弾!多勢に無勢だと分かっては居るがリアル・ニンジャのプライドが逃走を許さない!

ブラストビート:まだ最後とは限らないから…

センチネルジェリー:はい。油断せず行きます。

ブラストビート:注意が一秒、後遺症が死ぬまで

NM:連続側転しよう

NM:6d6>=4 = (1,2,2,6,4,3 :成功数:2)

ヒットホース:欠損は怖い。特にサイバネは…

センチネルジェリー:ボックスカラテ連打を避けてきたか。

NM:ヒットホースに攻撃!

ブラストビート:馬に行ったか!

ヒットホース:むむむ!

NM:5d6>=5+5d6>=5+4d6>=5 = (5,6,6,2,5 :成功数:4) + (6,3,4,3,5 :成功数:2) + (5,2,3,5 :成功数:2)

センチネルジェリー:サツバツ!

NM:サツバツ1

ヒットホース:精神使ってサツバツ回避。残り6.6で回避!

ヒットホース:6d6>=5+6d6>=5 = (3,5,5,2,5,5 :成功数:4) + (6,5,2,2,5,3 :成功数:3)

ブラストビート:両方カウンター!

センチネルジェリー:ワオーッ!

ブラストビート:スゴイ!

NM:にゃにぃ

ヒットホース:このための脚力限界突破

センチネルジェリー:活きた!スゴイ!

【カチグリ】:「ヌゥ、グワーッ!」ヒットホースの軍馬的速度と蹴り足で不意のダメージを受けた!

ブラストビート:回避しないだと!

ブラストビート:ならば連続側転!

ヒットホース:「BRRR!イヤーッ!ワガイダテンニオイツケルモノナシ!」

ブラストビート:7d6>=4 = (5,4,4,2,3,3,3 :成功数:3)

ブラストビート:壁蹴ってトライアングルリープ!三連!1発目精神集中、残り5,5

ブラストビート:5d6>=4+5d6>=4 = (2,1,4,2,6 :成功数:2) + (5,1,4,5,4 :成功数:4)

ブラストビート:2,2,1!

NM:2d6>=5+2d6>=5+1d6>=5 = (6,1 :成功数:1) + (1,3 :成功数:0) + (4 :成功数:0)

NM:ウゴゴゴゴ…

バッドウィッチ:

ブラストビート:決まった!

センチネルジェリー:2発!

ブラストビート:このターン終了時にドクで0だ!

センチネルジェリー:では、一応トドメ行きます。それで大丈夫ですか?

ブラストビート:「シューシュシュッ!イヤーッ!これがソウカイ・ヤクザの重みよォーッ!!」

ブラストビート:ドーゾ!

【カチグリ】:「グワーッ!グワーッ!ク、クソッー!」

センチネルジェリー:カウンター無しのようなので、残り体力は3か。

センチネルジェリー: 6d6>=4 連続側転 = (6 4 2 5 1 3, 3成功)

センチネルジェリー:隊長に続いて壁を蹴る!

ブラストビート:残り体力1ですよもう

センチネルジェリー:4、2、2とリープキックで攻撃!

センチネルジェリー: 4d6>=4+2d6>=4+2d6>=4 = (3 3 1 4, 1成功) (3 3, 失敗) (6 4, 2成功)

センチネルジェリー:「イヤーッ!イイィヤーッ!」2発!2、1だ!

NM:3d6>=5+2d6>=5 = (3,2,6 :成功数:1) + (6,1 :成功数:1)

センチネルジェリー:ヌゥーッ。

ブラストビート:無駄な足掻きを!

NM:こんだけやってカウンターはしないかぁ

ブラストビート:ハードだからね…

センチネルジェリー:サツバツ!でトドメお願いします!

バッドウィッチ:ヘンゲ4ターン目

ブラストビート:ヘンにダメージ貰ってもあれだし壁にもたれて眺めてるのもそれっぽいかも

バッドウィッチ:ふつうに移動しヘビカラテ2連

バッドウィッチ:7d6>=4+7d6>=4 = (2,4,4,2,4,6,2 :成功数:4) + (4,4,5,2,3,2,6 :成功数:4)

センチネルジェリー:サツバツ!

NM:1d6>=5+1d6>=5 = (4 :成功数:0) + (5 :成功数:1)

ヒットホース:きまった!

バッドウィッチ:「イヤーッ!」触手めいた舌を薙ぎ払う!

【カチグリ】:「グワーッ!アバ、ゴホッ……!」

センチネルジェリー:「以前のオガイ・ニンジャの例もあります!死ぬ間際まで油断はできません!クローンヤクザ共!トドメヲサセー!」

ブラストビート:折角なので銃撃!ロールのみで!

センチネルジェリー:せっかくなので一斉射撃!

ブラストビート:「「「「ザッケンナコラーカチグリ!!!」」」」BLAMBLAMBLAM!!

【カチグリ】:「オノ…オノレ…!コノウラミハラサデ…!」カチグリニンジャは突如発光!クローンヤクザの射撃と同時に爆発し棘が辺りにばらまかれる!

【クローンヤクザ】:「「「アバババババーッ!」」」棘はクローンヤクザに命中!しかし、最初のジツと比べて速度が明らかに遅く、ヤクザはともかくニンジャの君たちは気を張ってさえ居れば苦もなく避けられる速度だ

ブラストビート:ヤクザお掃除用自爆

センチネルジェリー:「イヤーッ!イヤーッ!」全弾叩き落とす!

バッドウィッチ:ヘンゲが切れると同時に跳躍、回避「イヤーッ!」

ブラストビート:「フンッ!無駄なあがきを!」拳で払いのける!

◆戦闘終了◆

ヒットホース:「イヤーッ」サイボーグ馬下半身の重さを感じさせないバク転で回避

センチネルジェリー:「ハァーッ……ハァーッ……」その場にへたり込む。

センチネルジェリー:「何とかなった……みたいですね」ブンブンと首を振る。

ヒットホース:「リアル・ニンジャといえど我らサキガケの敵ではありませんね」ヘンゲが解かれて4本足の馬になる

ブラストビート:「全員よくやった!だが秘宝を持ち帰るまでが任務だ!まだ気を抜くんじゃないぞ!

バッドウィッチ:「ウイ」

ブラストビートがそう声を発した瞬間
ガラリ!とコロシアム中央から音がする。どうやら中央の床が抜け、人一人が入れる程の穴が空いていた
穴の中は複数人が入れる程の大きさだが…?

センチネルジェリー:一応罠が無いか確認しておきましょうか。

ブラストビート:ないと思うけど一応警戒しながら進入だ

NM:大丈夫です。ニンジャ感知能は罠が無いと告げています

センチネルジェリー:了解しました。

バッドウィッチ:装束を着ながら突入

センチネルジェリー:では皆で入っていきましょう。

そこは競技場とは全く違うアトモスフィアの空間だった
正方形の一室で、壁にはドラゴン、アワビ、カチグリ、コブの墨絵が描かれている
そして、君たちの正面には2つのマキモノ、左右には2つずつチェストが安置されていた。
ニンジャ感知能には危険は感じられない。何処と無く神聖な雰囲気が漂った場所だ

ヒットホース:「これはアワビ・ニンジャのドージョーにもあった部屋ですね」

ブラストビート:「アワビ・ニンジャクランの遺跡にも同じような部屋があったな…」

センチネルジェリー:「さて、一つずつ確認していくとしますか」まずは目的のサンコン・リチュアルからかな。

NM:ではマキモノの内、一つは*グレーター・マキモノ・オブ・シークレット・ニンジャアーツ*だ

ヒットホース:わお!

センチネルジェリー:「ふむ、参考になりそうですね」「となると、もう1つが……」

NM:もう一つのマキモノは君たちが探し求めていたサンコン・リチュアル中ノ巻だ

NM:サンコン・リチュアルを取得することで君たちは全員DKK+3を得る

ヒットホース:「これが中ノ巻…」

ブラストビート:「こっちがサンコン・リチュアルのマキモノだな」

ヒットホース:「これでまたラオモト=サンの理想に一歩近づきますね!」

NM:マキモノの内容をざっと確認すると、サンコン・リチュアルに必要な道具目録が刻まれていた。どれも入手には中々に骨が折れそうだが、ラオモト・カンならカネとニンジャを使ってすべて揃えられる範疇であろう

センチネルジェリー:「奴らの言っていたことが少し気になりますが、そうですね」

バッドウィッチ:「じゃあまあ、ミッションだいたいコンプリートだね」

NM:さらに、サンコン・リチュアルを行うにはとある特定のパワースポットで行わなければならない事が明記されているが、その場所までは記されていない。残るあと一つのマキモノに記されているのだろう

ブラストビート:(やつらが言うにはこの力は災いをもたらすそうだが…どういう意味だ…?)

バッドウィッチ:「ネオサイタマに帰って、報告して、チャーハンだ」

ブラストビート:残り4つのチェストも確認しましょうか

センチネルジェリー:「そうですね、早急に棘の処置をしないとまずいことになりそうな気もしますし、残り4つのチェストを確認した後は長居せず急いで帰りましょう」

センチネルジェリー:「細かなところの調査はほかの人員がやるでしょう」

NM:チェストの中にはニンジャレリックが安置されていた

ヒットホース:わお!

センチネルジェリー:今回も4つか。フトッパラ!

**カチグリ・ブレーサー**
レリック。
カウンターカラテ成功時に精神力を1消費させることで
1戦闘に1回だけ相手はカウンターカラテに対する回避を行うことが出来ない

カチグリ・ニンジャのジツが込められたブレーサー
カラテを注ぎ込むことで一瞬だけブレーサーから超自然的トゲを生成する事が出来る
**カチグリ・クリスタル**
レリック。
手番の開始時に使用を宣言する。
使用した場合直ちに3ポイントをカラテ・ワザマエ・ニューロンに自由に割り振り加算する。
これによるスキルの自動習得は行われない
手番終了時に加算された効果は消滅する。このアイテムは1シナリオ2回しか使えない

カチグリの超自然的な力を封じ込めた栗色の宝石。
宝石から与えられる一瞬の活力と執念が勝利を引き寄せる
**カチグリ・ボム**
レリック。
手番の攻撃フェイズでその他の行動として使用する。
全員行動を終えた後に術者を中心とした『爆発(49x49)』マス以内にいる敵全員に対し、
自動的に「2ダメージ」を与える。回避難易度:HARD(下限固定)に成功した場合1ダメージとなる
このアイテムは1シナリオ1回しか使用出来ない。

カチグリの力がこもった栗のイガ。
これを持ち念じるとカチグリ・ニンジャのジツを再現することが出来る 
**カチグリ・ウェア**
胴体防具。
1戦闘中に1回、1シナリオに2回『★★★模倣カチグリ・フォール』を使用することが出来る

『★★★模倣カチグリ・フォール』
 『攻撃集中』による難易度-1ボーナスを得る条件が整っている場合、【精神力】4消費で
 マップ内で視界が通っている好きな場所へと移動する(以下着地点)
 着地点と隣接する敵1体に『連続攻撃+3』を得た近接攻撃を即座に行う
 この技は他の連続攻撃+系と同時に使用できず、かつ連続して使用することは出来ない

カチグリの力が宿った装束。
これを装着するとカチグリ・ニンジャの奥義を模倣することが出来る 

NM:ウェアは胴体防具、それ以外は全部レリックです

ブラストビート:「フーム…先ほどのニンジャの力が宿ったレリックか」

センチネルジェリー:「とりあえず、全部持って帰りましょう」

ヒットホース:「そうですね。奴等の力もソウカイヤのために活かしてやりましょう」

NM:帰還しますか?

センチネルジェリー:はい。毒もあるし。

バッドウィッチ:帰ります

センチネルジェリー:急いで処置をしないと。

ブラストビート:微小な棘とやらの処置をしなきゃな

ヒットホース:帰りましょう

センチネルジェリー:あーよかったよかった。これ以上何かがくるということもなさそうですね。

ブラストビート:(実際赤黒おじさん来ても蛇足にしか…)

センチネルジェリー:どうなんでしょうNM。

では君たちは後にツラナイテタオスと呼ばれるものが突き刺さる地点から這い出し、脱出した
帰りの道中はクローンヤクザが行きの間にスキャンした帰り道を使用し、
安全に車まで戻りネオサイタマへと帰還することに成功した

センチネルジェリー:よかった!

ヒットホース:帰 還!

センチネルジェリー:では棘の処理をします。ナース服ヤクザとかかな。

ブラストビート:いやすぎる

ヒットホース:コワイ!

センチネルジェリー:ザッケンナコラー患者!

NM:帰りの車内で医療クローンヤクザが外科手術してくれました

ブラストビート:「これでひとまずは安心だな」

NM:そして、君たちはラオモト=サンに事の次第を報告せねばならない…

センチネルジェリー:「今回は奴も来ませんでしたし、安心して帰れますね」では、トコロザワ・ピラーへ。

--------------------------------------------------------------------------------

【ラオモト】:「ムッハハハハハ…!無事、任務を終えたようだな。首尾を話せ」

ブラストビート:「ハッ…。まずはサンコン・リチュアルの中ノ巻がこちらに」「カチグリ・ニンジャとその眷属は滅びました」

NM:では、ブラストビートが献上するマキモノをダークニンジャが受け取り、ラオモトに渡す目を通したラオモトはニヤリと口元を歪ませる

【ラオモト】:「ムッハハハハハハ!ムッハハハハハ!でかしたぞチーム・サキガケ。アッパレだ。貴様らは仕事を確実にこなす。まさにソウカイ・ニンジャの鑑よ。誇るがいい!」

センチネルジェリー:「アリガタキオコトバー!」頭を下げる。

バッドウィッチ:頭を下げる

ヒットホース:「アリガトウゴザイマス!」

ブラストビート:「アリガトゴザイマス!」拳を合わせて礼

NM:ラオモト=サンから相当のお褒めの言葉を頂いた君たちは【名声:ソウカイヤ】+3を得る!

センチネルジェリー:ワオーッ!

ヒットホース:ヤッター!

センチネルジェリー:名声16→19

バッドウィッチ:名声22

NM:さらに手に入れたニンジャレリックを献上した者はさらに名声+2を得られるがどうする?

ブラストビート:名声27

バッドウィッチ:僕はこのままで

ブラストビート:二つ献上して全員20になっておくとか

センチネルジェリー:これなら、隊長を名声31、自分の名声を21にした上でヒットホース=サンもレリックを得られますね。

NM:献上する者は宣言し、献上する対象を宣言してください

ブラストビート:「そしてこちらに、カチグリ・ニンジャクランのレリックがございます」ウェアとブレーサーを献上する

NM:献上者はブラストビートでよろしいですか?

ヒットホース:OK!

ブラストビート:よいそうです!

バッドウィッチ:okです

センチネルジェリー:OKです。

【ラオモト】:「ムッハハハハ!このレリックはリー先生に調べさせ、さらなる礎としよう。でかしたぞブラストビート=サン!」

さらにソウカイヤに武功を物理的に示し貢献した事によりブラストビートは名声+4!

ブラストビート:名声31…!

NM:カルマロンダリングは受け付けます

ブラストビート:DKK9!ちょっと足りんな

センチネルジェリー:10になったのでカルマ・ロンダリングします。

ヒットホース:DKK3.ロンダリングはまだですねー

センチネルジェリー:どうなるかな。

バッドウィッチ:dkk6

センチネルジェリー: 2d6 カルマ・ロンダリング = (1+6)

『ムッハハハハハハ! お前には華がある! これでさらに磨いておけ!』:ラオモトは懐から無造作に万札束を取り出し、君に放り投げる。このPCの【名声:ソウカイヤ】は+1され、さらに【万札】30を得る。

センチネルジェリー:7!

ヒットホース:30万だっけ?

センチネルジェリー:そうですね。それに、これで名声20だ!このタイミングではなかなか。

ヒットホース:わお!

ブラストビート:お、ぴったり

ヒットホース:ばっちし!

センチネルジェリー:DKK10→0

【ラオモト】:「ムッハハハハハハ!センチネルジェリー=サンよ、最近の貴様の目、不安定な物でなく一本筋のあるもののように見えてきておる。華が出てきたぞ。これでさらに磨いておくのだ!」

NM:ラオモトはセンチネルジェリーに万札束を投げる!

センチネルジェリー:ア……アリガトゴザイマス!」一瞬あっけにとられた後、大事そうに受け取る。

センチネルジェリー:センチネルジェリーは、アベノ・スゴイハルカスでのイクサを終えた後、ラオモト・カンに声をかけられたときのことを思い出していた。

センチネルジェリー:メンポの奥で、一筋の涙が流れる。

センチネルジェリー:【万札】40→70

【ラオモト】:「さらにビジネスをこなした報酬だ」ラオモトがパンパンと平手を叩くと金髪オイランが引き出しから万札束を取り出し胸で挟んで手渡す

【オイラン】:「ドーゾドスエ」万札160!

センチネルジェリー:宝と合わせて280かな。

ヒットホース:「アリガトウゴザイマス!」

バッドウィッチ:「アリガトゴザイマス」

センチネルジェリー:「アリガトゴザイマス!」

ブラストビート:「アリガトゴザイマス!」

ヒットホース:一人頭、70万!?成長を実感するね

センチネルジェリー:換金できるフルーツなどは食べてしまったので、そうなりますね。十分すぎるほどの成果。

【ラオモト】:「これからもより精進しワシの為に働くのだ、よいな」

ヒットホース:「ハイヨロコンデー!」

ブラストビート:「ハイヨロコンデー!」

センチネルジェリー:「ハイヨロコンデー!」

バッドウィッチ:(……)「ハイヨロコンデー」

NM:その言葉を言い残し、ラオモトはオイランを引き連れながら去っていきました

バッドウィッチ:「だいぶ出世したねえ、ブラストビート=サン」

ヒットホース:「皆さんのカラテがあれば当然の評価ですよ!」

ブラストビート:「みたいだな。ヤクザ相手にミカジメ要求してた頃が懐かしいぜ…」

センチネルジェリー:「懐かしいですねえ、そんなこともありました」

バッドウィッチ:「あの時、赤黒が来てさ。あれからだよ。大分奇妙な道のりだ」

センチネルジェリー:「あの一件で、本当に色々なことが変わりました。あのとき奴に出くわしたのは、運が良かったのか悪かったのか。サイオー・ホースですねえ」

ヒットホース:ヤクザ相手に300万請求してたけど、ミッション報酬で280万貰えるようになるとは…

ヒットホース:「皆さんもそんな時があったんですね~」

ブラストビート:「お前は…最初からそんな感じだったな、うん」

バッドウィッチ:「ヒットホース=サンも最初な、なんだこいつって思ったよ。今じゃもっとなんだこいつって思ってる」

センチネルジェリー:少し吹き出します。

ヒットホース:「褒められてますか?アリガトウゴザイマス!」

センチネルジェリー:「ですねえ」「さて、我々のアジトに帰りましょうか」同じ建物なのですぐだ。

ヒットホース:「ええ。レオパルド=サンのご飯が待ってます」

バッドウィッチ:「最近あいつ料理上手くなったよな」

ブラストビート:「そうだな。ヤクザより料理人のが合ってるんじゃねえか?」

ヒットホース:「彼の料理でないと最近味気なくて…」

センチネルジェリー:「これからも、レオパルド=サン含め、全員欠けることなく活動を続けられるようにしていきたいですね」

センチネルジェリー:「今回のイクサでも、自分のカラテの不足を大分感じました。まだまだ上を目指さねば」

--------------------------------------------------------------------------------

【カチグリ・コロシアム】エピローグ

「ハァーッ…ハァーッ…ハァーッ…」カチグリ・ニンジャはうつ伏せに倒れながら顔を歪ませ息を荒げつつゆっくりと匍匐前進をしていた。

あの都会のニンジャ共をなんとか決死のシニフリ・ジツで欺くことは出来たが、もう助かる見込みはない。いつ爆発四散してもおかしくないのだ

何とか観客席の片隅から再び闘技フロアまで降りることが出来た…がニンジャ聴力を鋭敏にしていたカチグリ・ニンジャは不意に、その先から靴音を聞いた。

すぐ横をバイオアブが飛んだ。インセクツ・オーメンめいた、妙な胸騒ぎ。

音の先を見ると……靴音の主は、ハンチング帽子を目深に被ったトレンチコートの男であった。

「……ドラゴン・ドージョーの奴だな。遅かったな。サンコン・リチュアルはもうないぜ。奪われちまった」「ゴホ、ゴホッ…!でも、このまま消えるのも癪だ……一つ教えてやる」

「サンコン・リチュアルは奪われたが…カチグリ・ニンジャだけが伝える秘伝書は別のところに隠していたのさ…あそこの床の石畳の…下に、ある。使うか使わないかはお前に…任せる…」

カチグリ・ニンジャは絞り出すような声でトレンチコートの男に告げると、次の瞬間白目を向き仰け反り爆発四散した。

「サヨナラ!」

トレンチコートの男は空を見上げしばらく思案した後、指し示されていた石畳の方へと歩き始めた。

(「カチグリ・コロシアム」完。「知事選挙戦略会議護衛囮任務」に続く)

27

west_117

ニンジャスレイヤーRPGリプレイ集③ カチグリ・コロシアム

遂に「シックスゲイツの6人」の一角となったブラストビート、そしてチーム・サキガケ。向かう所敵なしの彼らの前に立ち塞がるは、ザイバツからの刺客、無限に湧き出るバイオスモトリ、秘儀を隠匿するリアルニンジャ。そして…!あらゆるバースを過去にする、最速最強のニンジャ・リプレイ第三巻!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。