単にエッセイ

56
ノート

AIロボットにセレンディピティな発見はあるのか

出張に行ってきました。 最先端が流行のTOKYOCITYでは右も左も猫も杓子も「AI」。 ...

言葉と時代感覚

**手向けるやむしりたがりし赤い花 (一茶)** 小林一茶の句ですが、そのままよめば 〈手向け...

ハンドルネームの由来

West side Nodと書けば、コメントいただくときはなんだか面倒で長ったらしい名前付けちゃって...

事件は現場で起こってる

先日、知人が淡路島に釣行し20cmほどのロウニンアジの若魚を釣って帰って来ていた。若魚とはい...

ブルズランで轢かれそうに、いやちょっと轢かれた話

夕方、歩道を歩いていたら 女子高生が自転車で向こうからやってくる。 よくよく見ればスマホを...

伸るか反るか

「リスクを取らないのもリスク」などと言われれば平々凡々と日々を送ってる身としてはドキッと...

ブタのタブー

むかし、ネパール出身の学生さんが鮮魚店で働くのに少し関わったことがある。鮮魚は朝早くて水...

気がつきゃnote始めて九か月が過ぎゆくみたいだ

noteを始めて気づけば早や九か月が過ぎようとしている。もうとっくに1年経過したものとおもっ...

氷漬け

シベリアの永久凍土で氷漬けになっていた3万年前のホラアナライオンが発見されたという記事が...

煙突社会

煙突はあなたにとってどんな印象を抱かせるものだろう? お風呂屋さんを連想したり、『メリー...