「好奇心・疑問」から「没頭・夢中」へ

「これってどういうこと?どういう仕組み?どういう理由?」という、好奇心や疑問から始まる探求・実験・試行錯誤を自然と連鎖出来ている状態が「没頭」「夢中」なのかもしれませんね。

好奇心疑問を原動力として、分からないこと・知りたいことを調べる。実際にやってみる。それによって理解が深まる。理解が深まると、「楽しい!面白い!」という気持ちが湧いてきて、更にのめり込む

ひとつ理解が深まったら、更なる疑問次に試したいことが思い浮かんでくる。それを調べて実際にやってみて、理解して、楽しんで、更に次の疑問や試したいことが…と連鎖が発生する。

これが没頭・夢中、ハマるという状態なんだと思います。アウトプットや成果を伴うものであれば内容もどんどん向上するでしょう。

このループや連鎖は好奇心、あるいは疑問を持つことから始まっています。新しく知ったことは勿論のこと、今取り組んでいること、取り組まなければならないことにおいても「これってどういうこと?」という小さな問い掛けを持つことで、知らぬ間に没頭ループに入れるかもしれません。

何気ないことにも興味を持つ好奇心は大事ですね。いつまでも、どんな境遇でも持ち続けて行動の原動力にしたいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、最終的にはあなたのお役に立てるような投稿へと還元できればと思います!

ありがとうございます、励みになります!

ういちょ

1980年代半ば生まれ。 インプットしたことをアウトプットに繋げるべく奮闘中。少しでも前に進みたい。いや、進める。 大学在学中に気象予報士試験に合格。実務経験ゼロ、野生の気象予報士。 日々考えたことをメインに書きつつ、気象や防災に関することも時折書こうと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。