田んぼに囲まれた蒸留所『グレンキンチー・GLENKINCHIE 』へ#7

ーーー2019.7.16号ーーー

今日でスコットランドへ来て6日目。

ついに、やっと、念願のこの日が来た。

待ちに待ったウイスキー蒸留所見学をしに行くのだ。

名前は『グレンキンチー蒸留所』

12日に、エディンバラにある「ホリールード蒸留所」へは行ってきたが、まだ工事中で見学とまではいかなかった。、

それはそれで面白かったが、やはり稼働している蒸留所に行くとなると、テンションの上がり方は違ってくる。

行き方を調べると、蒸留所まではエディンバラ市内からバスで2時間ほどかかるらしい。乗り換えは一度。

アジアを旅していたことは、電波の無い状況で、28時間バスに揺られ国境を越えした経験もあるので、それに比べたら優しいものだ。(しかも今は現地のSIMカードを入れている)

それはさておき、

市内から「253」か「X7」のバスに乗り、ハーディントンにある「Corn Exchange」まで行き、「Police station」に乗り換え、蒸留所まで行く。

13時のバスにのり、着いたのは15時くらい。

もうめちゃくちゃ田舎だ。見渡すかぎり田んぼしかない。

看板がグレンキンチーの方向を教えてくれているので、それに従って歩く。

ひたすら歩く、

20分ほど歩くと、ようやく着いた。

外からみた印象は、綺麗なレンガづくりの建物という感じで、蒸留所っぽくはない。

またここも工事をしているようだ。

見学できるんだろうかと恐る恐る中に入っていくと、めちゃめちゃ笑顔で受付のお母さんが迎え入れてくれ、ホッと一息ついた。

ちょうど今からツアーが始まるらしく、一緒に参加させてもらうことに。

ツアーの内容は、工程を実際に見ながらガイドをしてくれ(もちろん英語)、最後にウイスキーを飲んで〆るというものだ。

僕がいったときは、ちょうど稼働している最中で、発酵や蒸留工程を肌で感じながら、見学することができた。

(中も見せてくれた)

(この部屋はホントめちゃくちゃ暑い)

最後の試飲は、2種類のめるツアーの場合、「グレンキンチー12年」と蒸留所限定ボトルがのめる。

僕は4種類のめるツアーにしたので、残りの2杯はバーカウンターに並んでいるものから好きなものを選んで飲むことができた。

ちなみに、せっかくなので案内してくれたブライアンにおすすめをチョイスしてもらった。

(とても気さくで面白い人だった)

(ダルユーイン16年・レアなものらしい。めちゃくちゃ美味しかった)

(ラガヴーリン ダブルマチュアード)


帰りのバスのことはよく調べていなかったが、蒸留所をでたときに、ちょうどそれらしいバスが来たので、乗ってみると遠回りはしたが、無事乗り換え場所まで送ってくれた。

グレンキンチーについては、また後日ブログにまとめる。noteは日記のようなものなので、これくらいで!

明日はエディンバラを出て、次の蒸留所へ行こうと思う。

今回は以上です!


つづく

















この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけると嬉しいです😁

あざっっっす!!!(野球部風)
7

ヒデイシ

毎日ウイスキーのことばかり考えています。ウイスキーが好きすぎて公務員を辞めてしまい、いまは本場スコットランドにある蒸留所めぐりをしているところです。巡って巡って巡りまくってます🏃‍♂️

【日刊】ウイスキージャーニー

ウイスキーと触れ合うためにスコットランドへ渡ったヒデイシのログです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。