見出し画像

2045年、ロボットデリヘル嬢はポリコレの夢を見るか?~新刊『未来のセックス年表2019-2050』執筆裏話①~

2019年3月6日(水)、SB新書より『未来のセックス年表 2019-2050』という本を出します。発売まで一カ月を切ったので、執筆の裏話的な記事をちょこちょこ書いていきたいと思います。

第一部の「日本人の性 未来予測カレンダー」では、2019年から2050年の間に起こるであろう、私たちの性に関する出来事を描いています。

<第1部 日本人の性 未来予測カレンダー>

2019年 「パパ活女子大生」がキャンパスに溢れる

2020年 単身の高齢女性が「ジジ活」を始める

2021年 「アダルトコンテンツ難民」の高齢者が街をさまよう

2024年 未成年の「フェイクポルノ」がネット上に拡散される

2025年 セックスレスの夫婦がマジョリティになる

2027年 女性嫌悪VS男性嫌悪の戦争が泥沼化

2028年 緊急避妊ピルが薬局で買えるようになる

2029年 同意のないセックスが犯罪になる

2030年 地方都市からデリヘルが消える

2031年 Vtuberが全国の学校で性教育の授業を行う

2032年 障害者・高齢者のセックスをテクノロジーが補完する

2033年 県庁所在地の「沖縄化」が進む

2034年 VR風俗がキャズムを超える

2035年 選択的夫婦別姓制が認められる

2036年 「無料風俗店」「無料ラブホ」が登場。日々の性行為のデータが吸い上げられる

2038年 同性婚が認められる。同性カップルも特別養子縁組が可能に

2040年 自動化と無人化の果てにセックスの「再魔術化」が起こる

2043年 AVがシンギュラリティを突破する

2045年 「ロボットデリヘル嬢」が街を闊歩する

2050年 不倫という概念が無くなる

もちろん予言ではなく予測、予想にすぎない箇所もありますが、未来のことを考えるのって、シンプルにワクワクすると思うんですよね。

そうしたワクワク感、意外とこれまでの性に関する新書にはなかった要素だと思うので、私自身も楽しんで書くことができました。

第一部の終盤、AI(人工知能)が人間の知能を超えるシンギュラリティが到来すると言われている2045年の章では、『「ロボットデリヘル嬢」が街を闊歩する』というタイトルで、未来の性風俗がどのような形になるのかを予想しています。

タイトルだけを見ると、2045年の世界では、汎用AIを搭載したロボットのデリヘル嬢=美しいセクサロイド(セックス目的で作られたアンドロイド)が歌舞伎町あたりを歩き回っている・・・みたいなイメージを持たれるかもしれませんが、実際に書いた内容はちょっと違います。ポイントは、ロボットデリヘル嬢に「 」がついているところですね。

この章を書くにあたって、ロボットデリヘル開発者のあきさんに取材させて頂きました。(あきさん、お忙しい中ありがとうございました!)

「女性が一切しゃべらない」「生身の女性をロボットとして提供する」というコンセプトのロボットデリヘルに関しては、「女性をモノ扱いしているひどいお店だ」とツイッターで炎上騒ぎになったこともあるのでご存知の方も多いかもしれませんが、「性風俗とポリコレ」の問題、未来の社会においては、より問題化されるケースが増えていくと思います。

政治的な正しさ(ポリティカル・コレクトネス)や性的同意(セクシュアル・コンセント)の重要性が論じられる一方で、人間の性的欲求の中には、正義や論理だけでは割り切れない、支配欲求や被支配欲求、被虐の快楽や加虐の快楽が確実に内在している。

そうした矛盾を、性風俗を含めた市場の世界、そして性教育などの公の場でどう扱うのか、そもそも法的・社会的にグレーな性産業の世界において、ポリコレとビジネスの両立は可能なのか・・・といった問いは、これからの時代、ますます重要性を帯びていくはず。

女性差別的な記事や広告を載せるメディアをSNSで叩くだけではなく、どうすればそうした記事を載せなくても稼げる&読ませるビジネスモデルを作るか(そもそも作ること自体が可能なのか、という点も含めて)を考えていくことが主流になるはず。というか、そうなってほしい。

今回の新書には、そうした私の問題意識が通奏低音として流れていると思います。

せっかく未来の話をできる貴重な機会なので、「何がダメか」「誰が悪者なのか」ばかりをあげつらうのではなく、「どうすれば、よりよい世の中をつくることができるのか」という問いを考えることができれば、と。ズートピアのジュディ・ホップス風に言えば、「世界をよりよくしましょう!」というノリですね。

というわけで、『未来のセックス年表 2019-2050』、ご期待ください!

Amazon予約はこちら!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ホワイトハンズと握手!
6

一般社団法人ホワイトハンズ

新しい「性の公共」をつくる、というミッションを掲げて活動している非営利組織です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。