「みんなで語るレズ風俗」セックスワークサミット2018秋の大会・一日目の開催記録(10月7日)

セックスワークサミット2018秋の大会・一日目は、都内のレズ風俗店でオーナー兼キャストとして働かれている橘みつさんを講師にお招きして、レズ風俗に関する基礎講義とグループワークを行いました。

レズ風俗の世界をただ興味本位で消費するのではなく、そこで働く人たち、利用する人たちが何を考え、何を求めているのか、そしてその背景にはどのような社会的要因や課題があるのかを基礎講義を元に整理した上で、現場の事例を用いたグループディスカッションによって議論を深めていきました。

現場で働くキャストさん、デリヘルの経営者、風俗案内所の経営者、NPO、福祉職、弁護士、税理士、作家、ライター、公務員など、多種多様な職種・属性の方々がグループを作って、レズ風俗店の現場の事例を元に、グループディスカッションを行いました。

意見発表の時間には、様々な角度から意見が飛び交いました。性の問題について公の場で話す機会、滅多に無いと思いますが、橘さんの的確なファシリテーションの下、終始温かい雰囲気の中でディカッションと発表が行われました。

60分×2コマのグループディスカッション、あっという間の時間でした!

参加者の方々からも熱い感想が寄せられました。


ゲストの橘みつさん、司会のリディラバ清島さん、運営に協力してくださったスタッフの方々、そしてご参加くださった皆様、ありがとうございました!

セックスワークサミット2018秋の大会(10月7日~8日)の詳細・参加申し込みはこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ホワイトハンズと握手!
4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。