好きな女性がいている時はマジで自分は無力

昔から、変わらない特性があるとしたら


「好きな女性が複数の友達というか環境にいるとき、僕は無力になる。」


「無力」というのは、

自分から話かけることができない(恥ずかしい)

そして、他の人と話ている時はマジで嫉妬してしまう。


それは、自分でも


「なぜ、喋りかけないのか?」


ということで自分に責めてしまう。


その度に


「自分は何をしているんだろう」と悔やむ。


これは、過去から今も変わらない習慣。


克服したいけど、克服できない壁。


どうしたら、好きな人がいている時に正直な自分を出せるのか?




悔しいという気持ちが溢れつつも


思うのは、タイマンで勝負するしかない。


「タイマン」!


この気持ちは今も昔も変わらない。


そんな事を自分の心に言い聞かせる2月の夜。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけましたら、作品制作に全力で投資させていただきます…!本当にありがとうございます!!

あったかいな!
2

恋人ができるまで【過去編10記事→続編執筆中】

ブログでは、書けない恋愛ネタをここで書いていきます。 テーマは、「初めての彼女ができるまで」を描いた自分の恋愛遍歴を丸裸にする、自分に損をするお話です。 自分で言っても悲しくなるのですが、モテません。 そんな僕の損するような甘酸っぱい恋愛サクセスストーリーをご覧ください。...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。