wings

中学生に英語を教えています。「Wings超英文法メソッド」と「オトナの発音教室」のマガジンで、もっと簡単に英語を学べる方法を公開しています。(*^o^*)

英語独特の構文に慣れよう②

前回は、無生物主語の構文の基本に触れました。
今回はもう少し踏み込んだ文章をご紹介しますね。

次の文章を英語らしい表現で英訳してみましょう。
「絶え間ない努力をしたので、そのチームは優勝することができた。」

まず、主語と動詞を考えます。
「絶え間ない努力をした」を、「絶え間ない努力」という名詞で表現して主語にします。
Constant effort
これが主語になります。

次に動詞ですが、「

もっとみる

英語独特の構文に慣れよう

英語と日本語の大きな違いは、語順の違いがありますが、それは思考のベクトルの違いなんですね。以前にも書いたことですが、復習してみましょう。

英語は、話者の近い情報から始めて、離れた情報へと展開していくズームアウトのベクトルです。

一方日本語は、話者から離れた情報から初めて、近い情報へと展開していくズームインのベクトルです。

住所の表記を見れば一目瞭然です。

日本語では、東京都○○区△△町12

もっとみる

ここまでできればほぼ完成

It was not until ~ that ・・・ ~して初めて・・・する

この構文を基礎から応用までやってきたわけですが、最後に長文に挑戦しておしまいにしようと思います。

It was not until 1815 that soccer became a less violent sport.
1815年になって初めて、サッカーはそれほど暴力的ではないスポーツになった。

この文は、サ

もっとみる

少しずつ難解な文に挑戦しましょう

前回の例文
It was not until ~that~  ~して初めて~した

の応用を、今回はご紹介します。

まずは復習から。
it was not until yesterday that Ken found my key in Kate's kitchen.
ケンは昨日になって初めて私の鍵をケイトの台所で見つけた。

yesterdayが強調されているわけですね。

今日の例文はこれで

もっとみる

基本から応用へステップアップ

前回ご紹介した「強調構文」。文の構成がわかれば意外と簡単に作れましたよね。

It was yesterday that Ken found my key in Kate's kitchen .
ケンが私の鍵をケイトの台所で見つけたのは、昨日でした。

今日は、ちょっと変化球をご紹介しましょう。

It was not until yesterday that Ken found my key i

もっとみる