Terara

マーケター兼デザイナー
固定されたノート

憂鬱だった雨の日を「特別な日」に変えてくれたディズニーの魔法

大嫌いだった雨の日がこんなに待ち遠しくなるとは、思ってもみませんでした。





雨の日は憂鬱。

傘をさしても避けきれない雨に肩とカバンを濡らされながら歩く。

道の向こうから来た人の傘と、自分のそれがぶつからないように注意を払う。

注意を払っても、時々避けきれずにぶつかり、怪訝な顔をされる。

そうこうしていたら水溜りに足をつっこみ、スニーカーの中にじっとりと水が染み込む。

水が靴

もっとみる

「人生30年理論」は自殺を減らせるか?

・漠然とした将来への不安を抱えている
・鬱や適応障害で毎日生きるのが辛い
・今の自分のままでいいのか焦りがある

そんな人は少なくない。

というより、みんな表には出してないだけでそういう人ばかりなのではないだろうか。

現代社会では鬱病にかかる人や自殺する人がとても多い。

私自身、18〜19歳まで鬱病で苦しんだ。

原因はなんなのだろうか。

・家庭環境
・いじめ
・仕事でのストレス
・金銭苦

もっとみる

【悲報】母に名前を忘れられました

8月12日〜15日まで、鹿児島に帰省してました。

正月以来の鹿児島でしたが、母は会う度に少しずつ子供に戻っていっているように感じます。

喜怒哀楽の感情がとてもストレートで、
楽しい時はとても笑うし、
怒る時は激しく怒ります。

可愛いもの好きが加速し、
居間にはぬいぐるみや造花が大量に、、。

動く猫のぬいぐるみを「見てみて!可愛いでしょー!!」と自慢する姿は時折少女のように見えます。

もっとみる

本棚を購入しました

おはようございます。

ゴールデンウィーク、皆様はどのように過ごされましたか?

私は本棚を購入し、断捨離し、部屋の片付けをしました。

この形の本棚、くるくる回せるので本がとても取り出しやすい!

おすすめです。

ずっと収納出来ずに机の上に積み重ねるしかなかった本が綺麗に収まり、ようやく机を本来の用途で使用することができるようになりました。

部屋が綺麗になると気分もスッキリしますね。

部屋

もっとみる

人格という幻想

大阪の自宅より、、。

突然ですが、人格ってなんでしょう。

。。。。。

私は所謂人格者と呼ばれる人が「偉い」とは全く思いません。

その人はそういう「役割」なのだと思っています。

生まれ持った脳のクセというものがある。

その上で大人になるまでに色んなものから影響を受ける。

人格者は素晴らしいと言われるけれど、それはその人格者の人を取り巻く全ての環境がそうさせたのであって、その人自身の努力

もっとみる

ポケモン理論

大阪の自宅より。。。

昨日は神馬先生のゲーム戦略の講座に参加してきました。

内容はノウハウの体系化について。

ノウハウを体系化してそれをテンプレートの形に落とし込む方法を教えていただきました。

その中でオリジナルの理論をつくるというものがあったので、

試しに自分なりの理論を1つ考えてみました。

その名も「ポケモン理論」

ポケモン理論とは?

ポケモンには「みず」や「でんき」、「ほのお

もっとみる