Aya Wishner

こんにちは。写真を撮ったり詩のようなものを書いたりしている自然農の百姓です。普段は畑におります。

夏の夜の野原

ベッドの下をクイックルワイパーで掃除する。 ごそごそと奥まで挿し入れて、すいっとこちらに引いた瞬間に、ころんと何かが転がり出てきた。 よく見ようと近づいて、ひっ...

無題

夕方、西日も落ちた畑で草取りをしている時に、前の方からこちらに向かって走ってきたので声をかけたらこちらをちらりと見ることもなく走り去ったハナの口にくわえられてい...

冬の間は、ときたまビニールハウスに生けてあるネギを引っこ抜いて 土がついたまま肥料袋に入れ、それを勝手口の外に置いておいたり、 育って混み合ってきた水菜を摘んで台...

透明な壁

夜にハナを庭でつかまえたので、家の中に入れて玄関を網戸にしておいたら、またすぐ外に走り出ようとして網戸に(びしゃん!!)と跳ね返されていた。 額から首、腹お尻と順番...

蜘蛛

第四コースをクロールで泳いでいると、水色のペンキで塗られたプールの底に蜘蛛が一匹いるのが見えた。 親指の先くらいの茶色い蜘蛛で、死んでいるなら水中をただよいそう...

ししゃも

あとで焼こうと思ってフライパンに並べてコンロに置いておいた子持ちししゃもを猫に食べられる。 頭だけを、数尾。 (頭って美味いんだなぁ)と感心する。 フライパンから逃...