映画「もったいないキッチン」撮影③~Cooking party~

さて、前回に引き続き、「もったいないキッチン」映画撮影のレポートです!横田農場さんで野菜を収穫したあとは、お待ちかねのみんなでクッキングタイム&パーティー!!!

Chopping Time!!!

農場で採れた野菜だけでなく、形が悪くて卸せなかった野菜や蔵出しさんの食材などを使い、料理をしました。

指揮をとってくださったシェフは、Zero Waste Bistroの山内さん、ブラインドレストラン「暗闇ごはん」の青江さんのお2人。100名近く?のお昼ご飯作りを指揮して下さいました。私がやったことは、サラダを作ったり、ぽんかんと醤油、のりを混ぜたドレッシングを作ったりと、かなり微々たるものでしたが、お2人のテンポ良い声かけと気さくな人柄のおかげで、みなさんととっても楽しいクッキングタイムを過ごせました!!!!(なんか合宿みたいだった)

メニューは、ちらし寿司、スパゲッティ、にんじんと小豆の和え物、もりもりサラダ、葉物の和え物、おにぎり、ズッキーニ、グリルポテト&野菜、胡麻和え、などなどなど。。。。(間違ってるかも)たっくさんの色とりどりのメニューでとっても美味しかったです!!!!

みんなでいただきます、をしてやっとご飯ターイム&パーティー!

お天気の中、心地よい風とステキな音楽、美味しいお料理を食べながら楽しい時間を過ごせました。

(イベントにはラッパーみおが!みおとは去年のパーマカルチャーアメリカツアーで一緒になったんです。お互いここで会うとは知らずに、びっくり!!!まさかの再会がとっても嬉しかった!!!もったいないsongを歌ってくれました)

Davidに直接、このフードロスムービーを始めたきっかけを聞いてみました。

「David、すべてはどうやって始まったの?」

彼は、こう答えてくれました。「僕の住むオーストリアでは、街のスーパーにはゴミ箱があって、中身が見れるんだ。日本は鍵がかかってて中が見れないよね。それで、フタをあけてみたら、びっくりするくらいの食材が捨ててあった。賞味期限がまだ切れてないものも。それを見て、何かしなきゃ、と思ったんだ。世界中の食糧生産の3分の1は捨てられている。これは本当に大問題だ。オーストリアもたくさん捨てられているけど、日本も例外じゃない。一番の問題は今の食料システムだ。」

「日本は素晴らしい国だと思う。食べ物に対してありがたいという感謝の気持ちや、無駄を出さない暮らしの術をちゃんと持っている。そして行動も早いと思う。ただフードロスについての思想がまだメジャーってないだけで。ヨーロッパでは、僕が提案しても、"それはいいアイディアだね"と言ってくれるが、それを実際に行動には移してくれないこともよくあった。でも日本は、僕が映画で来日してからすでにたくさんの良い動きがあった。本当に日本を信じているんだ。」

Davidはにこやかな顔で日本についてこう言ってくれて、嬉しくなりました。

「あと日本は他の国よりも皮肉的じゃないよね。そこも好きなんだ。まだまだ日本の文化に困惑したりついていけないこともあるけれど、でもそれでも日本が好きなんだ。」

まあ、確かに海外にいくと皮肉的なジョークはいっぱいあります。

この映画が、日本と海外をつないでくれるんだろうな、と思うとそれに関われて本当に嬉しいです。

公開は来年2020年の夏!!!!!

みなさんぜひ観てみてくださいね!!





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

haruki

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。