小説『伝説の敵』

■内容紹介■

 ――伝説の敵を斃す。
 そのことにすべてを懸けてきた戦士は、遂にかの敵が棲まう聖山に踏み入る。
 しかし、そこで出会ったのは、恐るべき真実だった。
 聖山の秘密、王位をめぐる陰謀と悲劇、そして、貴族の姫君との淡い恋。
 時空を超えた冒険活劇ロマンファンタジー。


■注意■

 このノートの有料部分には小説はありません。
 小説のテキストファイルをダウンロードできるアドレスとパスワードだけがあります(ZIPファイルなのでZIPを解凍できる環境が必要です)。
 また、作者サイトで小説全文を無料で読むことができます。
 サイトで小説をご覧になって、作者にカンパ(寄付)してもよいという方のみご購入下さい。

 詳細は以下をご覧下さい。
http://wordsweaver.com/#donation


この続きをみるには

この続き:240文字

小説『伝説の敵』

琴乃つむぎ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

琴乃つむぎ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。