見出し画像

【アフリカ ルワンダでワーケーション!】英語を勉強するなら自分と誰かのために!スラムに暮らすお母さんの「オンライン英会話」開発、マーケティングに挑戦!

副業解禁、働き方改革、価値観の多様化…一人一人に新しい生き方が求められる時代がやってきました。「この夏はなにか始めないと!」という方も多いのでは?

この夏「世界中に泊まる」&「世界中で仕事する」ワークとバケーションを組み合わせた『ワーケーション』で新しい人生を見つけるサービス、workators(ワーケイターズ)が始まります。今回は、挑戦できる仕事のひとつ、アフリカ ルワンダの首都キガリでのプロジェクトについて紹介します!

現地シングルマザーの雇用創出にKISEKIの屋根の下で一緒にチャレンジしませんか?- ルワンダ 首都キガリ -

1994年の大虐殺から25年、奇跡的な復興を遂げ現在はICT立国として発展し続けているルワンダ。
アフリカで一番治安が良く、赤道直下でありながら1500メートルという高地のため年平均気温は25度前後で年中小春日和のようなとても過ごしやすい楽園のようなところです。

そんなルワンダに山田一家は2016年に移住し、KISEKI corporation ltdを起業、山田美緒はKISEKI Authentic Japanese Restaurantという日本食レストラン・日本人宿を経営、夫はレアメタル関連の仕事をして3人の子どもを育てています。

ルワンダ唯一の本格的日本料理店としてスタートしたKISEKIですが、現在は『地域のお母さんが笑顔で暮らせるように』をビジョンに掲げて、地域のシングルマザーの雇用創出に取り組んでいます。

しかし、レストランや宿のシェフ、ウエイター、クリーナーとしての雇用だけでは地域に100名以上いるお母さんに雇用を生み出すことはできません。

そこでKISEKIでは、さまざまな団体や企業、プロジェクトとコラボレーションをして様々な取り組みを行っています。

日本で英語を勉強中の人へ、スラムに暮らすお母さんと話す機会を提供したい!

ルワンダの公用語は英語とルワンダ語。スラムに暮らすお母さんの中には英語がとても流暢な人がいて、これまではKISEKIを訪れる短期インターン生にレッスンをしてくれていました。

2019年の5月から、日本のある団体とオンラインで毎日40分の英会話をはじめたところ、大好評。もっとたくさんの日本人にこのレッスンを利用してもらえないかと思っています。

お母さんたちは英語の先生ではありません。流暢な英語を話しますが、ネイティブのような発音ではないですし、高等教育を修了していない人がほとんどなので学術的なことはちょっと弱いです。
なので先生、というより話し相手です。英語を話せる機会を提供します。

日本人はなんのために英会話を勉強するのでしょうか?
もちろん自分と、「ルワンダのお母さんのために」。

世界初のルワンダのお母さんのためのオンライン英会話、ブランド作り、仕組み作り、教材作り、マーケティング、営業に取り組んでくださる方を募集しています。

KISEKIの屋根の下から一歩踏み出したいあなたのご応募をお待ちしています。

「定額で世界中泊まり放題」×「各地で起こるプロジェクトへ挑戦し放題」workators(ワーケイターズ)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thank you!周りの皆さんにも教えてあげてください!!
3

workators / ワーケイターズ

世界中に泊まる&仕事に挑戦!ワーケーションで新しい人生を見つける「workators(ワーケイターズ)」。一人ひとりに新しい生き方が求められる時代。ここではないどこかで、一歩踏み出すあなたの挑戦を支援します。http://www.workators.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。