見出し画像

【アフリカ ルワンダでワーケーション!】現地インターナショナルスクールのランチ需要に日本のサービスを!

副業解禁、働き方改革、価値観の多様化…一人一人に新しい生き方が求められる時代がやってきました。「この夏はなにか始めないと!」という方も多いのでは?

この夏「世界中に泊まる」&「世界中で仕事する」ワークとバケーションを組み合わせた『ワーケーション』で新しい人生を見つけるサービス、workators(ワーケイターズ)が始まります。今回は、挑戦できる仕事のひとつ、アフリカ ルワンダの首都キガリでのプロジェクトについて紹介します!

現地シングルマザーの雇用創出にKISEKIの屋根の下で一緒にチャレンジしませんか?- ルワンダ 首都キガリ -

1994年の大虐殺から25年、奇跡的な復興を遂げ現在はICT立国として発展し続けているルワンダは、アフリカで一番治安が良く、赤道直下でありながら1500メートルという高地のため年平均気温は25度前後で年中小春日和のようなとても過ごしやすい楽園のようなところです。

そんなルワンダに2016年に移住した山田一家が、KISEKI corporation ltdを起業、山田美緒はKISEKI Authentic Japanese Restaurantという日本食レストラン・日本人宿を経営、夫はレアメタル関連の仕事をして3人の子どもを育てています。

ルワンダ唯一の本格的日本料理店としてスタートしたKISEKIですが、現在は『地域のお母さんが笑顔で暮らせるように』をビジョンに掲げて、地域のシングルマザーの雇用創出に取り組んでいます。

お弁当に日本人ならではのサービスを

レストランや宿のシェフ、ウエイター、クリーナーとしての雇用だけでは地域に100名以上いるお母さんに雇用を生み出すことはできません。そこでKISEKIでは、さまざまな団体や企業、プロジェクトとコラボレーションをして様々な取り組みを行っています。

レストランはお母さんが働きやすいように飲食店なのにまさかの3時閉店。ディナー営業は行っていません。ランチで最大の収益を出すため、日本人の時間・仕事の正確さを活かして学校給食にお弁当配達を行っています。

①バランスがよく野菜たっぷり、添加物や化学調味料は使いません。
②見た目がよく、キャラ弁などの楽しい仕掛けがあります。
③時間通りに毎日配達、あたたかいものはあたたかく提供します。

日本では当たり前のことですが、ルワンダではこれまでそんなお弁当はなかったのです。

 揚げ物と肉、炭水化物だけのお菓子のような食事。
 黄色と茶色だけ。
 だいたい遅れる。だいたい冷めている。

そんな中、フタをあけるたびにわくわくするKISEKIの綺麗で美味しいお弁当は衝撃でした。

今後はこのお弁当の需要を掘り起こし、事業を拡大していきます。
全部で3つある大きなインターナショナルスクールのお弁当市場を押さえたいと思っています。

アフリカ的価値観、幸せに触れて働く体験をしてみませんか?

KISEKIでは、お弁当のマネージメントをしてくれる方を募集しています。調理経験は問いません。

説明書を読んで理解することができて、時間をマネージできる方。

明るく楽しいママシェフたちと一緒にこれまで当たり前だと思って生きてきたあなたの価値観を揺さぶられるような経験をしてみませんか!?

KISEKIの屋根の下から一歩踏み出したいあなたのご応募をお待ちしています。

定額で世界中泊まり放題」×「各地で起こるプロジェクトへ挑戦し放題」workators(ワーケイターズ)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thank you!新しい働き方をすべての人に!!
3

workators / ワーケイターズ

世界中に泊まる&仕事に挑戦!ワーケーションで新しい人生を見つける「workators(ワーケイターズ)」。一人ひとりに新しい生き方が求められる時代。ここではないどこかで、一歩踏み出すあなたの挑戦を支援します。http://www.workators.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。