スクリーンショット_2019-07-11_19

世界中に泊まる&仕事に挑戦!ワーケーションで新しい人生を見つける「workators」の使い方

副業解禁、働き方改革、価値観の多様化…一人一人に新しい生き方が求められる時代がやってきました。「この夏はなにか始めないと!」という方も多いのでは?

この夏「世界中に泊まる」&「世界中で仕事する」ワークとバケーションを組み合わせた『ワーケーション』で新しい人生を見つけるサービス、workators(ワーケイターズ)が始まります。この記事では、ワーケイターズの使い方を簡単にご紹介します。

1.WEBサイトから興味のあるプロジェクトを探す

ワーケイターズでは、各地で面白い取り組みを行っている、全国の様々なプロジェクトオーナー(事業者)を紹介しています。

その他、各地の観光情報や宿泊施設、ワーケーションを実現している先輩のインタビューや、地域資源を活かした新しい地域ブランドの紹介など、「ワーケーション」を実現するために必要な情報が、随時更新されていきます。

新しい働き方、新しい人生を探すためにワーケーションに取り組む人々を「ワーケイター」と呼びます。ワーケイターたちが集まる場所、だから「ワーケイターズ」です!

2.プロジェクトに申し込む

『あっ!ここ行ってみたい!!』

そんな場所・プロジェクトが見つかったら、さっそくプロジェクトオーナーに申し込みしましょう。

申し込む動機は、きっと人それぞれ。


「自分が今までにやってきた仕事を活かして副業にできそう」

「今まで興味はあったけれど、できなかったことに挑戦したい」

「起業を目指していて、その地域のことをよく知りたい」

「好きな場所で、のんびりストレスフリーに生活したい」などなど。

一つのプロジェクトには、複数の「ワークスタイル」が登録されています。ワークスタイルとは、『働き方・チャレンジの仕方』です。土日だけ参加できる人もいれば、1週間・1ヶ月と長期でワーケーションしたい人もいることでしょう。

多様な働き方に応じて、短期での参加・長期での参加が選べるようになっています。ワーケイターの希望に合わせて、申し込むコースを選びましょう。

【備考】ワークスタイルは、プロジェクトオーナーが独自に設定しています。プロジェクトによっては、短期のみ・長期のみの参加になる場合もあります。

3.プロジェクトオーナーに連絡が入る

ワーケイターからの申込みがあると、プロジェクトオーナーに連絡が入ります。そして、プロジェクトオーナーが「参加OK」を出したら、晴れてマッチング成立です。

プロジェクトは、申し込んだ方全てが参加出来るわけではありません。プロジェクトオーナーは、『真剣に、事業へ取り組んでくれるかな?』ということを大事に見ています。

【備考】会員登録時に記入したプロフィールや、過去に取り組んだプロジェクトなどを参考に、オーナーは参加の承諾をします。オーナーからも『この人に来てほしい!』と思ってもらう必要があるので、会員プロフィールには「どんなことをやってきたか」「どんなことに挑戦したいか」、熱意をしっかりと入力しておきましょう!

4.参加OKの連絡が入り、日程や宿を調整する

申込みから少しして、”プロジェクト参加OK!”の連絡が届きます。そこから先は、ワーケイターズを通じて、参加する日程の調整、現地への行き方、事前準備などをやりとりします。

参加日が決まったら、ワーケイターズが周辺の宿を手配します。宿の料金は、月額会費に含まれていますので、予約の申込みや支払いは不要!あとは、現地にGOするだけです!

【備考】ワーケイターズでは、まずは気軽に「地域に訪れてみる」ことを大事にしているので、プロジェクトに挑戦しなくても、希望する宿に泊まることは可能です。その場合は、WEBサイトから「希望する宿」と「泊まりたい日」を選択し、予約申込を事務局までご連絡いただきます。

5.いよいよワーケーションスタート!

ワーケーション当日、プロジェクトオーナーと待ち合わせした場所まで向かいます。初めて訪れる場所、久々に帰ってきた地元、ずっと行きたかった海外…それぞれのワクワクを心に秘めて、さあ一歩踏み出しましょう!

道中に現れる景色は、普段見ることのできない貴重なシーンとして、心に残ることでしょう。移動の時間も、ワーケーションの醍醐味として楽しんでください!

6.プロジェクトオーナーと待ち合わせ

さあ着きました。天候も良く、ワーケーション日和!心地よい潮風と青く高い空が、あなたを待っています。

プロジェクトオーナーと無事合流できたら、オーナーの案内に従って、現場まで向かいましょう。

7.その場所でしかできない、貴重な仕事に取り組んでみる

どこまでも広がる、優しい青と緑に包まれて、心穏やかに地域の仕事に参加します。鳥の声・風や木々の音が優しく聞こえる、ゆっくりと時間が流れる世界での仕事は、あなたに新しい価値観をきっともたらしてくれます。

【備考】「新しい働き方の理想」は、人それぞれ。ワーケイターズに掲載されているプロジェクトは、このような地域でのプロジェクトもあれば、海外で自分の力を試すプロジェクトや、帰ってからも継続的に続けられるリモートワークなど、多岐にわたります。ぜひ、あなたの理想に近づけられるプロジェクトに気軽に参加してみましょう!

8.今の仕事も大事に。残りの時間は、デスクワークも

宿泊する宿や、近くのカフェ、コワーキングスペースなどで、テレワーク。普段いる環境を離れて仕事してみると、思いがけない発見やアイデアが見つかり、行き詰まっていた作業がスムーズに進んでいくかもしれません。

9.宿にチェックイン

明日に備えて、宿でゆっくり休みます。予約は事前にワーケイターズ事務局が済ませているので、受付でお名前をお伝え下さい。

【備考】ワーケイターズが用意する宿には、以下のようなものがあります。どれもが、ただ泊まるだけでは勿体無い、ホスピタリティあふれる宿ばかり。ぜひホストの方や、そこに集まる地域の方と交流してみてください。

夜は、近くの歓楽街へ。その地ならではの方言でローカルトークが飛び交う店内。ひっそり一日を振り返ってもよし、地域の方々に混じってお酒を酌み交わしてもよし。思い思いに、大事なひとときをお過ごしください!

10.思いっきり休日を楽しむ!

今更ですが「ワーケーション」は何の略でしたでしょうか?そう、「ワーク」&「バケーション」でしたよね?

せっかく、普段訪れない場所に来たのだから、いそいそと仕事だけしていては勿体ありません。スマホやPCを宿に置いて、街に飛び出してみましょう!(あ、スマホは持っておいたほうが良いかもしれませんね)

行ってみたかった、あの観光地を訪れたり…

ご当地グルメも!

時間の許す限り、地域にふれあい、地域のことを好きになってください!

11.帰宅して、旅の想い出をレポート

さて、お疲れ様でした。普段生活している拠点を飛び出して、地域で働いてみる「ワーケーション」は、いかがでしたか?

戻られたら、ぜひ「プロジェクトレポート」を書いてみましょう(入力は任意です)。何度もワーケーションを繰り返せば、自分自身の成長を振り返ることもできますし、他のワーケイターがあなたのレポートを参考にして、その地を訪れるかもしれません。そしてもちろん、良かった・嬉しかったことをシェアすれば、プロジェクトオーナーも励みになります。

以上が、ワーケイターズが提供するワーケーションプログラム一連の流れとなります。細かな点は省略しているのでイメージしきれないところも多いかと思いますが、興味を持たれた方はぜひ、まず一度ワーケーションを始めてみませんか?

世界中に「泊まる」&仕事に「挑戦する」、ワーケーションを通じて人生をリデザインするサービス【workators(ワーケイターズ)】は、2019年8月からスタート予定。さらに新着情報をチェックされたい方は、以下のサイトより事前登録をお願いします。

■ワーケイターズの事前登録はコチラ> http://www.workators.com


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thank you!宜しければシェアもお願いします!!
10

workators / ワーケイターズ

世界中に泊まる&仕事に挑戦!ワーケーションで新しい人生を見つける「workators(ワーケイターズ)」。一人ひとりに新しい生き方が求められる時代。ここではないどこかで、一歩踏み出すあなたの挑戦を支援します。http://www.workators.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。