【036】Wrappy2.0ウェブ画面のデザイン

こんにちは、プロマネのWrappyです。

中国側のUIデザイナーと詰めていたアルファ版プロトタイプのウェブ版画面がおおよそ固まりましたのでご紹介いたします。

1)ログイン画面(初回のユーザー登録画面)


2)ログイン直後のダッシュボード画面

自分に関するP2Pメッセージ、ペイメント、ギフト、ギルドの情報を簡単にチェックできます。


3)メッセージ画面

gmailのUIを参考にして、シンプルで効率的なレイアウトにしました。


4)ギルド画面
デザイン制作中です。


5)トランザクション画面

Hyperledger Fabricは「メンバー型」のブロッチェーンなので、Etherscan的なブロッチェーンの検索機能などは開発者が提供する必要があります。そこで、ブロッチェーンの「見通し」を良くする為に、全Peer(Fin Peer、Service Peer、User Peer)から保存されるHyperledger Fabricのトランザクションの表示や簡易的な検索(ハッシュコードの中身は見えません)などを行えるようにしています。


6)ユーザープロファイル画面

ここからユーザー情報の閲覧や修正を行えるようにしたいと考えています。


だいたい、こんな感じです。進捗がありましたら、またご紹介いたします。では、また。

(*)この記事のコメントはぜひ、twitterアカウントへお寄せ下さい。回答できる範囲で、なるべくご返事いたします。Wrappyのオフィシャルウェブサイトはこちらから、よろしくおねがいします。

2019/03/04



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

17

Wrappy