浅田 よわ美

奈良出身のライター。読書素人。★今まで本を読んでこなかったけど、読書習慣をつけたい読書素人のための本屋「本よまナイト」を運営しています。毎週火曜日はみんなで #本よまナイト★ どこに住むのか、どう働くのか、人それぞれの個性に合った「らしい暮らし」を探ることに興味があります。

フリーライター1年目の記録

4月にフリーのライターになった。

それから今日までのことを簡単に備忘メモしておこう。初心を忘れないために。

思い返せば、結構濃厚な日々だった。思い出すままに書いていくと、書ききれそうにない。なので、ひとまず、私にとっての2018年を表す5つのキーワードに絞って、1年目の“感謝”をメモしておこう。

1.柿次郎さん

わたしが4月にフリーになったきっかけは、ジモコロやBAMPの編集長である徳谷柿

もっとみる

★12/18本よまナイト イベントデー★西洋美術を通して学ばナイト!~クリスマススペシャル・キリスト教の裏話編~

こんばんは! 日本一ハードルが低い本屋・本よまナイト店長のよわ美です!

本よまナイトでは、来店者がてんでに好きな本を読み(写真集や漫画も可)、最後に、その日自分が読んだ本についてちょこっと紹介してもらいますが、何よりも各自が自由に本に読み耽ることのできる読書時間&空間を提供することを目的に開店しています。

ただし、月に一度、読書の間口を広げるきっかけになればということで、テーマを決めて専門家の

もっとみる

★10/16初回イベント★本読む時間がない人へ!「本よまナイト」

こんにちは、ライターのよわ美です。これから週に一度だけ根津に出現する、ちょっと変わった本屋さん「本よまナイト」の店長になります。

開店時間は18時~23時まで。自分が持ってきた本や、こちらでテーマを設けてチョイスした本を、自由に気ままに読んでいただくことができます。

本を読むための場所と時間を提供する本屋「本よまナイト」
<場所>日本一ハードルの低いレコード屋block(東京都文京区根津2-8

もっとみる

パラレル親方と、上野の親方の背中を見て振り返った“あり方”-関係性を作る前に大切なこと-

上京して3年、強い焦燥感に駆られたのはイベント「パラレル親方」の帰り道。サカイエヒタさんから「浅田さんはライターなの?」と問われ、「一応…ただ書き始めたばかりで…」などとモゴモゴ答えてからだ。

イベント「パラレル親方」とは

「ライターかと聞かれたらライターだ! と答えなきゃ。まずは自己発信。やりすぎくらいでちょうどいいんだよ」「あ、俺が柿次郎親方のところまで連れていってあげるよ。話したいんでし

もっとみる