23歳無職、教習所に通いだした

退社することを決めたはいいものの、次の就職先はつい先ほどまで決めていなかった。
暇な時間ができるな、何をしようかなと考えていた。
母には海外旅行を勧められたが、あいにく貯金額に不安があったため断念。
どうしようかなと考えながら残りの仕事をこなす日々。
やりたいことはいくらでもあった。
やれることもいくらでもあった。
でもその中でわりと大きいものを思いついてしまった。

そういえば、私、免許持ってない。

転職活動をしていて見かける、ほとんどの求人は未経験歓迎。
しかし、読み進めていくと「要普通自動車免許」の文字が出てくることもしばしば。
どんなにやる気や実力があっても、免許がなければスタートラインに立てない。
結局、免許がなくても実力を認めてくれる会社を受け、再就職を決めたのだが、
このことを機に、
あれ?免許って思ったより大切で役立つのでは?
と思った。

なんで免許を今までとらなかったのか

まず、興味がなかった。必要性を感じていなかった。
友人や家族には、
事故りそうだからやめな
と、冗談交じりに言われ、
それを半分本気にして、
免許を持っていないこと、免許をとらないこと が一種のステータスのようになっていった。
なんのステータスだろうか。

よし、免許を取ろう

重い腰を上げたのは退社する二週間前くらい。
退社してしまったら、健康保険証を返還しなければならない。
身分証明書がなければ教習所に入校できない。
少しの焦りを感じながら教習所に出向き、入校の手続きをした。

退社して所属するものが何もなくなるかもしれない、そんな不安から解放された

教習所に入ってよかったと思うのは、所属する場所が与えられていること。
所属といえるのかは少し怪しいが。

何もなく、ずっと家にいたら、気が狂っていたかもしれない。

それから、運転が案外楽しいということ。
退社して少しの間だけ学生に戻った気分を味わう。なかなかいい生活だ。

運転は人生?

教習中、
指導教官によく言われていること

視野を広げて
先を想像して見て
自分で調整しながら行こう
ぶれたりずれたりしたらまっすぐになるまで直せばいい

聞いていて、なんだか人生について考えてしまうのだ。状況が状況だからなのかな。

こんなことがいちいち面白い。

さて、今日もこれから運転です。
雨の中の運転は初めて。頑張ります。

2018,3,8
わたべ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

べぇ(わたべ)

とても個人的な話 /転職

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。