精神障害者として福祉を受ける難しさ

 注意:このnoteは福祉について語っているにもかかわらず、ポリコレ準拠から逸脱しています。ポリコレ信者の方はブラウザの戻るボタンをクリックしてください。

 僕はヒキニートだ。だが最近はひきこもり要素は影を潜めつつある。週に2.3回の外出ができるようになってきたし、月に一回くらいのペースで遠出をしたりするようになったためだ。ひきこもりというには少し活動的すぎる。外食したり、買い物に行ったり、遊びに行くようになった。近頃は僕にも遊ぶ余裕が生まれてきた。

 しかし、同時に両親からの「働けオーラ」も強くなってきた。何かにつけて就職の話をしてくる。父はなにも言わないが、無言の圧力をいつも感じている。さらに母からは無邪気な就労に関する話を聞かされ、しかもそれらが非常識かつ荒唐無稽なものばかりなのでうんざりしている。

 だが、今のままの生活がいつまでも続くとは思えないのも確かだ。親は年老いていくし、福祉は今後縮小していくだろう。僕は今、年金をもらいながら親元で生活をしているが、年金はいつ支給停止になってもおかしくないし、親から家を叩き出される日もそう遠くないと思う。

 だから僕は働かなければならない。悲しいがこれは事実だ。現状、自殺という選択肢がとれない以上は、働かざるおえない。タイムリミットはそう遠くないところまで迫っている。

 僕は主治医の先生に相談することにした。親から「働けオーラ」を出されていること、将来の経済不安があるので働きたいこと、その旨を伝えた。主治医の先生はすぐにケースワーカーさんに話を通してくれた。そしてワーカーさんは僕に最適であろうプランを2つ示してくれた。

この続きをみるには

この続き:2,736文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
なんと半額以下で買えます!!!!

1月に公開した記事と2月に公開した記事がセットになっています(全5本)。すべて単品で買うと1500円のところを600円で提供いたします。

または、記事単体で購入する

精神障害者として福祉を受ける難しさ

わとりん

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この文章が面白いと思った方は少額でもいいのでぜひご支援ください。筆者の励みになります。

スキスキスキスキ(´ε` )
7

わとりん

わとりんnote

メンヘラ生存日誌です。わとりんが書いたnoteをまとめてあります。無料記事もありますので是非読んでみてください。
1つのマガジンに含まれています

コメント4件

わとりんさん、これはダメだ。ポリコレに違反しているからではなく自分に自分で刃をつきつけているようなものだから。福祉行政にも多々問題はありますがこれはこれで経験や理論に基づいて行われています。それがイヤならいきなりクローズで一般企業で働くしかない。そうしたとき、
わとりんさんのメンタルがもつのかどうか。自分で自分の選択肢を狭める必要はないかと思います。ちなみに就労継続支援B型には高学歴、高知能のひともたくさんいらっしゃいますよ。
短期間でもいってみるのも新たな発見があって面白いかもですよ。
冒険でしょでしょ(CV:平野綾)
地域活動支援センターもB型もとても通えるとは思えませんでした。特に労働をするにもかかわらず賃金がほとんど発生しないことが厳しいです。一日8時間、1ヶ月間通所したとしても支給実績は1万~2万とのことでした。その程度であれば家でnoteを真面目に書いたほうがマシだと思えてなりません。

今後はA型の方を検討していきたいと思っています。
これは失礼しました。twitterを拝見させていただいた限りかなり自殺願望が強い方かと思いましたので、ケースワーカーはあえてB型を紹介したのかと勘違いしたもので。
いえ、その認識は正しいです。
自殺願望は強く、外出もままならないのは事実です。
それのためワーカーさんもB型を紹介したのだと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。