まくはり うづき

世の中の動きにも、動かないモノにも興味津々。ここでは、漫画、短歌、詩、写真など、創作系のものを中心に載せます。特筆していない限り、作品は「実際の出来事から発想したフィクション」。時評や書評などのブログは→「これからも君と話をしよう」http://www.wuzuki.com/

朝焼けの詩 【詩】

目が覚めたとき
そこは◯◯だった
部屋に出入りする人
呼ばれる人がいる
笑う人に泣く人に
抱きかかえられる人がいる

そして視線が自分に向いた
目を見開く人もいれば
逸らす人も
どうしよう、という表情を
浮かべる人もいる

そこで察した
自分は歓迎される要素を
持った個体ではないことを
おそらく野生ではすぐに
死んでしまうということを

どうすればいいんだろう
動かせない身体のまま

もっとみる

人工知能になりたい【短歌 2018-2019】

別に好きでもなかったあの人の【結婚報告】ざわめいている

もしひとの人生が漫画だったなら連載会議にもかからない、いのち

遠い日の痛みを覚えて閉ざす夜:傷跡は勲章にならない

「2年前の今日の投稿」は「今日」じゃない 「今日」じゃないのに「今日」になる、意味

人工知能になりたかった、叶わないけど
叶わないけど人工知能になりたい

訪れ 【詩】

昨日とは違う
やわらかい風
沈丁花の香り

春の訪れに振り返る
あれっ?

と思ったら
裏切りのように
冷たい風

進んで戻って
ひだまりと影に
腕を伸ばせば
名前を知らない
あの空気に包まれる

そんな春の気配に
しばらく振り回されそうです