【人と比べることの大切さ】



自分は小さい頃から他人と自分を比較してきた。それが悪いこととは思ってない。兄とテストの点数比べたり、友達と運動神経比べたりとか色々。大学入学までずっとしてきた。結構自分的には嫌なことが多かった。


自分が相手よりも低いなって思ったらもちろん嫉妬とかしてた。羨ましいなぁとかめっちゃ思ってた。
んで、大学に入ってから人と比べることをやめた。それは海外に行ったことで変わった。海外に行く理由とか人それぞれ違う。旅行やったり自分探しやったり。「みんな違ってみんな良いんや」って強く思った。


そっから最近までは「自分は自分」「他人は他人」ってめっちゃ思ってた。そう。自分は不器用やからめちゃ極端しかできないらしい。でも、最近わかったことがある。それは「自分の立ち位置がわからない」ってこと。


自分の世界にずっといるともちろん自分しかいない。他に誰もいないし比べることもできない。そうしてると自分的には「ただの自己満でしかないやん」ってなった。「自分って今人から求められてる人物なんかな」って。


自分は結構、人から求められると幸せを感じるタイプ。「きむいてくれて助かったわ〜」的な言葉が欲しいって思っちゃう。やから自分の好きなことをしてるとただの自己満でしかないんかなとか思う。


「自分がやりたいことをする」めっちゃ楽しかった。でもそのやってることって「ほんまに自分にとって楽しいことなん?」とかめっちゃ考えてた。それと同時に「誰の役に立ってるん?」って。
「やりたいこと100リスト」作った。けど、その100個の中で「ほんまにしたいことってどれなん?」って考えてた。「それしたら周りの人にどんな影響与えられるん?」ってのも一緒に。
これからは自分の楽しいこととか遊びとかから共感とか生まれてビジネスになるとか言われてる。確かにそうやと思う。でも、自分の場合は自己満にしかなってないなって思っちゃう。


人と比べずに自分は自分って思って突き通すことはすごいことやと思う。メンタルとか絶対強いやん。それだけそのことに対して好きってことやし。でも自分の場合はそれで「幸せ」はあまり得られなかったらしい。


人と比べすぎたら、周りの人からの目しか見えなくなる。
逆に自分しか考えてなかったら、自分の存在とか見えなくなるのかなって。
どれが正解とかはない。でもどれが自分に合ってるのかはだいたいわかると思う。


バランスよく周り見て、自分の立ち位置をしっかり確認して行こう。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

きむ@継続

大学5回生。とりあえずやってみるって信念。世界一周してたけどアフリカで強盗に会い断念。セブ島留学。ヴィパッサナー瞑想。キリマンジャロ登頂。noteには自己分析しながら出てきた自分の考え方とか捉え方とかまとめてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。