見出し画像

Music FM、ユーザーのマインドチェンジよりサービス向上で対抗したほうがよくね

レコード協会や音楽配信サービス数社がMusic FMなどの無許諾で音楽を配信しているアプリのApp Store配信停止を求める要望書を提出したという。

この手のアプリは昔から乱立しており、イタチごっこを繰り返してきた。

MusicCloudやDropMusicなど、Xiamiのデータを利用した無許諾アプリの乱立は記憶に新しい。XiamiにはSMAPも嵐もラインナップされている。未だに聴けるものもある。XiaomiはWarner Musicと契約したようだし、中国政府がライセンスを取得していないサービスを規制したとの報道もあった。だいぶ改善はされてきたのだろうが、クリーンになったとは言えなさそうだ。

2014年の時点で、日本のレコード会社は、中国のサイトに対する音源配信の許可をどこにも出していないかったはずだが、今はどうなのだろう。

Music FMも元を辿れば中国に行き着くのだろうか。

マインド?

日本でもストリーミングサービスが成長し、ダウンロードを上回るようになった。そこで再び無許諾音楽アプリの問題がフォーカスされはじめた。

冒頭の記事に戻る。

 LINE MUSIC取締役の高橋明彦氏は、「(配信する)コンテンツに関しては、さらに許諾をいただけるように交渉していく。無料アプリと比べて使い勝手の良さや入って得するサービスを提供したい」とさらなるサービス向上を述べた上で、日本のユーザーのマインドチェンジが無許諾アプリ追放の後ろ盾となるという。「日本の音楽ユーザーは真面目。今回の問題提起で、(Music FMなどが)アーティストが望む形ではないことがもっと知られてほしい。ここ半年から1年ほど、Music FMの名前を出す人は『カッコ悪い』といった認識や、『応援するからサブスクで聴く』といった流れが調査から判明している。ユーザーのマインドチェンジ、音楽が正しく使われていないことに対する警告の空気が醸成されれば」と期待を込めた。

そうですね。そうですか? 

ティーンが「これは無許可だ」、「これは許可されている」なんて考えて行動する世界は、それはそれで気色悪いような気もするんです。ティーンでなくても人は易きに流れる。ユーザーは悪くない、と思う。テクノロジーは人を怠惰にする。ユーザーの行動は、正義か悪に分けられるものではなく、なるべくしてなっている。悪気がある人は少ない。

そういうアプリを使ってしまうのはわかる。だから仕組み側で解決するのが望ましい。

だからApp Storeに要望を出すし、中国にお話しに行く。でもそれは、これまでのように、功を奏さないかもしれない。なので、やっぱりユーザーに協力してもらいましょう、というのが上の話なのだと思う。

しかしチケット転売と違って、この問題は自分の不利益になるイメージがつかみにくい。

そりゃあ啓蒙できるに越したことはない。学校で著作権や、音楽を含む芸術で食っていくことについてもっと自分事化できるように教えてくれよ、とも思う。でもこうした取り組みが成果を出すには時間がかかるだろう。

サービス向上?

 なお、海外での無許諾アプリについては、フリーミアムモデルのSpotifyが登場してから一掃されたという。広告付きであれば無料で聴くことができ、Spotifyに勝る無料アプリがないというのが実情のようだ。

そう。ということは、Music FMを使っている人にとって、Music FMに勝るアプリがない、ということを意味している。星野源も米津玄師もジャニーズもないサービスは、その時点で無許諾アプリに勝てない。新作は配信なし、過去作は配信(もしくはその逆)というケースも意味不明だ。

だから "許諾をいただけるように交渉して" いくことのほうが大事だ。早急に。無許諾アプリよりも良いプロダクトを作るしかない。ここで "ユーザーのマインドチェンジが無許諾アプリ追放の後ろ盾となる" ことを期待してはいけない。マインドチェンジは結果として起こるものだ。

フィジカルの比率が大きい日本の音楽市場はストリーミングへの過渡期だ。中途半端な時期なのだと思う。3年前、一気に振り切っていれば問題はここまで長引かなかったかもしれない。でもそれを今言ってもしかたがない。

そろそろこのあたりで、この忌々しい状況から脱出しよう。3年後も同じことを言っていたらアホだ。

Trebel Musicのようなアイデアもある 。Spotifyのフリープランに似た、広告を見ることで無料で聴けるというものだ。日本のApp Storeにはないけど。

遮断できてもその結果が良いほうに転がったとは、すぐには観測できない。遮断や啓蒙も良いが、アイデアと良いプロダクトでどうにかしていただきたいものだ。そしてそれをすばやく改善していく、という気持ちの切り替えが必要だと思う。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

また一歩、天国に近づくのです...💃

すくぅぅ!
4
フリーランスのデザイナー。なお暇。アプリのUIデザイン、イベント特設サイトやメディアサイトのウェブデザインなど。Fesitval Life, Feslavit, Fespli, Spincoaster, Real Sound, Scrap ほか。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。