XRad「超高速開発リファレンスモデル分科会」活動報告ブログ

超高速開発リファレンスモデルとは、超高速開発ツールの導入を検討しようとしている企業が、開発対象となる業務システムの規模や種類、開発チームのスキルレベル、プロジェクトの予算と期間にあった超高速開発ツールを正しく選択できるようにするためのモデル群です。

第5回 リファレンスモデル分科会「活動内容の公開方法について」

これまで「OutSystems」「USP」「Genexus」「Wagby」の4社に 花束問題のアプリケーションを開発および発表していただきましたが、 なんと、9月からリファレンスモデル分科...

第4回 リファレンスモデル分科会「花束問題」【後半】Wagby編

第4回目のリファレンスモデル分科会の後半では、 株式会社ジャスミンソフトの贄さんから、 「Wagby」を用いて作成した花束管理システムを発表いただきました。 「Wagby」は...

第4回 リファレンスモデル分科会「花束問題」【前半】GeneXus編

第4回目のリファレンスモデル分科会では、 株式会社ウィングの期待の新人、佐久間さんとチョンさんから、 「GeneXus」を用いて作成した花束管理システムを発表いただきまし...

xRAD 第33回セミナーが開催されました。

「2025年の崖を超高速開発でどう超えるか~超高速開発でレガシーシステムの非レガシー化にどう貢献できるか~」と題された本セミナーでは、 我々の課題、そして日本のIT業...

第3回 リファレンスモデル分科会「花束問題」ユニケージ開発手法編

第3回目のリファレンスモデル分科会では、 ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所の茎田さんから、 「ユニケージ開発手法」を用いて作成した花束管理システムを発表...

第2回 リファレンスモデル分科会「花束問題」OutSystems編

第2回目のリファレンスモデル分科会では、 株式会社BlueMemeの倉永さんから、「OutSystems」で作成した花束管理システムを発表いただきました。 「OutSystems」の大きな特...