商売相談屋

大阪人。立派な学歴や経歴はありません。ただ15年以上経営者さん相手の商売の相談をやってます。北海道から沖縄まで全国各地の顧問先を訪問する出張の日々。もっと繁盛してもらうのが得意ってか本業。

成功事例や具体的方法という余計な知識を捨てると、必要な発想は湧き出てきます。

昔々、
ポルトガルのコロンブスは
新大陸(今のアメリカ)を発見しました。

当時のヨーロッパでは
地球はラピュタのように
宇宙に浮いている島であり、
ヨーロッパの西は地の果て。

だから海は下に向かって
滝のように流れているから
近付くと危険、だというのが
一般的な考えだったそうです。

ですので、
誰も西の海には
近付かないという状態でした。

そんな時に、
コロンブスは危険だからやめろ!という

もっとみる

こういうことを重ねていくと、あら不思議、お客さんは増え売上も上がり、笑顔もたくさん出来る

今日は、あなたも
なんでもいいから
「店舗を経営している」と思って
メルマガを見てくださいね。

なんの店かは決めました?

では、スタートです。

当たり前のことですが、
私有地でない限り、
店の前を歩く人は必ずいらっしゃいます。

いわゆる「通行人」さんですね。

通行人さんは、
いつ何時、お客さんになってくれるか
わかりません。

あなたのお店に入ったことがある方であれば、
店内の様子は、

もっとみる

勝手に「地道なことは結果が出るのは時間がかかる」とか思うのは、すごくもったいない。

新井が言ってることを
「すぐには結果出ないでしょうが」
「時間はかかりそうですが」
「速効性あるものじゃないですが」

と、捉えるのはご自由です。

それ、
その通りになりますから。

その通りに、
あなた自身がやってしまうから、です。

ハッキリ言うと、
僕がお伝えしていることは

「ほぼ全部、すぐ結果に繋がる」
ことしか言ってません。

「すぐ」です。

すぐに結果出ないのは、
「意識」が前の

もっとみる

上手な策というのは凄く見えないのです。凄く見えるものに惹かれていませんか?

一般の方のイメージでは、
「上手な策」って

とにかく「凄いもの」と
漠然と考えて
いらっしゃるかもしれません。

でも実は、
「上手な策」とは、
目立たないものなのです。

日常に同化するのです。

だから、みんな、
気付かないのです。

もう一度、言いますよ?

上手な策は日常に同化するので、
みんな、気付かないのです。

でも、確実に作用し、
人を幸せに導くのです。

例えて言えば、
ご家庭

もっとみる

経営者さん、あなたの言葉と認識違いで、スタッフを振り回していませんか?

経営者さんと、スタッフ。

スタッフとスタッフ。

経営者さんと、お客さん。

スタッフと、お客さん。

お客さんと、お客さん。

経営者さんと、家族。

スタッフと、家族。

お客さんと、家族。

当事者の家族と、友人。

立場が違ったら、
当然ですが、「考えていること」も
全然変わってきます。

(人が違うから当然なんですが、
今回はそこは置いといてね。)

例えば、

ガラス張りの入口を見て

もっとみる