見出し画像

(試作 パイロット版)(学園もの→まち歩きものに見えて、じゃないストーリー Aパート6-4)

眼を開いた先には、青色が広がっていた。
今までに一度も見た事もない、混じりけなく、でもどこまでも奥行きがあるような、それは青だった。
「右目もつけるよ、こっち向いてね」
シキの呼びかけに、急に我に還る。
もしかして今、空を見ていた? あれほど嫌いだったはずの空を?
「両目で見た方が、きれいに見えるよ」
シキがわたしの心を見抜いたような一言をささやいた。何も言い返せない、いや、言い返そうと思わなかった。
「次は右目、同じように開いてて」
同じように右目のまぶたがシキの右手で開かれる
。シキの顔が近づく、シキの瞳が、頬が、唇が、触れてしまいそうな近くにある。 ぐぐるぐるると血液が廻る。昔読んだ童話に木の周りを廻りすぎた虎が、バターになる話があったな、詳しくは忘れたけれど。わたしは何になってしまうんだろう。
そんな思いとは無関係に右目にも、ぴとっ、という感触があった。そのままゆっくり眼を閉じ、上を向く。どっどっどっと、鼓動は続いている。
「さあ、眼を開いて。わたしも一緒に上を向くから」
両目を開く。
さっきよりもさらに確かな、でも何よりも自由な、青い世界が広がっていた。
今まで見ていた空は何だったんだろう。
「ミノル、もうひとつだけ」
詳細不明少女が私に近づき、前髪を触る。またどきっ、とする。ぼさぼさの髪を少しそろえ、いつもは隠している額が見えるように、髪を上げた。
「この方がミノルのいいところが出てる。素敵でかわいいよ。もしかして今まで気づいてなかったのかもしれないけれど。
もちろん私にも、知らないことがたくさんあるんだ。旅に出てわかることって、たぶんそういう事。どこでもいいよ、行ってみようよ」
しつこい、と思おうとしたのに、心が誘いを断る方にに向かわない。多分答えるとすれば、いつもとは正反対の言葉だ。それが口をついて出ようとしたその時。
鐘の音が鳴った。祝福でも、欲の浄化でもなく、ただの、午後の始業音だ。
いや、なにが[ただの]だよ、最重要だ。
「やばい、授業始まる。シキ、コンタクトどうやって外すの」
「顔洗ってるときに、適当にすれば外れるよ。むしろ授業は休みでいいんじゃないの」
わたしがあわてればあわてるほど、シキは朗らかに答える。いやがらせか。
「ダメだって、この間も言い訳に苦労したんだから、とっさの体調不良にしたけれど」
「それじゃあ、そのまま授業受けてみたら。アザラシ仲間でも目立つし、音楽隊や外人部隊の人達にもアピールになるよ」
「そんな事、したいなんて思ってない」
緩やかな風がふわっと吹いた。シキがつぶやく。
「ミノルが望んでいるか、望んでいないかに関わらず、世界は進んで行くんだよ」
この間も言ってたじゃんそれ。じゃないって!
「もう時間無い、それじゃ!」カバンをつかみ走り出す。
後ろから、いってらしゃーい、とやさしくおどけた声がする。階段を下りながら、少しだけ疑問が生まれた。
シキは、自分の授業はどうしているんだろう。
水の泡のように生まれた問いはすぐに、階段とローファーが鳴らす足音と、さっきより単純な理由で早くなった心音に、かき消された。
(Bパート6に続く)

At the point where the eyes were opened, blue was spreading.
It was blue that I had never seen before, was impatient, but had a depth everywhere.
"I have a right eye too, head over here"
Suddenly return to me in response to Shiki's call.
Did you see the sky now? The sky that you should have hated that much?
"If you look with both eyes, it looks beautiful."
He whispered a word that Shiki had looked through my heart. I could not say anything, no, I didn't think to say anything.
"The next is your right eye, open the same way."
In the same way, the right eyelid is opened with Shiki's right hand
. Shiki's face approaches, Shiki's eyes, cheeks, and lips are close to touching. The blood goes on and off. A fairy tale I read in the past had a story of a tiger that beats around a tree, but it turned into butter, though I forgot details. What will I be?
Irrespective of such feelings, the right eye had the feeling that it was plump. Close your eyes slowly and turn up. The beat is continuing.
"Now, open your eyes. Because I will face up with you."
I open my eyes.
There was a blue world that was more certain than before, but freer than anything else.
What was the sky I had seen so far?
"Minol, only one more"
Detail unknown girl approaches me and touches her bangs. Let's say it again. I arranged a little rough hair and raised my hair so I could always see the hidden forehead.
"This is where Minol's good points come out. It's nice and cute. It may have not been noticed before.
Of course, I have a lot of things I don't know. Maybe that's what you see on your journey. I'll go anywhere, let's go. "
Although I was trying to think that it was persistent, my heart, as always, was not going to decline the invitation. Maybe I would answer her, the opposite is always the case. That's when I tried to get out of my mouth.
The bell rang. It is not a blessing or purification of greed, just the afternoon opening.
No, what is [just], most important.
"Yeah, class starts. Shiki, how to remove contacts"
"When you're washing your face, you can get out of it. Rather, it's not a good idea to have classes off."
Shiki answers cheerfully as I speak. Are you harassed?
"No, because I had a hard time making excuses for a while, so I made it to the point that I was in poor health."
"That's why if you try taking classes as they are. Seals will stand out, and they will be appealing to musicians and foreigners."
"I don't think I want to do that."
A gentle wind blew. Shiki mutters.
"The world goes on regardless of what Minol wants or does not want."
I've been telling you this time ago. Not that!
"I have no time, that's it!" Grab the bag and start running.
From behind, I heard a gentle voice. As I went down the stairs, I got a little doubt.
What does Shiki do in his class?
The question that was born like a bubble of water was immediately wiped out by the footsteps that the stairs and loafers screamed, and the heartbeats that were quicker for the sake of simplicity.
(continued B part-6)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

新宿周辺ストーリーもの(習作初期稿不定 仮題G.T.J.V)

仮題の全文:GreatesT"rip" Jun"V"oyage ー人がうらやむようなすごい旅に出てみよう、なんてー (2019.03.25 加筆) 2008~2010くらいに初めて描いた物語。新宿西側、旅への憧れ、メメントモリ、高層ビル街、地味少女、まち歩き、家族の距離感...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。