見出し画像

(試作 パイロット版)(学園もの→まち歩きものに見えて、じゃないストーリー Aパート4-1)

晴れの日が続いている。窓から差す程よい日差し、肌寒さをやわらげるあたたかさ。もうすぐ紅葉でさらに少ししたら冬、なんて感じさせないような秋の一日。
あれから、アザラシたちの居場所はあったり、なかったりだ。別に他のアザラシたちと仲違いした訳じゃない。急に群れを抜けた違和感は残っているけれど。
それよりも、やってきたのは忙しさだ。秋は体育祭、文化祭、中間テストに合唱コンクールと、いろいろとイベントがやってくる。部活や委員会も忙しくなるのは、前に言った通り。
振り返り、アザラシたちの、コロニーがあるはずの場所をさがす。
机は空席ばかり、アザラシどころか、人も小動物も植物も居ない。
とけるぞ、氷山が。
居場所を失ったわたしは、ただ、ふらふらと目的の方向へ歩いていく。ローファー履いて、草地を抜け、階段を上る。
詳細不明少女は、今日も空を見ていた。先に向こうからの、あいさつ。
「ハローガール、ご機嫌いかが? 今日はいい天気だね」
「このあいだよりましだけれど、あいかわらず。どうにもならない感じ」
少しぶっきらぼうに答えた。ていうか、何でまた屋上でシキに会っているんだろう自分。
「ふーん、そう」
と、シキは、受け流した。興味あるのかないのか分からないけれど。
と、何やら鞄をごそごそしだした。そして、何気なくドリンクの紙パックを取り出す。
学校の自販機で見たことのない、クリーム色のパッケージだ。ストローを紙パックからぱちっと取り、プチッとビニールを切り、パッケージの銀色の部分に差した、ぷすっ。
ちなみにここまでの動作が、あまりにも手慣れた感じ。誰でも出来るはずのことなのに、シキがすると何かの儀式みたいだ。勝手に想像する。
質屋の女主人、商売の腕とクールな美しさ、侍やあらくれ者も黙らせる流し目には定評あり。彼女はいつものようにキセルを取り、手慣れた感じで刻み煙草を詰める。火鉢から火を煙草に移し、同じ火の色の薄い唇で反対側を軽くくわえる。
って、シキと全然キャラが違うじゃん。なんて思ったのと同じタイミングで、シキはドリンクを飲み始めた。ちゅー。
「何飲んでるの?」
「これ? アンニントーニュー」
シキが唇からストローを離し、パッケージをわたしの顔に近づける。
「くれ、とは言ってない」
「そうなんだ。まああげないけれど」
このやろ。
時間差で、シキの言った呪文みたいな言葉が、『杏仁豆乳』という意味のある言葉に変わった。何飲んでんだ。
「豆乳好きなの?」
「別に。なんか健康にいいとか、牛乳が飲めないとか、色々が重なった結果だよ。気にしないで、大したことじゃないから」
確かに健康は大事だ。牛乳は味と栄養はともかく、すぐに胃腸がぎゅるるると悲鳴を上げてしまい、苦手な人もいる。これはわたしのことなんだけれど。結果、豆乳を選ぶ。そのこと自体はそんなに珍しくない。
だがシキよ、仮にも君は美少女だ。この場面ではハーブか柑橘フレーバーのアイスティーとか、シアトル生まれのラテのショートサイズとか、100%トロピカルジュースとかだろ、普通。せめて豆乳でもフルーツ入りにスムージーとかさ。
シキはそんなわたしの考えに気づかず、いやもしかして気がついていても、気にしていない。
ちゅー、と変わらず杏仁豆乳を飲んでいる。周りが思っているイメージなんて、どうでも良さそうだ。
ちゅー。そんなものなのか、美少女になったことがないから、よく分からない。ちゅー。こんなどうでもいいことばかり、考えが巡る。ちゅーぐぐるぐるる。
「ミノルってさ」
いつのまにか、シキがストローから口を離していた。
「わたしが、何?」
「いつもご機嫌、たて、だよね」
(続く)

A sunny day continues. Moderate sunshine from the window, warmth to soften chills.
Soon after, a little more autumn leaves a winter, an autumn day that never feels like it.
From that point on, there are places where seals do not exist. I didn't mean to break up with other seals. There is still a sense of incongruity that left the flock suddenly.
More than that, it is busy. In autumn there are various events such as sports festivals, cultural festivals, mid-tests, and a chorus contest. As I said before, club activities and committees will be busy too.
Looking back, look for places where seals should have colonies.
There are no seats available, no seals, no people, no small animals, no plants.
I can get it, an iceberg.
Having lost my place, I just walk in the direction of the purpose. Wear the loafers, walk through the grass and climb the stairs.
The unknown girl was looking at the sky today as well. First of all, greetings from the other side.
"Hello girl, do you hate it? Today's fine weather."
"It has been better for a while, but I can not help it.
I answered a little bluntly. I mean, I wonder why I see Siki on the roof again.
"Hmm, yes"
And, Shiki passed away. I don't know if I'm interested or not.
And, something was wrong. Then, take out the paper pack of the drink casually.
It is a cream-color package that has never been seen on a school vending machine. I took a straw from the paper pack, cut the vinyl and put it in the silver part of the package.
By the way, it feels like the operation up to here is too familiar. It's something that anyone should be able to do, but it seems like something is done when Shiki is up. Imagine yourself.
There is a reputation for the pawnshop's mistress, the business skills and cool beauty, and the flow that also silences and jealousy. She picks up the smoke pipe as usual and chops it in a familiar manner and stuffs with cigarettes. Transfer the fire from the brazier to a cigarette and lightly touch the other side with a thin lip of the same fire color.
Well, Shiki and Chara are different at all. At the same time as I thought, Shiki began to drink. Sound from straw, like (in JP) "Chu".
"What do you drink?"
"This? Annin tounyu(soy milk in JP)"
Shiki removes the straw from her lips and brings the package closer to my face.
"I'm not saying that,"
"That's right. I will not give it."
This yell.
With a time lag, a word like Siki's spell turned into a word with the meaning of "Annin Tounyu". What are you drinking?
"Do you like soy milk?"
"Separately. It's a combination of health benefits, not having milk, and so on. It's not a big deal, don't worry."
Certainly, health is important. Milk tastes and tastes nourishing, and some people are not good at the moment when the stomach is sizzling and screams. This is about me. As a result, choose soymilk. That in itself is not uncommon.
But Shiki, you are a pretty girl. In this scene, ice tea with herbs or citrus flavor, short size of Seattle-born latte, 100% tropical juice, etc. is normal. Smooth with soy milk but with fruit at least.
Shiki doesn't notice such an idea, and he doesn't care if he notices it.
As usual, I am drinking apricot soy milk. The image that the people are thinking looks good anyway.
"Chu". I do not know well because I have never been a girl. "Chu". Only the way things like this go around. "Chu"ru"gururu".
"Minol is"
Before long, Shiki was leaving his mouth from the straw.
"What am I?"
"Always vertical mood, right?"                                                    (continue)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

新宿周辺ストーリーもの(習作初期稿不定 仮題G.T.J.V)

仮題の全文:GreatesT"rip" Jun"V"oyage ー人がうらやむようなすごい旅に出てみよう、なんてー (2019.03.25 加筆) 2008~2010くらいに初めて描いた物語。新宿西側、旅への憧れ、メメントモリ、高層ビル街、地味少女、まち歩き、家族の距離感...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。