悲しい話

悲しい

とはなんだろうと考える

人がいなくなること
自分がいなくなること

人に何か取られること
自分が人の物を取ってしまうこと

愛せなくなること
大切なものが消えてしまうこと

私の一番の悲しみは 死 。

自分の死は怖くもなんともない
むしろ無感情。
しかし
周りの家族 親戚、知り合いの死には
恐怖と悲しみしか湧き出ない
怖い 毎日が怖い
迫ってきている
あんなに遠かった足音が今そこまできている
怖い
震える
不意にくる悲しみは
私の心の安定までも消してしまう
何をしていても 死がまとわりついてくる
悲しみは人を選ばない
その人を見つけ、すぐにやってくる
こんな悲しみを味わうのなら、
こんな気持ちになってしまうのなら
私は悲しみの頂点を知る前に自分から消えたいと思ってしまう。

幸せを知っている

悲しみは知らない

そんな人に私はなりたいのだ
ずっとそんな人でいたいのだ

しかし
そんな私にでも分かることはある

自分の死も
誰かの悲しみになってしまうことを。

だから人生は
悲しみも背負いながら生きていかなきゃいけないんだね


#ショートショート #まとまらずじまい #エッセイ #コラム #ポエム #ショートストーリー #日記 #人間観察 #人間観察日記 #悲しみ #悲しい話 #小説 #ゆとり世代 #スマホ世代 #一人称 #フィクション #小説 #文章 #中編小説

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

fiction and more ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。