見出し画像

一寝惚れ

私は今日初めて一目惚れをした
一目惚れ?いや違う。
『一寝惚れ』だ。

毎度のこと、私は毎日電車に乗る。
その帰りの出来事。
私は今日いつも乗る16時4分の電車に乗れず
1本後の16時18分の電車に乗った。

人が多いだろうなと思っていたが思いのほか少なく座れた。珍しい。
その途端、睡魔がやってきた
昨日は学校の実習があって睡眠がしっかりと取れなかった。劇的に眠い。

降りる駅までは5駅ある。
眠れる。寝よう。

耳にはイヤホン。
無論大音量で音楽を聴いている。
今日の選曲は
①プリン / 星野源
②Crazy Crazy / 星野源
③Dancing Boy / OKAMOTO'S
④恋をしたから / あいみょん
の4曲。エモい。全てエモい。

この曲を聴きながら電車が動くのを待っていたらいつの間にか寝ていたようだ。
次の駅に着いて気が付いた。

ああまだ1駅しか来ていない

あれ

なにか違和感を覚えた
その違和感はすぐに分かった。

隣にいる男子高校生が
こちらに倒れてきている。
私と同じで眠いのだろう。気付いていない。
それにしてもよく寝ている。
私も寝ようまだまだ寝れるし、、、

次の駅でまた起きた

、、あ
次は私の方が高校生の方に倒れ込んでしまっていた。恥ずかしい

それで目が覚めたかと思ったらまた眠気がやってくる。

ぐう ....

ねてしまっ... ゴツッ

2人ともお互いの方に倒れたため頭が当たった

高校生と私は目を合わせた

笑った

痛かった

少し

ほんの少しだけ

照れた

その後も私達は眠った

そして 同じ駅で降りた

何故か降りてからは並んで歩き
何も話さなかったが
最後は2人とも
微笑んで会釈して分かれた

不思議で 恥ずかしかった時間だったけど

また会いたい な 。


#ショートショート #まとまらずじまい #エッセイ #コラム #ポエム #ショートストーリー #日記 #人間観察 #人間観察日記 #カフェ #仮氏仮女 #ポエマー #小説 #ゆとり世代 #スマホ世代 #一人称 #フィクション #小説 #文章 #中編小説 #イヤホン #高校生 #男子高校生 #電車

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

優 と 大賀

思っていたり 考えていたりすることを言葉 文字に表すのって 大切だと思わない?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。