【人間観察日記】鶴舞公園 花まつりにて

本日2軒目のカフェ

1軒目では焦って
ホットティーを頼んでしまったので
ここではしっかり
アイスのロイヤルミルクティーを。

今日は久々に暑い。

今は午後4時32分

何故この時間にカフェか。
ただ単に早すぎた。

何がって?
お笑いの会場近くに着くのが早すぎた。
ただそれだけ。
ただ、時間が2時間半以上残っているだけ。
ただそれだけのこと。

今日は歩きに歩いた。

まだ一日は終わっていないが万歩計は
2万歩を超えていた。

金山から鶴舞、
鶴舞から大須、
大須から鶴舞 !

長旅!!長旅すぎるぞ!!

そしてそろそろかなと大須から鶴舞に向かうと思ったより近く、
開場まで2時間以上余った、ということだ。

さてどうするか。

と思っていたら、
鶴舞公園 【花まつり】

!!!おお!!!

今日はなんとなく運が良い

1時間そのカフェに滞在しながらこの文を書き
祭りを見にカフェを出た。
1時間もありがとう、カフェ。

残りの1時間半はその花まつりを見て過ごすことにした。

鶴舞公園は とてつもなく賑わっていた。
ブルーシートを引いて昼から飲んでる人ばかり。

いや、朝からか。

楽しそうだ。

でも私は一人。

一人で行動できる人間で良かった。

.....

………と思っていたのに

「え?こんなところ一人で来るんだね」
「やばくね、さすがにねえ 笑」
私の右斜め前を女性5人が通り過ぎた。
20歳前後だろう。

というか、君たち。
心の声を別に私に言ってもいいが
大声すぎるだろうよ。
もうその歳なんだから
人の気持ちくらいわかった方が身のためだ。

あと君たち、
心の汚さが顔に出てるぞ。

ブスとは言わないが 醜いぞ。汚いぞ。

と思いながら聞こえないふりをして1人歩いた。

今は片手に玉せんを持ってこの心の内を携帯に打っている。
何度も打ち間違える
イライラする
大人になろうと思っても
なかなか難しいもんだなあ。

あーあ。
早く芸人さんに笑わせてもらいたい … (笑)

#ショートショート #まとまらずじまい #エッセイ #コラム #ポエム #ショートストーリー #日記 #人間観察 #人間観察日記 #カフェ #仮氏仮女 #ポエマー #小説 #コラム

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

fiction and more ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。