2014/11/30 「問い」を明確にする。答えを求めない。

宮崎哲弥氏と南直哉氏の「日本人の生の意味は何なのか?」をテーマにした対談。

テレビ朝日の「ニュースの深層」で2006年12月6日に放送された回だそうだ。

初めて見たんですけど、感動した。

僕は「生きている意味」が分からず苦悩している。思春期か、幼少期かわからないが漠然とした死への不安、社会構造のおかしさ、人間という生き物の理不尽さに悩みに悩みぬき、今までずっと答えを探してきた。

しかし、何も見つからない。どこまで行っても社会に合理性はなく、人間という「種」、あるいは自分という存在に「存在意義」を見出すことができない。答えを求めに求めて苦しみあがいている。今もだ。

ただ、この動画で少し救われた。

人生に答えを求めない。「問い」を明確にして、それを探し続けるのが人生だ。

この動画のトークの元は南直哉氏の書いた「老師と少年」という本で、僕も読んだことはあったのだけれど、当時は内容があまり理解できなかった。

しかし、著者本人の声を聞いて、說明を受けて、なんとなくわかった気がする。

僕はもう一度自分の「問い」を明確にするよう考えてみようと思う。

人生とは、人間とは、社会とは一体何なのか?なぜ、生きるのか?

あぁ、結構本気で出家したくなった。

2014/11/30

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

唐澤頼充

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。