見出し画像

2019年が終わる前に書き残しておきたい感情

令和が始まったばかりの昨今、皆さまいかがお過ごしでしょうか。僕は2019年の終わりが明日に近づいてきて夜しか眠れてません

ガールズ・ラジオ・デイズ https://garuradi.jp というラジオのようなドラマのようなコンテンツがあり、今年の夏頃から僕は何かに取り憑かれていたかのようにどハマりしていました。きっかけは知人の方(人を選ぶ感じはしますがとても良いお話を紡ぐ)の書いた二次創作 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11403540 だったのですが気付くとキャラクターの名前にまつわるお酒を買ったりアクキーのコンプセットをお求めしたり放送終了時に公式にありがとうございましたって旨のリプライを飛ばしていました。各チームのいるSAにも行きたかったんですが残念なことに仕事がクソ忙しくてうまくスケジュールが組めなかったのは心残りです

そんなコンテンツ、ガルラジのオタク(ガルラジスト)がいつからか言い始めた言葉があります

「2019年はガルラジ!」

昨年末から始まり、今日のお昼までガルラジは色々な形で私達に楽しい時間を過ごさせてくれました

明日、ガルラジ2ndシーズンのポイントレースの順位が発表されて現在発表されているイベントが全て終わります。ガルラジが終わるという事は2019年の終わりである事は先ほどのワードから導き出される自明の理です。なので各チームについて今僕が思ってること、思ってきたことを書き残しておこうというのが本文の趣旨です

チーム岡崎

僕の中でなかなかチャンネルが合った感じのしないチームだったのですが歯車が噛み合った瞬間に凄まじい化学反応を感じたチームでした。誰かを応援するのが好きな、進路に迷う少女二兎春花が高三の二学期になっても進路が決まらないどころかずっとガルラジをやっていたいと言い出した時に光というのは相対的に時間の流れがゼロに近づいているから光なのだという話を思い出してゾッとしました

荒唐無稽ながらも最後にはちゃんと進む道を示してくれた二兎春花に心からの祝福を

チーム富士川

チャンネルが合ったのはわりと早い方でした。中間発表トップになるだけあってトークは聴きやすくて面白かったです。金明さんは数少ない成人のお姉さんで可愛いですし最終回まで引っ張って明かされた白糸結の秘密もこの手のコンテンツでそれをやるの!?とロックンロール精神に感銘を受けました。僕はTwitterでオタクが語っている白糸に独占欲マシマシの愛を向ける年魚市がわりと気に入っています

全員違う方向に進んでいってもいつか帰ってくる場所はこの番組って感じの彼女達の物語をいつかまた聴けることを願ってます

チーム双葉

今は同じ家にいてもいつかバラバラの道へ進む少女達のお話。妹離れだったり姉離れだったり。末妹の花菜が海外に留学してしまうのを阻止するためにニートだった長姉彩美がバイトで貯めたお金で夜行バスの券を2枚買った話とかめっちゃ好きです

彩美は公式ノベライズの前日譚でこんな妄言を言っていました

「いや~、自分の才能が恐ろしいわ……これは一〇〇万再生いっちゃうな!」

本放送の最後の回で彼女が話した自分で投稿した動画が一万再生に届いたこと。ゼロから一歩先に進んだことを僕はとても素敵な事だと思っています。いつの日か玉笹姉妹が素敵なピクニックに行った話が聞けるのを心待ちにしています

チーム徳光

爆弾。最上級の爆弾。マネージャーに言われるがままに電波系プリンセスを演じていた少女が素をさらけ出して都会への憧れをロックンロールに叫ぶラジオから一転してマネージャーも表舞台に上がってきて公開惚気ラジオになった大爆弾。前のシーズンの方が良かったという人がいっぱいいるのもわかる。けれども僕は手取川海瑠と吉田文音の関係性の話からこのコンテンツに入ったからこの二人が大好きなんだ…

吉田文音の名前の元ネタであるところの吉田蔵という日本酒があるのですが思った以上に飲みやすいんですよ。口当たりもよろしくて抵抗なくスイスイと飲めるんですが立派な日本酒なので気付くとベロンベロンに酔わされてる。吉田文音ってのはそういう女なんですよ…

改稿前のこの怪文書ではアイドルマスターRelationsって漫画に触発されて徳光2-4辺りの吉田文音、手取川海瑠の関係性の話を延々と書こうとしてたんですが旬を過ぎたので消しました。ちゃんとやり直せるように答えを出してねって論旨だったのでちゃんと仲直りした今更書く必要はないでしょう

どこに行っても、道が続いているなら会いに行ける。これからも手取川海瑠と吉田文音の物語は世界のどこかで続いている事を僕は信じています

チーム御在所

このチームのブレなさに気付いたのは2-4でした。いや直前で徳光の2-4(二人が大喧嘩した回)でオタクの感情が大荒れになってたからってのは明白なのですが時間の流れと共に変わっていく中でも変わらない安定感とでも言うべきものがとてもしっかりしているんですよ。それを端的に示しているのが昨日のTwitterジャックのカグリンのツイート https://twitter.com/garuradi_jp/status/1186916865567682560?s=21 です。成長や発展があっても彼女達の本質の部分はブレないし各々信頼しあっているんですよ。後半戦のアンケート結果の怒涛の追い上げはそう思っているリスナーが沢山いた証拠だと思ってます

カグリンのお父さん絡みのエピソード、ラジオという舞台装置を全力で使ってきて最終回放送の時に本当にボロボロ泣いてしまったんですよ。普段は徳ちゃんダイエットはどうしたの!?みたいな話ばっかりしてたから尚更刺さってしまって…

怪奇あるところにカグラヤ怪奇探偵団あり。僕たちがweb上で怪奇な話をしている時に謎の連絡が来るかもしれない。そんなワンダーを与えてくれたカグリン達はもしかしたら一番近くにいるのかもしれないなあと今思ってます

毎週のようにガルラジinformationで声を聞いていたNEXCO中日本の藤田ゆきのさん、もう声が聞けないと思うと途端に寂しさが募ってきました。また何かのコンテンツで愉快なお話を聞けるといいなあ

最後の最後にひとつ言わせてください

めちゃくちゃ楽しかった!本当はまだ終わらないでほしい!もっとみんなの話を聞きたい!予定が合えばガルラジ飲みも現地質感旅行も行きたかった!

でもこれはわがままなのもわかっているので。オカジョの最終回でもそういう話をしてたので。笑顔でガルラジにお別れを告げたいと思います

明日からもがんばろまいっ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

景泉

たまに怪文書を投棄します
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。