見出し画像

人生を面白くワクワクさせるために

 旅仲間と旅人が集まる居酒屋で語った。みんな全員タビイク参加者という共通点。年齢はバラバラ。

 今回気づいた点がある。人見知りはなくなってきたものの、お酒が進まないとまだ語れない。全身にアルコールが回るといい気分になり自ずと口も動く。それはそれでいい。でも少し許せない自分もいる。初めましてで緊張もあったのかもしれない。でも旅仲間はいろんなことを受け入れてくれる。海外でそれぞれが人の暖かさにふれ、リスペクトをする気持ちを持っているから。だからこそ、素の自分でもっと多くのことを語れるようになりたい。そこが次、変わりたい自分なのだと思う。

 タビイクのいいところは学生も社会人もみんな同じ目線で話ができることだ。世代は近いものの、社会に出ている者の話を思い切り聞ける環境はそうない。こんな面白いことはない。

 人生は所謂大人として生きる時間の方が圧倒的に多い。社会に出て責任をもちやりたいこともできず、仕事がつまらない。早く辞めたいと言いだす人が多い。もしかしたらこうなるのかもしれない。そうならないために今頑張る時であると再認識した。毎日楽しいと思える人生を送りたい。

 非日常を楽しむために日常を頑張る。いいことだと思う。身体が若いうちに、いつ死ぬかなんて自分で決められないから、旅に出て色んな景色を見たい。いや、死ぬ1秒前まで旅していたい。それが今の考え。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

Yuzuki

・モラトリアム真っ只中な理学療法を学んでいる20歳の学生。・いろんな場所に行って風景や文化を肌で感じることが好きです。・自分の力で世界をちょっとだけ笑顔にしたい。

yuzu日記

猛烈に記憶したいことや、考えを言語化し文章化して表現出来たらいいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。