【反骨魂ー0】きっかけ

「今の君は動き回るより一つの場所でじっと座学をするべきだ。動くことは否定しないが大学生じゃなくてもできる。本業は座学だ、大学生として学び続けたいという気持ちはあるのか」と教授からメールが来た。私の成績が良くなかったことが原因かと思う。正論だったし、勉強が苦手な分、学校の外に出て経験を積み補おうと考えて目をそらしてきた私にとって図星だった。

いつしか座学という学びの方法忘れ動くことでしか学べないと勘違いしていたのかもしれない。もっと成長したくて動き回るが気が付かないうちにキャパオーバーし倒れる。そんなことを繰り返すうちに学びの質が落ちている気がしていた。動いても動いても前に進んでいる感覚がなかった。

先生から指摘され悔しかったが、楽にもなった。行き詰まりを感じていた私だったが、座学という方法が残っていることに希望を感じた。「見てろよ」という反骨魂もあり、読書が苦手で習慣などついていない私だが読んだ本の感想を書いてアップしていこうと思う。                                    

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

【反骨魂】

本の感想や読んで考えたことを書いてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。