かがみ やえこ「人生リスタート!」

・仕事能力底辺 ・向上心あり&行動なし ・人間関係低下 ・不運 など人生にもがき苦しむ皆様に 「何歳からでも人生をやり直せる方法」をお伝えしていきます ◆自己紹介 文筆家&再活コーチ 成長期にDV&集団虐めを受け精神崩壊も、 約40年の苦悩から脱出し人生再生方法を広めている

第1話@【物語】パパの仕事は「むしょく」

【第1話 ボクのたんじょうび①】

僕は健太。
「健康になりますように。大きくなりますように。」
と付けたってパパは言ってた。

みー姉ちゃんは
「キラキラネームの時代なのにねー。でも私は健太って名前大好きよ。」
と笑っていた。

みー姉ちゃんは、お父さんのお姉ちゃんだけど
「おばさんて呼んだらコロッケにグリンピース入れちゃうからね!」
って言われたから、みー姉ちゃんって呼んでいる。

みー姉ちゃ

もっとみる

プロローグ@【物語】パパの仕事は無職

【プロローグ:ボクのパパのおしごと】

僕のパパは「むしょく」という仕事をしている。
パパはお仕事をいっぱい辞めてたんだけど、無職だけはずっと続けてるんだ。

無職というお仕事は、
大きなベルトがある工場でお弁当を造ったり、
小さなベルトがある工場でお菓子を詰めたりする。

そして、
お引っ越しの荷物をトラックに運んだり、
宅急便の倉庫で荷物を運んだりもする。

そして、
パソコンが並んでいる会社

もっとみる

「人の顔色を伺ってしまう自分」を殺したくなってしまったエピソード[後編]

前編はこちらから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「人の顔色を伺ってしまう自分」を殺したくなってしまったエピソード[前編]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【そして今ー】

そして数十年後の今。
私は誰の顔色も伺うことない自分を手に入れていた。

例え誰かの機嫌が悪くなっても、
自分が非常識なことをしたわけではないと信じて、上手く考え方を切り替えられるようなっている。

人の顔色を伺

もっとみる

「人の顔色を伺ってしまう自分」を殺したくなってしまったエピソード[前編]

私は「無意識に常に人の顔色を伺ってしまう」そんな癖があった。

具体的には

◇上司がただ立っただけなのに「何を言われても反応できるように」と身構える

◇同僚・後輩にやたらと笑顔で話しかけ、困っていたら助けようとお節介をする

◇喜んでもらうことを目的に、雑用を率先して引き受ける

◇「違う」と思ったことでも、笑顔で「そうですよね」と答える

◇少しそっけない言動を取られただけで「私何をしてしま

もっとみる