#ズボラなブツ撮り のススメ

スマホで写真を楽しく撮りたい人からの質問

質問されました。

部屋の限られた場所、限られた時間に撮りたいけど上手く撮れなくて困っています。
上手く撮るにはどうしたらいいですか?

それは、テーブルの上とか
よりによって夜とか
ですかね?

私でもいい感じには撮れません
それは・・・

テーブルの上・・・食事用に食べ物が美味しく見えるためのライトが真上にある
自分の時間が取れるのは夜・・・室内の蛍光灯のみの明かりしかない

からです。

部屋の限られた場所&時間で撮るには

#ズボラなブツ撮り をお勧めします。

ズボラだと言っても、何もしないということではなくて、
ちょっとだけ動いて欲しいのです。

その前に、気づいていただきたいことがあります。

テーブルの上のものを、夜の室内で撮ると、いい感じに撮れないと
自分で判断できている
ということです。

ということは、
気にいる写真がどんな感じかは分かっている!
ということです。

では、自分が気にいる写真に近づけていくだけで
いい感じに撮れるということ!

気づいていました?
自分が答えを持っていますから、早速やってみましょう。

#ズボラなブツ撮り の方法

何も変えなければ気に入る写真は手に入らないので
何かを変えます。

薄々お気付きですよね。
変えるのは、です。

光の向きと量が関係しているのです。

必要最低限のことだけをやってみましょう。

場所を変えてみる

テーブルの上で撮る場所をちょっと動かす。
ちょっととは、10〜100cmでいいので移動させてみる。

光の角度が必ず変わります。
光を変えてみる

私がやったのは、
テーブルの上のライトを消して、
テーブルの上以外のライトを着ける。
撮りたいモノへの光を周りから入ってくるようにする。

光の角度がさらに変わります。

ズボラでも、もう少しがんばるなら

室内の蛍光灯のみの明かりしかない
のは、ちょっと光が足りないから、いい感じにならないこともあります。

その場合は、

光を足す

勉強机用のスタンドライトを当ててみる
懐中電灯、スマホのライトを当ててみる

LEDライトなどの明るい光が撮りたいモノに注がれて明るくなります。
明るく撮る

カメラ(スマホでも)で撮る時に明るく撮る機能を使う
(露出補正・EV補正・EV などの機能でプラスに補正する)

写真全体が明るく撮れます。

実例はこんな感じ

スマホ(iPhone 8)で撮ってみます。
トップライトのテーブルでは、スマホと手の影が映ってどうしようもない。

テーブルの上のままで、場所を30cmほどずらしてみた。

我が家では大して変わらず・・・汗
なので、次の、光を変えてみることに。

テーブルの上のライトを消して
周りからの光が入るようにしてみた。
我が家では、隣のリビングとキッチンのライトを点けて撮影。

テーブルの上に置いたまま
撮りたいものの両サイド(写真では上下)から光が当たるようにしてみました。

ペンの影やら気にしだしたら、いろいろあります!

そこは、#ズボラなブツ撮り なので
手の影が写らず、上からブツの全体が写っているのでよし!
気にいる写真に近づいていればよし!

そんな妥協もよし!なのです。笑

おまけ情報

これでは・・・ダメです。
と言うブツ撮りこだわり派の方は、ガチにブツ撮りの世界へ参りましょう。
フォトコミュニケーション協会のオススメの商品撮影コース


今回の撮影したブツは、私が愛用7冊目となるスケジュール帳の
Action Plannerです!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

フォトグラファーとして、撮影・展示会・フォトスクール講師活動の応援をお願いします。

応援嬉しい!
6

写真を楽しく撮る

写真を撮りたくなるお話を
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。