改めてリハビリ特化型の訪問看護ステーションのこれからを考える(2017.1.21)

このコラムは、以前に書いたコラムの続編的なものです。以前のコラムはこちら

⇒https://note.mu/yamada_ot/n/ne7303b194aec

この記事は2016年3月に書きました。基本的にはその時の考えっていうのは今も変わっていません。それ以降にいくつかデータが公開されたので、改めて書いてみます。


訪問看護ステーションは平成28年ついに8000カ所を超えました。

この図は中医協の資料から引用しています。

中央社会保険医療協議会 総会(第343回) 議事次第からの資料の引用です。

○在宅医療(その1)について(PDFが開きます)

事業所数が増えてきているってことは、それだけ需要があると解釈することが出来ます。

だからといってリハビリテーション専門職にとって必ずしも順風満帆だとは思いません。

看護師にとってはいいかもしれないけれども、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士にとっては逆風のような気がしています。

=======お知らせ=======

注:無料で読めるのはここまで。300円のお支払いで続きを読むことができます。

ただし、このコラムはマガジン「やまだstyle vol.4 2025年に向けてすべきこと1」に含まれています。

マガジンは1000円で販売しています。マガジンには10本ほどの記事を追加しますので、単品でご購入するよりはマガジン購入の方がお得です。

マガジンの全内容はこちらで確認していただけます。

⇒https://note.mu/yamada_ot/m/m0534010e0486

=====ここから続き========

従業者数と職種

この続きをみるには

この続き:3,272文字/画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

地域リハビリテーションとか2025年問題とか、2018年同時改定に向けてリハビリテーション専門職や関連職種の方に知っておいてほしいと思...

または、記事単体で購入する

改めてリハビリ特化型の訪問看護ステーションのこれからを考える(2017.1.21)

やまだリハビリテーション研究所

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
2

やまだstyle vol.4 2025年に向けてすべきこと1

地域リハビリテーションとか2025年問題とか、2018年同時改定に向けてリハビリテーション専門職や関連職種の方に知っておいてほしいと思うことを、臨床経験26年超、訪問リハビリテーション歴10年超の作業療法士、やまだリハビリテーション研究所・所長 やまだが書いていきます。 ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。