【講義動画】「活動と参加へのアプローチと触らないリハビリテーション」前編

テーマ
「活動と参加へのアプローチと触らないリハビリテーション」前編

「活動と参加へのアプローチと触らないリハビリテーション」
後編の講義動画はこちら 


2019年6月9日の講義をうけて「リハ業界のパラダイムシフト」に関連して、現場のセラピストの課題である、「活動と参加へのアプローチ」についてお話します。

厚労省の求めるリハビリテーションの一つに「活動と参加へのアプローチの実践」があります。

しかしながら、現場の多くのセラピストで自信をもって「活動と参加へのアプローチ」を実践しているセラピストは少ないのではないでしょうか?

また、活動と参加へのアプローチを実践することが難しい要因の一つに「触るリハビリテーション」大好きセラピストの存在があります。

退院後のことを考えると、セラピストの関与しない活動を考えなければならないのに、そんなことを考えもせずセラピストに依存させるかのように触り続ける「もみもみリハビリテーション」を続けるセラピストもいます。

今回のオンライン講義では「活動と参加へのアプローチ」についての基本的な考え方と「触らないリハビリテーション」の意味をお話します。

この講義のダイジェスト版です。

6月23日ダイジェスト版

講義動画全編をご覧になりたい方へ


この先に表示される「続きを見るには」の下側に表示されるところから

「記事単体で購入する」1000円を選択すると今回の6月23日の講義録画動画の視聴と資料のダウンロードが可能となります。

マガジンのこと

・コラム
・リアル研修会の講義資料
・2019年に開催するすべてのオンライン講義への参加
・オンライン講義資料のダウンロード
・終了したオンライン講義の録画動画

これらすべてをセットにしたマガジンは5000円で販売しています。
マガジン掲載の内容一覧ははこちらで確認していただけます。⇒https://note.mu/yamada_ot/m/m0cbce4fae6d2

2019年に開催したすでに終了しているオンライン講義の講義録画などもすべてご覧いただけます

「2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える」マガジンを購入する(5000円)

を選択して続きをご覧ください。

ここから先の部分に

オンライン講義の視聴のためのパスワード

講義資料のダウンロード

等がかかれています。


ご購入後の返金には一切対応しておりません。返金に関しては以下のコラムをご一読ください
オンライン講義・コラムの販売と返金のこと(やまだリハビリテーション研究所)


オンライン講義動画のフルバーション

この続きをみるには

この続き:771文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コラム単品でも購入可能ですが、このマガジンは2019年の1年間コラムを追加します。 さらに、毎月動画によるオンライン講義を掲載します。研修会資料のダウンロード、毎月開催するオンライン講義ライブにもマガジン購入者さんは追加料金を支払うことなくご参加いただけます。(オンライン講義は単体でのご視聴は1000円となっています。) マガジンお買い上げで、マガジン購入者限定のFacebookグループにもご参加いただけます。 コラム、講義動画、オンライン講義ライブへの参加、すべてコミコミです。

2019年版 「生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える」 診療所・通所リハ・通所介護・訪問看護ステーションで非常勤掛け...

または、記事単体で購入する

【講義動画】「活動と参加へのアプローチと触らないリハビリテーション」前編

やまだリハビリテーション研究所

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
3

やまだリハビリテーション研究所

やまだリハビリテーション研究所が運営するnoteサイト。フリーランス作業療法士 やまだ が書いています。作業療法士として書いているブログ http://labo-yamada.com から、ちょっとスピンアウトしてこちらにも少しずつ書いていきたいと考えています。

2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

2019年版 「生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える」 診療所・通所リハ・通所介護・訪問看護ステーションで非常勤掛け持ちをしている作業療法士の立場から、2025年に向けて必要なリハビリテーションのあり方について書いているコラムです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。