地域で働く「覚悟」はあるか!

この続きをみるには

この続き:1,694文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2025年問題に向けてリハビリテーション専門職が取り組まなければならない課題について書いています。回復期リハ、通所リハ、訪問リハ、など...

やまだリハビリテーション研究所の所長である作業療法士の山田が書いているマガジンです。2017年で臨床経験は26年超です。10年位前から...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
2

やまだstyle vol.7 2025年に向けてすべきこと3

2025年問題に向けてリハビリテーション専門職が取り組まなければならない課題について書いています。回復期リハ、通所リハ、訪問リハ、など病院のリハビリ職も地域のリハビリ職も、今のままではダメなんだって考えているから、臨床経験27年目の非常勤掛け持ち作業療法士のやまだが独特の視...
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。