先行者利益というか先行者効果について考える

noteっていうサイトは2014年の4月に始まったようだ。そうして2016年1月からやたらと盛り上がっている。ちゅうハヤサロンに入っていろいろ学んでいるけど、そこで、イケダハヤトさんが先行者利益について熱く書いている。

その先行者利益っていう点では同じような感じのことは僕のメインステージであるリハビリテーション業界にも当てはまることが多い。

だけどそんなことに全く気付いていない「横並びでいいや!」って感じている理学療法士や作業療法士、言語聴覚士は非常に多い。

起業したからってことだけで「先行している」って勘違いしている起業セラピストも最近は増えてきているようだ。

そんなことを強く感じたのでちょっと書いてみよう。

ただし

僕自身は7カ所くらい掛け持ちして働いているフリーランスの作業療法士で起業とかしていません。

だけど、時代の先端を走っている自信だけはあります。

この記事を書こうと思った経緯

有料noteで記事を書き始めたのは2016年の1月。たぶんリハビリテーション業界で積極的に有料記事を配信しているのは、僕だけだろう。

そんな異端なことをしているにもかかわらず、僕の記事を購入していただいている方が、noteを開始されてこんなことをかいている。

mikuhanaさんのnote

「うちの施設(老健)の近隣のデイケアで、リハマネⅡを算定している所は殆どない。何でやらないんだろう・・?介護保険分野におけるリハビリテーションの奥深さを学べる絶好の機会なのに!」

これを読んで思ったんだ。

まさにこの施設は先行者利益を得ている。だからこの記事を書こうっと思ったんだ。

リハマネ加算2は算定しない施設の方が多い

この続きをみるには

この続き:3,429文字

先行者利益というか先行者効果について考える

やまだリハビリテーション研究所

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
6

やまだリハビリテーションらぼ

メインブログ やまだリハビリテーションらぼ からのスピンアウトです。こちらにもリハビリコラムを書いています。
1つのマガジンに含まれています

コメント13件

hunny77723さんへ
ブログとかFacebookとかで情報をいただいている方のコメントとか、僕が直接情報収集したものによると、リハビリテーション会議は繰り返せば時間は短縮するようです。同じ利用者さんのリハ会議を毎月すれば、話すことも絞れてくるようです。最初は大変ですが、徐々に慣れてくるよ。他事業所のスタッフも要領をつかんでくれるようです。
お聞きしてもいいですか?
リハビリテーション会議に一度も参加頂けないケアマネさんもいらっしゃるのですが、皆さんはケアマネさんの訪問に合わせてご自宅に行かれたりしているんでしょうか。
hunny77723
今頃のコメントでごめんなさい。ケアマネさんの都合を確認している事業所は多いようです。だけど、医師の都合が一番優先されています。
ありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。