専門職としてのプライドとか意地とか矜持みたいなこと

勝ちとか負けにこだわるなってことを書いといて、こんなことを書くのはどうかと思いますが、少し書いてみたいと思います。

あ、勝ち負けの記事はこちら

「勝ち」「負け」という価値観ではなく、「自分の役割を淡々と実践する」というstyle

マガジンの記事なので、マガジンを購入いただいた方だけが読めます。

意地はあるよ

他職種から作業療法士としての自分を軽んじられたり、リハビリテーションのことを正しく理解してもらえていなかったりすると

負けたくない、今に見てろよ!

この続きをみるには

この続き:1,723文字

専門職としてのプライドとか意地とか矜持みたいなこと

やまだリハビリテーション研究所

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
1

やまだリハビリテーションらぼ

メインブログ やまだリハビリテーションらぼ からのスピンアウトです。こちらにもリハビリコラムを書いています。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。