個別性の評価とアプローチ

心身機能に終始しないリハビリテーションを実践するために必要なのは個別性の評価だと考えています。
http://labo-yamada.com/?p=7171
http://labo-yamada.com/?p=7183

活動と参加へのアプローチをするためには、心身機能の改善も必要。

だけど、心身機能の変化が乏しい時期であっても周囲の環境を変えたり、家族やスタッフの関わり方を変えるだけでも目的とする活動を行いやすくなったりする。

僕がここで言う「環境」とはその対象者を取り巻く様々な外的要因のことで、人的物的いろんなものを含む。

単に福祉用品導入するとかってことだけではない。

かなり広い意味での環境的要因を考慮することで、活動や参加の遂行状況は変化すると考えています。

興味関心チェックリストそのものは、同じ書式であちこちで使われているけれど、その対象者を取り巻く要因は人それぞれ全く異なっている。

その対象者さんの個別性をどのように評価するのかってことが活動と参加のアプローチでは重要になる。

特に環境の個別性を把握することが難しい病院勤務のリハビリテーション専門職はこの「個別性」のことをしっかりと理解してほしい。

=======お知らせ======= 

注:無料で読めるのはここまで。300円のお支払いで続きを読むことができます。 

ただし、このコラムはマガジン「2018年同時改定直前マガジン(やまだstyle vol.9)」に含まれています。 

マガジンは2000円で販売しています。このマガジンは平成30年4月までコラムを連載しますので、マガジンを購入される方がお得です。

少なくとも15本以上のコラムを掲載します。マガジンの全内容はこちらで確認していただけます。⇒https://note.mu/yamada_ot/m/m88d391295049 

=====ここから続き======== 

リアルな短期目標が必要

この続きをみるには

この続き:2,075文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

いよいよ2018年同時改定が目前に迫ってきました。このマガジンでは、リハビリテーション関連職向けに、同時改定やその後に向けてリハ関連職...

または、記事単体で購入する

個別性の評価とアプローチ

やまだリハビリテーション研究所

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
1

2018年同時改定直前マガジン やまだstyle vol.9

いよいよ2018年同時改定が目前に迫ってきました。このマガジンでは、リハビリテーション関連職向けに、同時改定やその後に向けてリハ関連職が病院や地域でどのように考え行動するのかってことをコラム形式で書いています。やまだリハビリテーション研究所の作業療法士 やまだ が書いてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。