サービスの適正利用

noteにもブログにもちょこちょこ書いていますが、タイトルで探してみると見つからないので、他の記事と重複するかもしれませんが、このマガジンにも書いておきたいと思います。

2018年の同時改定、そうして2025年に向けて診療報酬も介護報酬の改定についても、

サービスの適正利用

っていう考え方は、キーワードというかキーポイントになってくる考え方です。

リハビリテーションの過剰提供に制限がかかるという話題が4月の日本経済新聞に掲載されて、SNSを駆け巡っていましたね。

そんなことから考えても、適正利用っていう考え方はこれからの必須になってきますね。

リハビリとかヘルパーさんとか

リハビリテーションで十分に補えないところを、ヘルパーさんが支援してくれるんですよね。私が勤務している事業所の1つも、訪問看護ステーションと訪問介護事業所が同居しています。

同じケースを担当していると、僕が実践しているリハビリテーションが実際の生活にどれくらい反映されているのかってことを、訪問ヘルパーさんに確認するってことができます。

だから、ときおりヘルパーさんから厳しいお言葉をいただくこともある。そんな時は、生活状況をしっかりとヘルパーさんから情報収集して、訪問リハビリのプログラムの変更とかに役立てるようにしています。

だけど、一般的なケアマネさんの理解は全く違いますよね。僕のようにヘルパーさんとセラピストがコラボするのではなくて、

出来ないことをリハビリで何とかするのではなくて、出来ないならヘルパーさんに手伝ってもらおう

ってスタイルですよね。

ヘルパーさんが支援することと、リハビリテーション専門職が関わることとは全く別のこととして認識されています。

出来ない部分はヘルパーさんに支援してもらいつつ、

「リハビリテーションは本人が希望するからとりあえずやっておいて」

みたいな依頼の方が圧倒的に多い。

=======お知らせ=======

注:無料で読めるのはここまで。300円のお支払いで続きを読むことができます。

ただし、このコラムはマガジン「2018年同時改定に向けてリハビリ専門職がすべきこと」に含まれています。

マガジンは2000円で販売しています。マガジンにはどんどん記事を追加しますので、単品でご購入するよりはマガジン購入の方がお得です。

マガジンの全タイトルはこちらで確認していただけます。

⇒https://note.mu/yamada_ot/n/n0fa7265c44c4

=====ここから続き========

リハビリテーションで出来ることが増えてきたからヘルパーさんを減らすっていうプランの変更はほとんどない。

この続きをみるには

この続き:1,752文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2018年の同時改定に向けて病院、地域それぞれの領域で考えなければならないことを書いています。

または、記事単体で購入する

サービスの適正利用

やまだリハビリテーション研究所

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
3

2018年同時改定に向けてリハビリ専門職がすべきこと

2018年の同時改定に向けて病院、地域それぞれの領域で考えなければならないことを書いています。

コメント2件

今回参加した生活行為向上リハビリテーション研修内でそのまま同じように言っていました。SPDCAの最初の「S」をしっかり把握していく必要がありますね。予後予測も立ててリハビリテーションを行い地域で暮らしていくように持っていく。この流れをセラピストが出来ないと、今後もっとリハビリが追い込まれていく気がします。
そうなんだけどね、その事に気がついてないセラピストは多そうな感じがするわ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。