リハマネージメント加算の意味と効果

点数だけではないんですよね、リハビリテーションマネジメント加算を算定することのメリット。

そこに気づいていないと、

ケアマネジャーに理解されない

書類が大変

スタッフが理解してくれない

っていう風になってしまうんです。

2015年の介護保険の改定から1年。リハマネ加算の算定状況が明らかになってきました。

この資料は厚労省の介護給付部会からの出典です。

管理職クラスで、この資料すでに見ている人なら大丈夫だけど、まで見ていないっていう管理職の人はもっと情報を抑えないとこれからの改定の波についていけないよ。

さあ、こんなデータからわかることを書いてみたいと思います。

注:無料で読めるのはここまで。300円のお支払いで続きを読むことができます。

ただし、このコラムはマガジン「2018年同時改定に向けてリハビリ専門職がすべきこと」に含まれています。

マガジンは2000円で販売しています。マガジンにはどんどん記事を追加しますので、単品でご購入するよりはマガジン購入の方がお得です。

算定で得られたもの

この続きをみるには

この続き:2,275文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

2018年の同時改定に向けて病院、地域それぞれの領域で考えなければならないことを書いています。

または、記事単体で購入する

リハマネージメント加算の意味と効果

やまだリハビリテーション研究所

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
6

2018年同時改定に向けてリハビリ専門職がすべきこと

2018年の同時改定に向けて病院、地域それぞれの領域で考えなければならないことを書いています。

コメント2件

昨年の今頃の私達とはまるで違った仕事を実践している、我が職場のセラピストです。報酬改訂に感謝の気持ちまで生まれている今日この頃です。(^-^)
時代にマッチしてるってことですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。