触らなくてもリハビリテーションは実践できる!

先日の研修会後の懇親会で僕の向かいに座った精神科のデイケアに勤務している作業療法士さんが言ってた。

「私作業療法場面ではほとんど触りませんよ」

そうだよね、作業療法士は触らなくてもいいってことの基礎がある。領域とかは関係ない。精神疾患だから触らずにリハビリテーションを実践するとかしないとかではなくて、対象となる課題やアプローチの中身によっては触る必要のない解決方法っていうものがある。

だけど、世の中の理学療法士や作業療法士、言語聴覚士は触らなくても解決できそうな課題が山のようにある患者さんであっても、とりあえず触らないと気が済まないっていう奴が多すぎる。

触って手取り足取り何かしていないと、理学療法士や作業療法士として1人前じゃないとか、他のやり方では患者さんにきちんと納得してもらうことができないんだろうな。

触ってできることと触らなくてもできることを区別する

まずここからスタートすべきだ!

=======お知らせ=======

注:無料で読めるのはここまで。300円のお支払いで続きを読むことができます。

ただし、このコラムはマガジン「2018年同時改定に向けてリハビリ専門職がすべきこと」に含まれています。

マガジンは2000円で販売しています。マガジンにはどんどん記事を追加しますので、単品でご購入するよりはマガジン購入の方がお得です。

マガジンの全タイトルはこちらで確認していただけます。

⇒https://note.mu/yamada_ot/m/m4708141d856b

=====ここから続き========

触ることも重要

この続きをみるには

この続き:1,700文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2018年の同時改定に向けて病院、地域それぞれの領域で考えなければならないことを書いています。

または、記事単体で購入する

触らなくてもリハビリテーションは実践できる!

やまだリハビリテーション研究所

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
4

2018年同時改定に向けてリハビリ専門職がすべきこと

2018年の同時改定に向けて病院、地域それぞれの領域で考えなければならないことを書いています。

コメント2件

お疲れさまです。病院、老健、通所、訪問を抱える法人の管理運営に携わっていますが、最近「始まりのリハビリ~仕上げのリハビリ」なんて表現をしてPTOTSTのスタッフ教育をしています。急性期回復期においても、端的に言えばその方の発症から在宅までのどの部分に関わっているか、その全体的な視点を持ってその方のリハビリをデザインする必要があるのだと感じるからです。通所などの利用者さんにも意外と理解していただきやすい表現でたまにつかっています。「病院で頑張ってリハビリして来られたのでご自宅で生活しやすくするために仕上げのリハビリをしていきませんか」というような感じです。専門職各々がその方のどの時期に関わっているのかを理解して向き合う必要があるのだと思っています。そうすればおのずと触るだけでなく必要な関わりができてくると思っています。元々その方への想いの強い職種だと思いますので。
s.monya.wkさんへ
コメントありがとう。

全体を見ながらデザインできるといいですよね。だけど、自分たちの職場しか見えていないスタッフも多いんじゃあないかと思っています。

大規模法人であっても、地域の部署への異動を拒否するという話を僕の周囲ではよく耳にします。病院でも地域でも老健でも訪問でもやるべきことは同じだと思うのですが、そのように感じない若手スタッフは多いようです。

いい教育システムを作り上げていってくださいね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。